FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.12
20
CM:9
TB:0
15:10
Category : 未分類
 医者の半分は頭がよろしくないと思っている。なによりも朝の生島ヒロシに出てくる健康法を主張する医者はたいていアレ。早朝ヒマな爺ィ医者が、医学的に見て米食ってる日本人は粘り強いレベルの話をしている。

 医者の権威や患者の立場との関係で肯定してもらえる増上慢なのだろう。医者と話していて「アレ?」ということがある。説教してくる医者や世間とのズレが大きいことを言い出すのも多い。

 特に医療以外の分野だとアレになる。生物、化学、社会保健といったあたりならまだいいが、そこから出ると怪訝となる。もともと経験も興味ある分野でもないのに自分は医者だという自信で言い出すと珍無類なこととなる。

 例えば、Calciさんの発言がそれだ。オスプレイ墜落の件で「『Should be thankful that there was no damage』は『神に感謝すべき』と訳すべきで、米軍に対してではない。」(Calci)と発言した御仁だ。英文も「感謝すべき」をグーグル翻訳に突っ込んだとも言われている。


■ 賢いボクに論破されるなんサヨクは本当にみっともないですね

 そのCalciさんがさらに大学進学について述べている。
Calci @Calcijp ええやんけ昔から貧乏な子は国公立金持ちの子は私学と決まってるんや。アホの子は大学行かんでええ。
https://twitter.com/Calcijp/status/811062490222034944

といったものだ。

 中身そのものはどうでもよい。酒場で管巻いてるオッサンの発言程度のものだ。

 だが、それをオフィシャルに公言するのは「ボクは現実主義者です、現実味のないことを言うマヌケな左派や理想主義者を馬鹿にしますよ」といったスタンスである。例の「神に感謝すべき」と同じで「賢いボクのツイートで論破されるなんてサヨクのみなさんは本当にみっともないですよね」といった驕りを感じるものだ。


■ 「96%が大学へ進学する」に違和感を抱かない

 だが「大学進学率96%」と言い出すあたりで、その程度を窺える。威勢よくリアルをぶつけているように見えて、その見識の空虚を示すものであるためだ。
オーストラリア大学進学率
Calci‏@Calcijpそしてオーストラリアでは96%が大学へ進学するという。これじゃ差なんか付きませんわ。
https://twitter.com/Calcijp/status/811051772290572292


 普通は違和感を感じる。「96%が大学へ進学する」(Calci)は常識的数値とは異なっているものだ。その数字が正しいか、その数字が正しくとも統計やその理解に問題はないかと疑問を抱く。

 例えば「アジア圏とくに中国の留学生を全部ぶっこんだ数字ではないか?」と考えるだろう。終身進学率の調査は面倒なので、大学進学者数を学齢人口で割った数字で代用すればそう言った数字がでるためだ。


■ 在豪州留学生32万人

 実際に、豪州は留学生32万人、大学の2-5割が外国人といった数字もある。ニュース記事"Foreign Students Bring $20 Billion to Australia""Inside Higher ED"(2016.11.13)では
It said more than 320,000 students from 130 countries were currently studying in Australia’s universities.
[中略]
While the national average was just shy of 20 percent international student enrollments, last year Melbourne University enrolled 18,384 overseas students -- or 31.2 percent of its total enrollment, up from 16,140 the previous year.
Melbourne was followed by the Australian National University, with 28 percent international students.
[中略]
However, Melbourne’s overseas student enrollments pale in comparison with Federation University in Ballarat, where 42.5 percent of students come from overseas, and Gold Coast-based Bond University, with 41.3 percent.
https://www.insidehighered.com/news/2016/11/23/international-education-20-billion-industry-australia


 オーストラリアの人口は2500万人、乱暴に毎年50万人が生まれて50でみんな死ぬ、大学は学部3年在籍して卒業、留学生は全部学部生としよう。そこに留学生毎年11万人、合計32万人を3年で割った数字を入れ込むとそれだけで20%進学率が高まる。

 他にも、日本では大学に入らない学校を大学とする可能性もある。日本統計では戦後の専門学校は大学に入らない。だが、海外では専門学校といった括りそのものがなく、あるいは職業専門学校も大学扱いされる可能性もあるためだ。かつては日本も専門学校を今の大学扱いしていたし、今でも旧専門学校卒は大卒扱いとなる。


■ 先行研究を見ない

 また、日本語で普通にググっても出てくる。オーストラリア、進学率、96%で調べれば次のような記事が出てくる。留学生効果や専門学校効果とほぼ同じことを考えている。

「日本の大学進学率が低いことは問題か?」『アメリカ大学事情』(2013.5.7)
 http://www.postsecondaryanalytics.com/us_highed_blog005/

「日本の大学進学率は低いは本当か?」『ブリュッセルの政治動向分析』(2016.5.24)
 https://toshihiko-ogushi.com/2016/05/24/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%80%B2%E5%AD%A6%E7%8E%87%E3%81%AF%E4%BD%8E%E3%81%84%E3%81%AF%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%8B%EF%BC%9F/

 後者も「留学生を除いた場合、オーストラリアは約30%、ニュージーランドは約20%ほど進学率が低下する」と述べている。

 これらの記事も、96%の数字に眉唾をして調べた結果得られるものだ。大学進学率96%はそれほどヘンテコな数字なのである。


■ 医者としてもアレではないか

 このあたり、Calciさんは医者としても残念ではないかと疑問を抱くものだ。

 なによりも「自分は事情通である」と信じて残念な内容を徳と語る姿勢がある。「早速アサヒの記事に釣られてる人がいるが、あれうちのネイティブによると意図的な誤訳らしいんでご注意を。」(Calci)

 医療もこのようなものではないだろうか? 聞きかじりを真に受け、確とした判断をしないで、しかも他人の体に軽挙されると困るものだ。放射能を注射してみた、ロボトミイやってみたといったものだ。これは医療で前例がある。アメリカのプルトニウム注射やロボトミー殺人事件はそれだ。

 そうすると、コミケ医務室も衛生隊の診療と同じ、水虫くらいしかアテにはならないということになる。


■ (おまけ)安部菜々の受容もねえ

 まあ、Calciさんの残念さは法被を着ている安部菜々の受容みてもアレだけどね。ツイッターで検索してても電波ソングと痛々しさの部分だけ消費していない。アニメ版のような光と影の落差、残酷物語といった部分に触れていない。そのあたりマニアとしての成熟が全くみられず、表層的にみえるものだ。
スポンサーサイト