FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.12
05
CM:10
TB:0
13:16
Category : 未分類
 子宮頸がんワクチンにいきどおる人々の「土人に科学を啓蒙してやる」感はなかなかのものがある。

 「子宮頸がんワクチンは科学的に安全だ」の主張だけならだろうだろう。だが「科学的に安全が表明されたワクチンに疑念を表明するとはケシカラン」はなかなかだ。「予防態勢の後退で人が死ぬ」まで来ているからだ。


■ ワクチン忌避は科学否定だから怒り心頭

 なぜワクチンに不安を抱くことを攻撃するのか? 

 要は信心に背くからなのだ。彼らは科学的に正しいと信じている中身が否定されるとムキになる。あるいは否定される状況を末世だと思い込む。

 実際に生きる上での評価尺度が科学と技術しかない連中である。カルトの評価尺度が神信心と教祖忠誠心しかないことと同じだ。

 だから勝手に憤る。それも宗教と変わらない。理系カルトによるワクチンによる子宮頸がんの防遏主張は布教者の言ってる魂の救済と全く変わらない。「せっかく魂を救済するために改宗させてあげようとしているのに」といったものだ。

 つまり連中にとってワクチンへの疑問は科学の否定であり、宗旨への攻撃である。だから「日本土人どもは科学によって生まれた福音、ワクチンを否定するのか」と怒るのだろう。

 ちなみに普段のスタンスもそれで説明できる。「せっかく日本の科学土人に科学技術を啓蒙してやっているのに無知蒙昧な反科学勢力が」といった宗教的反発である。これは連中が科学技術の成果として誇るロケットやオスプレイやピコピコを無理やり擁護するあたりでいつも見られる事態である。


■ 土人への科学啓蒙が否定されると怒りだす宣教師松浦さん

 ちなみに、科学に詳しい松浦晋也さんの反応はその好例だ。以下、ワクチン安全性に疑義を持つお医者さんへの反論としてなされた反応である。

bokemontaro‏@hichachuatureは超一流誌ですが商業誌です。HPVワクチン被害者が裁判にて係争中、しかも、村中璃子氏は名誉毀損裁判の被告です。マドックス賞は今回が6年目でまだ、その評価が定まっているとは思えません。20編の記事などが評価されたようですが、記事は扇情的な内容があり、明らかに間違った内容もあります。
https://twitter.com/hichachu/status/937665247128707072

松浦晋也‏@ShinyaMatsuura
1)Natureを商業誌という理由で不信の目で見るなら、信用出来るメディアはほとんどないということになります。あなたはどこで情報を仕入れましたか?
2)裁判は誰でも誰もを訴えることができるので、訴訟存在は、事の真偽と無関係です。
3)被告であることは虚偽を語っていることを意味しません。
https://twitter.com/ShinyaMatsuura/status/937680284807393281

松浦晋也‏ @ShinyaMatsuura
4)マドックス賞は今回が6年目ですが、賞の母体であるNatureは1869年の創刊以来、150年近くの実績があります。
5)「扇情的な内容」「間違った内容」とは、この表現に留まる限りあなたの主観でしかありません。
私は日本のワクチン政策の後退に対してWHOからすら勧告が出ていることを重く見ます。
https://twitter.com/ShinyaMatsuura/status/937681758438359041

松浦晋也‏ @ShinyaMatsuura
私は、子宮頸がんワクチンの害を言いたててワクチンによる予防体制を後退された連中に心底呆れ、腹を立てている。彼らに #ツイッターのルール違反にならない呪い の中から、一番きつそうなこれを投げておくことにする。
https://twitter.com/ShinyaMatsuura/status/937685938129453056


 その権威主義はなかなかのものだ。『ネイチャー』やWHOが言ってるを水戸黄門の印籠にしている。

 これも理系カルト連中に共通した信条だ。彼らは科学大好きなわりに能力から科学技術の研究開発や実用に携われない。要は二線級にも及ばないということだ。だがそれでは科学カルトの神信心を示せない。だから権威はスゴイと言い立てる。それで「ボクは権威に繋がっている」と思い込みたいのである。


■ たかが七年目のワクチン接種なのにね

 だが、そんなに子宮頸がんワクチン中止に怒ってどうするのか。

 所詮は四年目の事業でしかない。無料接種は一三年から始まった事業だ。それで接種しないのは社会の危機というなら、一三年以前は社会の危機だったとでもいうのだろうか。

 そして重要性も高くない。結核のように社会全体にとっての重要問題でもない。

 さらに緊急性もない。天然痘のようなパンデミックが起きるような伝染病でもない。

 しかもワクチン強制接種の推奨をやめただけだ。今でも摂取したければタダで接種できる。自費負担はない。

 逆に言えば、怒り心頭の連中はこのあたりを理解できない。

 社会衛生・医療施策について、不安感から立ち止まるのはむしろ進歩ととれないのも不思議だ。

 かつての失敗は被害の否認や強制強硬策が産んだものだ。イタイイタイ病、ロボトミー手術、サリドマイドはその好例である。

 今回のワクチンもその反省から一時的に接種推奨をやめているものだ。
ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛がヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない
厚生労働省「ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)」(2013.6.14)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000034kbt-att/2r98520000034kn5_1.pdf

それを評価せずに「科学的に正しいから強制接種しろ」というのは社会衛生行政のいわく因縁来歴をご存じないとしかいいようはないものだ。植民地帝国が植民地において現地で接種が不安視指摘されているワクチンを土人に無理やり摂取するような政策がお好みなのだろう。


 まー、このあたりは自分の一〇代あるいは二〇代前半くらいの反省だけどね。科学技術的に正しい。その一つしかない尺度で物事を図る。なぜそれが実現していないのかを自分で考えられない。その落穽には大抵は二〇代半ばあたりで気いたもんだ。だが、五〇面下げて「子宮頸がんワクチンの害を言いたててワクチンによる予防体制を後退された連中に心底呆れ、腹を立てて」をみるとね。どっちかというとそれに心底呆れるもんだ。
スポンサーサイト