RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.04
27
CM:1
TB:0
12:22
Category : 未分類
 「東北が大好きならフクシマは危険だというな」と主張するのは不思議なロジックだ。東北が好き、あるいは福島県の海側に郷土愛を持つことと、フクシマは危険だと主張することは矛盾しないからだ。実際に原発周辺は体に悪い。双葉町はいまだに高線量であり、居住すべき環境ではない。

 だが、須賀原洋行さんは次のように主張している。
須賀原洋行‏@tebasakitoriri
報ステ。今までさんざん放射能デマ、危険デマを流し、チェルノブイリと同一視し、避難区域解除になっても「本当に安全なのでしょうか」などと水を差してきたのに、「東北でよかった」タグの話題に乗っかって「私、本当に東北大好きなんです」と東北の食べ物や自然がいかに魅力的かを語り出した。
https://twitter.com/tebasakitoriri/status/857223094707998720

つまり「東北を愛しているなら、原発事故を口にするな」といったものだ。

 これは田舎の因習ジジィのロジックでしかない。居酒屋で自称「保守おじさん」が「ムラを愛しているなら、村長の使い込みをおおごとにするな」といったものだ。「八墓村で生計を立てているなら、庄屋様の悪口を言うな」でもいい。それで良いことをいったつもりになっている有頂天ジジィの発言そのものだ。

 須賀原さんの発言を60年前のアメリカ、公民権運動になぞらえるならつぎのようなものか。
マズゴミ。今までさんざん黒人差別デマ、人種差別デマを流し、奴隷制度と同一視し、奴隷解放もされたのに「本当に平等なのでしょうか」などと水を指してきたのに、「マーク・トウェイン」ブームの話題に乗っかって「私、南部大好きなんです」と南部の食べ物や自然がいかに魅力的か語りだした
まー、「区別であって差別ではない」とか「ぼくは別に一緒でもいいけど、社会が混乱するから有色人種とは分けたほうが良い」といった感じで、一生懸命にバスや学校での分離を正当化するロジックを振り回して「現実派でござい」と言っていた人はソレくらいはいくだろう。

 須賀原さんの場合は、さらに現地に住まず、白人でもない名誉白人が言い出している感が強い。

 そういうのも須賀原さんは支配者側ではないのに、自分を支配者側に擬しているためだ。
須賀原洋行‏ @tebasakitoriri
報ステ。「(今村大臣は)原発事故で自主非難している人達に対して『自己責任』と言い放ち」
また不正確な伝え方でミスリードしている。
https://twitter.com/tebasakitoriri/status/857219521538531328

自分が支配者側でもないのに、その発言を真似ることで支配者側にいると思い込みたいのだろう。ネトウヨ層全体がそれだけどね。

 八つ墓村の例に戻れば、全然いい暮らしができていない底辺クラスの自作農が小作を馬鹿にする心持ちだ。それが農地解放をやっかむ気持ちでしかない。もし、須賀原さんが八つ墓村の限界自作農だとしたら「労働意欲の低い小作に農地を与えても荒廃するだけ」とか言い出したのではないかね。自分も一反五畝しかもっていないのに。
スポンサーサイト
2017.04
23
CM:7
TB:0
00:15
Category : 未分類
 和田政宗さんが「朝鮮総連は[中略]非合法化すべきだ。」(和田)と述べている。
和田 政宗@wadamasamune
これが事実であればとんでもないこと。
朝鮮総連は、日本人拉致事件への関与をはじめとして犯罪と問題が余りある組織。
非合法化すべきだ。
『総連、正男氏報道で日テレなどに圧力 北犯行否定を要請』(産経新聞)
https://twitter.com/wadamasamune/status/853074780748005376


 だが、現行の法体系で「非合法化」(和田)とはなのだろうか?

 そもそも何を指すのかがわからない。

 そもそも現行法に「非合法化」(和田)のオプションはない。憲法が結社の自由を認めているからだ。だから例の破防法にしても団体を存在しないことにもできないし、その構成員や財産を法的保護から外すことはできない。できるのは法人格を抹消することくらいだ。これはオウム真理教の処置のとおり。

 新しい法律を作っても無駄だ。和田提案によってある団体を非合法とするには、日本中すべての団体について合法以外を許さない仕組みを作らなければならない。それはどうするのか、そのコストに耐えられるのかを考えれば絵空事でしかない。さらにそのような法を作っても憲法がオーバーライドするため意味はない。

 さらにいえば、朝鮮総連を今以上に締め付けて何か利益が得られるわけでもない。既に警察や公調の監視体制下にある。その行動も野放しでもない。

 第一、何か実害ある行動ができるわけではない。北朝鮮への送金も交通も止めている段階にある。

 その上、総連がやったことは、報道各社に「暗殺は金正恩の仕業ではない」と訴えただけだ。ちなみにこれは産経報道である。

 それをもって「非合法化」(和田)と言い出すのは、相当にバランスを欠いたものだ。自己弁護をしたことで存在を許さないというのならば、海外で「従軍慰安婦はいなかった」と言い出すアレな連中が「非合法化」(和田)されても文句は言えないということにもなるだろう。




 まあ、他人に厳しく自分に甘いことを言うのがネトウヨの常だけどね。口先だけで北に厳しいこといって満足するあたり、御本尊も支持者の程度が窺えるものだ。日本国内で「総連けしからん」「非合法化しろ」といっていい気になるのも、安いものだ。あの水死体フェイスで、強い言葉を発しただけで「僕は国士なんです」とウットリできるのは一つの才能ともいえるだろう。
2017.04
21
CM:13
TB:0
00:20
Category : 未分類
 なんでも憲法9条のせいにするのは簡単なものだ。夕刊フジの佐藤正久さん記事では、朝鮮有事での在外邦人救出は憲法のせいで難しいといっている。

 また、安全保障関連法が成立したことで、自衛隊による在外邦人の救出が可能になった。だが、現実には難しい壁が立ちはだかる。在外邦人を救出できる要件が厳しいからだ。[中略]佐藤氏は「この要件を韓国に当てはめると、かなりハードルが高く、現状では邦人の救出は難しいだろう。憲法9条が最大の足かせとなっている。『憲法を改正しなければ、守るべき命も守れない』という現実を改めて受け止めるべきだ」と語っている。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170420/plt1704201100004-n3.htm


 だが、朝鮮有事での邦人救出はそれほど難しいものではない。韓国政府が崩壊しなければ、空港あるいは港湾までの移動にさほどの支障はない。日本が輸送力を出すならそれで終わる。そして韓国が北に敗北し、支配体制が崩壊することは考えがたい。

 そこでなぜ憲法9条が出てくるのかは不思議なものだ。頭の悪い支持者や産経読者向けに「『憲法を改正しなければ、守るべき命も守れない』」と見栄を切っているが、法人救出なら変えなくても支障なくできるし、逆に憲法を改正してもできないものはできない。

 まずは、防衛費増強と9条改正しか言えない御仁である。

 それ以上は何も言えない。支持者の手前、防衛費の中にある非効率、陸海空配分費や無駄な国産化方針には何も言えない。現実的には9条があっても海外派兵しており、改正しても今ある問題は何も解決しない。

 あとは、銃剣道を学校でやらせろくらいか。あんなものやっても何にもならない。銃剣道協会から支持もらっているからそうしたのだから、靖国神社奉賛会ほかの支持がもらえるなら「学校のボランティア活動で靖国社や護国神社で清掃奉仕しろ」とかも言い出すのだろうね。
2017.04
20
CM:4
TB:0
00:13
Category : 未分類
 弾道弾に化学弾頭をつけてもさほど効果は見込めない。その記事に「なんでシリアでは効果があったのか」と言い出すのは不思議なものだ。なぜなら弾道弾を使ってない上に、死者も70人にすぎないからだ。

高須克弥 @katsuyatakasu
じゃあ何故シリアでは効果的だったんですか?
北朝鮮「サリン弾」効果なし(Japan In-depth) - Y!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170418-00010000-jindepth-int … #Yahooニュースアプリ
https://twitter.com/katsuyatakasu/status/854667282659688448


 しかも、記事の中では効果的な散布法も示している。風上からの地上放出、ガス雨下、小口径砲爆弾やクラスターによる攻撃だ。

 そのあたりのテキトウさは少し遡るだけで見つかる。

高須克弥‏@katsuyatakasu
君たちはロンメルが隻眼だったの知らないんだね。無知蒙昧(*´∀`)♪高須克弥さんが追加
stri9s2wice @midorinotom
返信先: @MayamaWoodgedさん、@policy_freedomさん、@netgeek_0915さん
何をどう間違えたらダヤンとロンメルを間違えられるのだろう?指摘されても改められないのなら、やっぱり認知に障害が出てるのでは?
https://twitter.com/katsuyatakasu/status/854307490082701312


 砂漠で、戦車運用で名を成した店でイスラエルのダヤンと明らかに混同している。少なくとも作戦指揮の段階では両眼とも揃っている。最後に西部戦線で負傷をしたことについて、ネットに頭部負傷やその際に片目を失ったといった記述はあるにしても、彼が名前を成した段階では片目ではない。その点、片目で有名なダヤンとは明らかに異なっている。

 まずは全体を確認しないで早とちりをしているということだ。皮を切ってもらうにしても別のお医者さんの方がいいだろう。新成人は保険が効くという。まあ、火星人だからどうでもいいけど。
2017.04
15
CM:3
TB:0
23:07
Category : 未分類
 ようやく時間に余裕が出て「終わる前に」と火曜日にパキスタン映画の『娘よ』を見ました。部族間抗争でジジィのところに9歳の娘を政略結婚で、おっ母さんが娘と逃げる話。



 全く家から出してもらえないんで村落の中でも迷うといったあたりが最初の見どころでしょうか。

 勝手に乗り込んだトラックの運ちゃんに降りろと言われるのですが、おっ母さんの「本当にそうすればオマエも巻き込む」といった行為で母娘の味方をするといった映画です。

 まあ、運転手が元パキスタン特殊部隊のナーメテーター映画だといったらどうなるかといったものです。特殊部隊が本当かどうかはいいませんけどね。

 ただ、本質はパキスタンのご婦人ウットリ映画なのではないですかね。囲い込まれた人妻が自分の力で亭主に反抗し、イケメンの運転手と恋仲におちるあたりが現地のある程度以上の女性がウットリ映画なのではないかと。

 次はチベット監督のチベット映画で面白そうなものですが、中国国内で撮られたものなのでネトウヨ層が反応するかどうかも面白いもんです。

2017.04
11
CM:3
TB:0
21:49
Category : 未分類
 海難に際しては船員は救難の義務を負う。これは明文化されていない義務である。躾ではなく慣習法である。国際慣習としてのグッドシーマンシップ、船員の常務であるからだ。

 それを果たしただけで「日本スゴイ」とは何事だろうか?

 ニューズウィークジャパンに遠藤誉さんが寄せた「海保の精神は『正義仁愛』-タジタジの中国政府」、はっきりいえば反語的用法としての疑問しか沸かない。


■ 海保が救助しただけ

 事実は難船者を見つけた海保が救助しただけの話だ。

 それを気持ち悪く脚色している。「尖閣の接続水域に中国公船がいたのに、日本の海保は対立を放棄して人命第一で救助した」といったものだ。しかも、たまたま展開が遅れた中国公船が救助できなかったことをネガティブに書いている。

 接続水域は基本的に公海である。そこに中国公船がいても問題はない。ちなみに、尖閣の対峙はプロレス化している。これは日本が主張する領海への進入も3-3-2 formulaと呼ばれる形でルーチン化していることでわかる。「一ヶ月に三回、一度に三隻、二時間」で332だ。

 つまり、実際には大したこともない。

 ついでに言えば、領海に進入する事態でも難船者がいればそちらの救助が優先される。平時だからそれは当然だ。


■ 五省と同じで言わされているだけ

 さらに気持ち悪いのは、「海保の精神は『正義仁愛』」と言った形で精神性をヨイショすることだ。

海上保安庁の精神は「正義仁愛」。どの保安官に聞いても、必ず間違いなく「正義仁愛の精神に基づいて行動している」と回答するだろう。(遠藤)


 あの手のスローガン、あるいは念仏は、とりあえずそう言っとけというものだ。毎日毎日そのように調教しておけば部外に対してはそれで済ませる。

 海自の五省と同じだ。そう言っときゃ回りが勝手に納得する。だからそういう。

 当然、意味なんかわかっちゃいない。「『努力に憾み』の『うらみ』ってなんだ?」と訪ねてみれば良い。まずは答えられない。単にそう言えといっているから言うだけの話だ。気の利いたやつは意味はわかるが、アノたぐいの念仏嫌いも多いのでわざと否定的なことも言う。己は「五〇年経っても一〇〇年経っても消えない怒りの感情」とデタラメをいっていた。

 それを真面目に受け取るあたり、まあ警察自衛隊消防応援団への負の感情、「気の毒」といった憐れむ感情と「世間知らずでコロリだな」といった侮蔑が同時に浮かぶものだ。
 ちなみに、警察自衛隊消防応援団は思想左右問わず(右が多いけど)オバちゃんに矢鱈多い。社会規範あるいはその圧力として「女性はそういったものに懐疑的になってはいけない」があるのではないかと思うもんだ。「男は小馬鹿にすることが許されるけど、女性はそれは駄目」みたいな矯正的なフォースね。



   遠藤誉「海保の精神は『正義仁愛』-タジタジの中国政府」『NEWSWEEK ニューズウィーク日本語版』(Newsweek,2016年8月22日)http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/08/post-5689.php