FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.08
31
CM:14
TB:0
03:57
Category : 未分類
 自分に甘い御仁もいるものだ。「同じ日本人なんだからナチス擁護は見逃すべき、見逃さないのは卑怯」と言っている。

高須克弥‏@katsuyatakasu
都合よくつまみ食い翻訳して外国勢力にチクるのやめなさいよ。
海外からの圧力を期待して同胞を売るのは日本人の発想と違います。
日本人は卑怯が嫌いです。
https://twitter.com/katsuyatakasu/status/902844877066485760


これは次の発言をうけてものものだ。
香山リカ‏ @rkayama
この記事の後半では高須氏のツイートの英訳やSWCの動き、さらには欅坂の件なども紹介され、日本人のナチス礼賛が続いているという論調になっている。日本ヤバイ…。
https://twitter.com/rkayama/status/902795284702420992


 都合の悪い発言をしても責任は取らないってことだね。そもそも誰が翻訳したのかもわからないのに「同じ日本人ならボクの都合の悪い発言を翻訳するな」だと。公開の場所で発言しといてそれはないね。



 まー、あれだ。10代の子供ならともかく、いい年こいたオッサンがソノ種の本を読んでナチスドイツやらファシストイタリア、東條幕府は偉大だったホントに思い込むのは思慮が足りない。もしそう考え、信じていても公言すればどうなるかがわからないのはもっとアレだ。ナチスドイツやら日本軍国主義、ファッショイタリアの擁護はそういうことだ。

 前にその話をした時、日本だけじゃなくイタリアにも同類がいるって話を聞いたけどね。イタリアの講和もマリアナ失陥で降伏すりゃ良かった日本に比べてセンスがいいもんだが、そこで余計なことして足を引っ張ったサロ共和国みたいな連中を擁護できるのは不思議なもんだと思った。イタリア人からみても「せっかく降伏できたのに余計な事してるよね」だろうよ。

 なによりも実際に参画した死に損ないや10代のほかにも、いい年こいた分別ざかりの中年層もいるいうあたり、どこの国も同じだなと思うもんだ。日本の海兵隊ヨイショ、オスプレイファンクラブと同じようにメカミリとか模型系の連中なんじゃないかね。
スポンサーサイト



2017.08
31
CM:2
TB:0
03:00
Category : 未分類
 産経新聞は記事「日英首脳、対北朝鮮連携で一致 京都で夕食会 東・南シナ海「法の支配」も確認、中国を牽制」で次のように述べている。

[日英首脳会談で]中国が進出を強める東シナ海・南シナ海について「法の支配」に基づく秩序維持のために連携することで一致し、中国を牽制した。
http://www.sankei.com/politics/news/170830/plt1708300034-n1.html


 これは産経オリジナルの報道であるようだ。語句でググっても産経しか出てこない。共同電の転載ではない様子だ。

 だが、それで中国が牽制する効果があると信じているのだろうか。本当にそう考えているとすれば産経の記者さんは相当におめでたいものだ。


■ 何も言っていないのと同じ

 なぜなら英国は全く何も述べていないからだ。記事前段の「北朝鮮の弾道ミサイル発射について「これまでにない深刻かつ重大な脅威で、断じて容認できない」との認識で一致」よりも全く淡白で具体性はない。

 つまりは、英国からすれば南シナ海問題は北朝鮮ミサイル以下である。ちなみに英国は北朝鮮のミサイルもどうでもいいと思っている。これは日本がイランの核・弾道弾をどうでもいいと思っているのと同じだ。中国の海洋進出はそれ以下で、どっちに転んでも航海の自由があればどうでもいいよといったことだ。

 なにしろ英国からすれば中国との商売第一である。その結果が無味乾燥な「『法の支配』に基づく秩序」だ。日本への世辞にしても中国に文句をいわれるような口は効きたくない。何と言っても最大の旦那であり、一帯一路はぜひスコットランドまでとまで言い出している。日本との商売は中国との商売に次ぐ。マレーシアの肩を持つ分も含めてその程度だ。

 そういえば日本のアレ宰相は勝手に喜ぶし、中国には「一般論を言ったまで」と説明できる。どちらの顔もあるからそれ以上の発言はしたくない。そもそも南シナ海そのものはどうでもいい。


■ 本気で信じてればどうかしている

 しかし、産経はそれをもって「中国を牽制した」と報道した。政権ヨイショと読者への迎合なのだろうが、本気でそう考えていると考えればどうかしている。

 それなら、英首相が中国で戦没者慰霊碑に献花したら日本を牽制したことにもなるだろう。「両国はファシズムと共に戦った」で日本の歴史認識を牽制したことになるか? それを考えればよい。

 それで日本は何も牽制されたと考えない。アッケラカーノカーだ。

 同じように「『法の支配』に基づく秩序」といったところで、中国も牽制されたとも考えない。日本相手にリップサービスしてるなで終わりといったものでしかない。



 まー、歴代宰相中で偏差値最低の御仁やら、内閣の構成員、実際に調整した内閣官房やら外務省の実務者がいうならともかくね。 それを産経が言い出すのはよほど認識がおかしいか、あるいは政権との自己同一化し、自分も政府当事者にでもなれたつもりなんだろう。