FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.11
11
CM:9
TB:0
11:24
Category : 未分類
 兵隊なのにマニア連と交流したがるヤツがいて、マニアにも兵隊と交流したがる連がいるのだけれども。どっちもペラペラ喋る連中だと思っていた。

 兵隊の方は、要はエリート二線級。CGS受かっただけが頼りの御仁なのだが、そのあとはまあ。別の幕の防大同大隊から「あいつは1佐にしちゃいけない」といわれていた。これは最近、市ヶ谷駅で己がたまたま会った知り合いとの会話で出た話。

 ちなみに一生懸命のアピールしか出来ないタイプ。作った演習の掩体が朝雲か何かに載ったときだが、写真を見た己の下僚の付幹部(陸)は写真を一瞥して「バカみたいな掩体作るバカだよね」と言っていた。それをご本尊がアトでSNSで朝雲に載ったと自慢しているのを覚えている。あとの商売も似たようなものなのだろう。

 そして「ボクはオタクに理解がある幹部なのです」でマニア界隈に擦り寄る。正確に言えば防大生の頃からそんなことをしていた。本物の学術系学会であるホニャララ学会系だと、チヤホヤされたいのだろうと見透かされていた。まあホニャララ学校と呼ばれた兵学系の怪しいアタリと付き合いある辺りも敬遠された理由なんだけどね。

 で、マニア向けにペラペラ余計なことを喋る。秘している訓令に引っかかる感じな人事関係とか配置とかもそう。さらに現役なのに政治向きのことを喋る。しかもアレ系を相手にして、例えばゲート関連やら海兵隊ヨイショ関連大好きのマニア相手にそれをする。

 それにつるむマニア連もマニア連。どうしようもない。現役高級幹部の客人として珍重するのはともかく。そいつがペラペラ喋ったことを「ボクは部内情報に通じているのです」で口頭でペラペラ再放流する。

 当然ながら自衛隊系サポーターを自称する連中。

 逆に自衛隊に厳しい系は、左右とも聞いたことはペラペラ再放送しない。その場限りか、出して大丈夫かを確認した上で使うか、あるいはチャタムルール風に特定できないように風聞を聞いたような形で書く。もちろん相手を見て話すし、第三者がいるところではうまく肝心部分は話さない。

 なによりもアレなのは、マニア交流幹部も幹部交流マニアも誰に会ったか、誰が来たのか、何を話したのかを明示あるいは暗示でネットに書いちゃうことだけどね。いろんな商売する上で、ボクは信用できない人間ですよと広言しているものだ。

 実際にこの商売は誰に会ったかと何を話したかはペラペラしゃべらない。もちろんどの商売でもそうだが。だから敵対している同士が仲良しだったり、仲良し風が犬猿の仲だったり、憎悪関係にあると勝手に思われている組織と情報交換や商売していたりする。
スポンサーサイト