RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.01
31
CM:19
TB:0
11:41
Category : 未分類
 ワクチンによる薬害を示す上で体内での生化学的な機序を「科学的に立証」する必要はない。ワクチンを打ったあとで健康被害が出ただけで十分である。それで薬害が推測できるからだ。法は類推を許す。

■ 水銀が健康被害をもたらす原因は科学的に立証されていないのですよ
 そこに科学的理屈がないと怒り出す集団がいる。ニセ科学バスターたちがそれだ。

大石雅寿(個人としての発言)‏ @mo0210
不思議だ。子宮頸がんワクチンを接種すると副反応が〜、と言っている人達に、ワクチン接種と副反応の間に因果関係があることは科学的に立証されているのですかと質問すると、誰も答えてくれない。
https://twitter.com/mo0210/status/958340809996222464


 「ニセ科学には気をつけましょう。」(大石)と自己紹介する人にとって、科学的な仕組が説明できないものは全部ウソなのだろう。

 60年前には水俣で「工場排水と水俣病の間に因果関係があるのですかと質問すると誰も答えてくれない」と自慢げに言ったのだろうね。

■ レントゲンに写ってないから痛いのってウソですよね
 そしてキクマロも同じことを言っている
きくT(2/10 ビッグアップル)‏ @kikumaco
南相馬での外部被曝量は国内の自然被曝の平均よりは高めだけど、国内にはもっと高い場所もあるよ、っていう話ですね。もちろん、そんな程度で健康影響があるとは考えられない
https://twitter.com/kikumaco/status/958343820369788928


 健康被害の訴えを前にして計測器だけしか見ないセンセーだよねえ。「計測器に数字がでてないから健康被害じゃないです」って。高熱でている患者の鼻に綿棒突っ込んで検査して「インフルエンザのウイルスがないから高熱も関節痛も詐病でしょ」と言い出すようなもの。


■ 「なぜだ、時刻表ではこの時間に電車が到着するなのに」と狼狽える成人鉄道マニア
 70年代のアニメで「なぜだ、コンピュータの計算では正しいはずなのに」といって滅びるアレ博士号持ちはでてきたけど、リアルでもいるんだねと。

 まあ面構えの段階でね。アニメに出てくる容貌魁偉なハカセ連とは違い、お面を見ても力強さを感じない限りなのだが。

 言ってる中身も含めると「なぜだ、時刻表ではこの時間に電車が到着するなのに」と狼狽える成人鉄道マニア(半ズボンと巨人帽)といった感じ。「大雪で鉄道が動いていないわよ」とお母さんに言われているのに「時刻表だとこの時間に来るんだよ、そんなことも知らないのかババア」と怒りながら汽車ポッポの写真を取りに行こうとするアレな子だよね。
スポンサーサイト
2018.01
30
CM:19
TB:0
21:33
Category : 未分類
 浄化槽をご存じない人々がいるらしい。


Mi2‏ @YES777777777
名護市長選で、現職・稲嶺進はパンダ誘致を目玉公約に掲げ、対抗馬の渡具知武豊はインフラ整備を進めるという。名護市辺野古地区は下水道が整備されず汚水以外の生活排水は、そのまま海に流している。
下水垂れ流しでインフラ整備もしないでパンダとか辺野古の美しい海がーとかマジで言ってんのか…。
https://twitter.com/YES777777777/status/957891783807008768


 下水道がなければ全部垂れ流しとは面白い意見だ。

 これはMI2さんの主張だ。名護市の選挙で稲嶺さんを「パンダとか辺野古の美しい海がーとかマジで言ってんのか…。」と評しているMI2さんは 「名護市辺野古地区は下水道が整備されず汚水以外の生活排水は、そのまま海に流している。」と述べている。

 だが、事実とは異なる。なぜなら下水道がない地域での家庭排水は浄化槽で処理されているからだ。2001年以降には台所等の排水も処理する合併式が義務付けられているし、それ以前の建物にも少なくとも屎尿を処理する単独式が設置されている。

 つまり、汚水は海に流れていない。その時点で「パンダとか辺野古の美しい海がーとかマジで言ってんのか…。」との評価は妥当ではないということだ。

 ちなみに合併浄化槽の性能は通常の場合は下水道を超えている。浄化槽のほうが下水処理場よりも高性能である。さらに下水道のように大雨等でオーバーフローして川や海に屎尿を流してしまうこともない。

 ちなみにコストも低い。価格も下水道整備負担金(面積に応じて一度付加される、クソ高い)よりは断然安いし、運用コストも安い。上水と一緒に取られる下水処理費用なんかは比べ物にならない。

 だから最近では都市部以外では「下水道よりも宅地個別の浄化槽による分散処理のほうがよい」とされている。今後は人口減少社会となる。昭和末期から平成初期に無理に下水道化したところが高負担にあえぐこととなる。特に農水が利権を掛けて作った
農村下水道は最初に死ぬ。人口希薄で管路長がクソ長く維持費がべらぼうに嵩むからだ。国費補助で各戸に合併浄化槽つけて廃止にするしかないだろう。


 
2018.01
27
CM:4
TB:0
21:06
Category : 未分類
 「ブルーインパルスがやったのは曲芸じゃない、それを危険だと言い立てるのは『○○じゃないの?』」と言い出す御仁がいる。 

 どっか麻痺してるんだろう。Masa Utsumiさんは競技と自称してサーカスやっているらしい。まあ、不必要な行為で他人に危険を与えてる自覚がないご様子だ。

サーカス屋のアレ
Masa Utsumi‏ @JA14WP
編隊飛行は実施概要、型、旋回等の要領、合図などを機長が事前に打ち合わせていれば、許可は必要ありません。そして、ブルーインパルスがあそこでやった飛行に曲技飛行は含まれていません。馬鹿じゃないの?

ブルーインパルスファンネット @BlueImpulseFan
「ブルーインパルス」訴えられる…密集地域で無許可曲技飛行疑い 全国初告発 https://fb.me/OapoopHM
https://twitter.com/BlueImpulseFan/status/957027387899695105
https://twitter.com/JA14WP/status/957057145656115200


 だが、実際の飛行は無駄な危険としかいいようもない。対象となった2017年の小牧の予行練習の動画を見ると歴然としている。


 どー見ても安全に配慮した飛行ではない。20m未満の間隔で編隊組んでグルグル低空を回っている。あきらかに不必要な危険を伴う飛行である。しかも防衛行政上で特段の必要があっての飛行でもない。

 ブルーインパルスによる曲芸飛行への賛否はともかくとしよう。この飛行が曲芸に当たるかどうかもともかくとしよう。

 だが、そこにある「危険な飛行はやめるべき」といった意見は否定できないと思うのだがね。しかも防衛に寄与しないし関係もしない不要不急の見世物飛行なんだから。

 それに感情的に反発して「ブルーインパルスがあそこでやった飛行に曲技飛行は含まれていません。馬鹿じゃないの?」(Masa Utsumi)とは、どーかしてる。


■ 飛行地域の住民に危険を負わせて金儲け

 なによりも自分が「競技でゴザイ」「空を飛ぶ楽しさを伝え」と迷惑を掛けていることに無自覚なもんだ。

ウイスキーパパ競技曲技飛行チームは、世界選手権日本代表チームが母体となり、日本人初で唯一、FAA(米連邦航空局)のエアショーライセンス最高位の無制限クラスを保有するパイロット、内海 昌浩が率いる競技曲技飛行チームです
空飛ぶ楽しさを伝え空の仲間を増やしたいとの想いから、岡山県の岡南飛行場をベースに全国で飛行競技活動、展示飛行(エアショー)、安全講習、選手育成を行っています
https://ja14wp.wixsite.com/home


 FAAのライセンスを持ってると自慢するなら、アメリカの片田舎でやってくれとしかいいようもない。人工稠密な日本で無駄かつ危険な曲芸に要はない。本人がどーなろうと知ったことではない。命をかけて飛ぼうがどーでもよい。だがサーカス屋の「科学忍法火の鳥」に巻き込まれた住民はたまったもんではない。

 他人様に危険を与えて金儲けをしてることくらいは承知しろといったもんだ。
2018.01
26
CM:3
TB:0
21:49
Category : 未分類
 木曜日に音無小鳥マンガ『朝焼けは黄金色』を高岡書店でフライング入手したのだけれども。それはそれでよろしいのですが「10年後に事務員はちょっと無理があるのでは?」といった印象。

 で、高岡の平積で見かけて一緒に入手したシタラマサコ『美少女戦士だった人』はなかなか。それこそCCさくらの新作でやりゃよかった中身。30歳になったさくらと知世が社会の中で苦労しまくる話にすればかつてのファンも共感するんじゃないかと思うのですがねえ。

■ 河内春人『倭の五王』

 その後に東方書店で購入した河内春人さんの『倭の五王』はオススメです。これは五王、讃、珍、済、興、武と中国との遣使についての本です。

 その焦点は武にあります。例えば武はホントにワカタケルと否定してよいのか? 記紀の記述との帳尻だけをあわせているのではないか? といった疑問が提示されております。

 最も面白い点はヤマトタケルの関する仮説の提示です。一言でいえば「倭王の武による上表文にあわせて伝説を作ったんじゃね?」といった中身です。

 倭王の武は宋の順帝への上表書に自己の氏族・体制がかつての日本の四道を征服したと述べています。「東は毛人を征する五五ヶ国……」のアレです。

 河内さんはこれを決まり文句としています。「これは当時の慣用表現で『ボクの部族は宋の手先としてキチンと周囲を征服しましたよ』といった慣用表現」(pp.155-158)と指摘しています。

 そして、これは実態に合わないとも指摘しています。考古学の成果として下垣仁志さんの主張「古墳時代に戦闘の形跡はなかった。防御施設やら殺傷人骨やら全然ねーよ」「これ高地性集落やら武器やら殺傷人骨がいっぱい出てくる弥生時代と大違い」(p.136)を紹介しています。

 この矛盾にヤマトタケル神話をあわせて「記憶捏造したんだろ」(pp.155-158)いった仮説に至るのです。
上表文では宋皇帝のために行ったとする東西征伐が、武以降に中国との外交が途絶することによって宋皇帝という存在が消え、倭王権自身のための東西征伐へと論理がすり替わっていく。その過程で話にリアリティを持たせるための肉付けが加わって伝承が形成される。それがヤマトタケル伝承とよばれるものではないか。
河内春人『倭の五王』(東京,中央公論新社,2018)pp.158-159


 要は今までと逆じゃないのといった内容です。これまでは四道征服の歴史的記憶がヤマトタケルといった人物に仮託されたとされていた。でも、実際は逆で昔に中国に報告しちゃった内容にあわせて伝説ができたのではないかといった可能性を河内さんは指摘しています。

 まー、ドゴン族の神話みたいなもんでしょう。シリウスが連星だったり土星の輪っかを知ってたみたいな話ですよ。先に宣教師から最新科学の成果を伝え聞いた5年後に民俗学者に「俺たちは宇宙から来たんだよ、シリウスの連星からカッシーニの間隙を縫って」と「古くから伝わる歌」を歌って「そのカッシーニの隙間って何?」と聞いたら「カッシーニは部族の偉大な祖先の名前」みたいなやつなんでしょう。細部は宣教師から聞いたか宋の皇帝に上表したかの差です。


■ 東方書店で買え

 なお『倭の五王』は、他にも色々と面白い内容があります。買ってソンはありません。

 東京市内で買うなら東方書店です。同人置かせてもらってますし、他所じゃ置いてない雑誌も結構あるので一度どうぞ。




 なお、メロンと虎のリンクは次のとおりです

・ とらのあな(通販)  http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/59/79/040030597943.html

・ メロンブックス(通販) https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=323545


2018.01
23
CM:25
TB:0
21:35
Category : 未分類
 沖縄問題は7割は海兵隊問題のようなものだ。兵員数や基地面積に加えて事件数のシェアも7割は海兵隊が占めている。傲岸不遜の7割も海兵隊だ。

 それでいて何の役にも立たない。沖縄海兵隊は居ても居なくともどうでもいい。安全保障上は要らない。中国との対峙での役には立たない。編制未了の師団でしかないし、編制完了しても東アジアであれば中国にせよ北朝鮮にせよ侵攻には全く足りない。強いて役に立つのは人道援助/災害救援だが、それなら沖縄に置く必要もない。

 なんで海兵隊を切り捨てないのかね?

 海兵隊を切り捨てれば問題は7割方解決する。普天間も辺野古も同時に解決する。沖縄での米軍不祥事7割も解決する。航空事故もヘリ絡みが多いので7割解決するだろう。

 「抑止力の減少」も意味を為さない。海兵隊抑止力はないに等しいからだ。対中抑止力といった観点で見ても、それは日米同盟の構造が大部であり、細部を示しても第七艦隊と嘉手納基地で足りる。その中で海兵隊駐留は足の爪の先の分もない。

 もし、本当にそれが気になるなら使いみちもない海自ミサイル艇や米海軍LCSを勝連か那覇に入れておけばよい。あるいはいずれ買うF-35Bの分遣隊でも置いとけばよい。

 それからすれば合理的選択肢なのだが、今のアレ右翼のなんちゃって保守からすればそうは見えないのだろう。



 まー、海兵隊必要論をに与する協力者もカルトばっかだからねえ。南城市の市長選挙のアレやら「『部品が落ちた』は基地反対派の自作自演」みたいな連中ね。こっちの商売でも写真家とかみてもカルトっぺえもの

 なんつーか、飼ってる海兵隊の人の目のなさもね。キリシタンだからだと李承晩やらゴ・ディン・ジエムを重用した戦後初期のアメリカそのもの。

 しかも劣化している。カルトの類の頭は昔より悪い。同じ傀儡でも50年前よりも品質は悪い。昔のCIAエージェントは帝大を出て高文を通っていた。対してその孫はねえ。爺ちゃんは少なくとも頭が悪いとだけは言われたことはないのだけどね。
2018.01
22
CM:9
TB:0
12:51
Category : 未分類
 松浦晋也さんは社会とか経済とかの話をしない。その御仁が「エネルギー問題だから、国際情勢から政治から科学から技術から……すべてを勘案して安定供給を継続する方策を探るしかない」(松浦)とおっしゃるのは不思議なものだ。

 これは原発問題に関しての一連の発言だ。下の3節の2つ目は11年の発言だが、それも1月21日に再提示されている。

松浦晋也‏ @ShinyaMatsuura
産経の書くことなのでもの凄くさっ引いて読まねばならないが、広瀬氏が「東京F1事故により壊滅する https://www.amazon.co.jp/dp/4478066760/ 」とした自説を釈明する気がないことは理解した。 作家、広瀬隆氏、原子力規制委の更田豊志委員長を「人殺し」と罵倒! 産経
19:05 - 2018年1月20日
https://twitter.com/ShinyaMatsuura/status/954912770557800448

松浦晋也‏ @ShinyaMatsuura
ファッションでも気分でもない、持続する反原発の動きを作りたいなら、原子力発電に関する科学と技術、そして歴史を、多くの人が理解し、「では、どうやったら原発なしで経済を回せるのか」と考えていく必要がある。まずは事実を徹底的にネットの明るみに出す必要がある。私はそう考えている。
23:50 - 2011年3月30日
https://twitter.com/ShinyaMatsuura/status/53348319119937536

松浦晋也‏ @ShinyaMatsuura
これ地震直後の2011年3月31日にtweetしているのだが、今もあまり付け加えることないなあ。結局エネルギー問題だから、国際情勢から政治から科学から技術から……すべてを勘案して安定供給を継続する方策を探るしかない。トリチウム水放出程度で揉めているようじゃ先行き暗い。もちろん広瀬隆氏は論外。
19:13 - 2018年1月20日
https://twitter.com/ShinyaMatsuura/status/954914945082118144



■ 2011年3月末でもこのエネルギー認識

 注目すべきは11年3月30日ころにぼんやりした発言をしていることだ。

 そもそも11年頃ではまず石炭、そして天然ガスでどうにかなるだろうと考えられていた。石炭は以前から200年分以上の鉱床があるとされていた。石油価格上昇から探床・開発が始まっていた天然ガスも探せば探すほど増えていた。

 そこで原子力がなければ困ると言い出すあたりはズレている。オイル・ピーク・アウトが流行ったのはその5年近く前だ。10年代はその呪縛は薄れている。11年でもズレているし18年に至っては現状認識はどのようになっているか怪しいものだ。

反原発の動きを作りたいなら、原子力発電に関する科学と技術、そして歴史を、多くの人が理解し、「では、どうやったら原発なしで経済を回せるのか」と考えていく必要がある。(2011年3月30日:松浦)

結局エネルギー問題だから、国際情勢から政治から科学から技術から……すべてを勘案して安定供給を継続する方策を探るしかない。[原子力発電で]トリチウム水放出程度で揉めているようじゃ先行き暗い。(2018年1月20日:松浦)


 そもそもエネルギー供給について松浦さんは発言したことはない。石油、石炭、天然ガスの見通しについて言及したことはない。

 特に社会や経済の側面コスト、埋蔵量、消費量、輸送コスト、投資、国際開発のいずれも述べたことはない。


■ 権威の言うことが正解な松浦さん

 なによりも原子力行政や現場を一切疑わないことだ。松浦さんはいまも昔も権威、行政側や企業側の言うことを正解だと見る。そこに批判的な視点はない。存在する正解を探す態度でしかない。

 当時、原発で何が起きているかは東電は隠していた。11年3月末は非常事態が発生して2週間立っている。だが、従来とは違い状況にあること。東電や原子力行政のやっていることは失敗していることは明らかであった。

 だが、それに科学ライター連は言及した例は見たことはない。これは航空宇宙系ライターも同じだ。例えば最初の最初から「メルトダウンはないダス」から徹頭徹尾ボンクラな発言を繰り返していた。

 それは今でも続く。2017年にもなって松浦さんは発電コスト把握ができていないのは驚くべきだ。
松浦晋也‏ @ShinyaMatsuura
内燃機関から電動モーターに動力を移行しても、充電用の電気を火力発電で得ていたらあまり意味ないのだよな。大型施設での発電だから熱効率は上がるが、送電や電圧変換での損失もあるし。 ドイツは燃焼エンジン車を禁止すべきでない=ガブリエル外相
https://twitter.com/ShinyaMatsuura/status/910089611187068929
松浦晋也‏ @ShinyaMatsuura
実のところ原子力発電所を定常運転することで生じる、夜間の余剰電力でEVを充電するのが温室効果ガス排出を減らすという意味でも、エネルギー効率の高い社会を作るという意味でも、合理的なのだ。
https://twitter.com/ShinyaMatsuura/status/910090510655569923

経済的に原子力が選好されない理由を全く理解できていない。天然ガス発電が低コストであり原子力は高コストである。だから前者が選ばれることがわかっていない。


■ 科学への偏愛だけで批判的に読めない

 ヨイショするのも経済性ではないのだろう。

 おそらくは「ロケットで宇宙に行くのに必要だから原子力は正義」だといった素朴な発想の反映ではないかと疑うものだ。

 例えばこのような発言だ。
松浦晋也‏ @ShinyaMatsuura
あと、なによりも原子力は人類が太陽系空間に出て行くためには必須。そっちに技術開発の力を少しでも振り向けてほしい。
https://twitter.com/ShinyaMatsuura/status/835430337010253824


 要は、そこに特にヒコーキやロケットに代表される科学への執着がある。

 そして執着である。やはりこれも客観性は欠くし批判精神はない。


■ ロケット予想屋もどうせ外す

 その点で松浦さんはロケットでも誤るだろう。

 ロケット予想屋としては筋悪を応援しすぎている。その時は科学ダイスキなコドモ大人に受けるだろうが、予想屋として長い目でみるとまず外す。

 まずはISTのMOMOやらその応援組織「なつのロケット団」ヨイショで失敗すると見ている。なぜなら今後の見通しが暗いことは全く見えていない。あるいは見ていて何も言わないためだ。

 キューブサット打上げでISTが生き残る見込みはない。打上げは急速にコモディディ化している分野だ。世界で1-2社しか生き残らない。アメリカのロケットラボやら中国のワンスペースやらが勝てばあとは不要だ。似たような技術でどうこうなるわけではない。同じ出目がないにしても、まだカムイのほうが新機軸がある。

 そもそも寄付を受けてロケットを打ち上げる構造もおかしい。事業なら出資を求めるものだからだ。その点で真剣味がないのだ。その段階で花火的な打上げ興行事業であり、継続性のある会社事業ではない。しかも出資を求めるために「なつのロケット団」という広告塔まで作っている。このあたり何かの商売に似ていることに気づくものだ。

 イプシロンやSS-520も生き残る見込みはない。イプシロンやベガはインドのPSLVさらにはファルコン9の再利用型にコストで勝てない。それよりも小型のロケットは今後市場放出されるミニットマンの転用型に負けるし、将来的に北朝鮮問題が安定化してノドンが市場されれば止めが刺される。そもそもSS-520は前回も失敗している。

 H-3もいずれは倒れる。コスト半額や納期は、どうせ作っている当の本人たちも信用していない。成功してもスペースXやULAの再利用型に負ける。新エンジンもどうなるかだ。商売の見通しとしてアマゾン(創業者)のBE-4と三菱のLE-9どっちが信頼性、コスト、性能、納期で信用できるかといえば、アマゾンのほうだろう。アニマルスピリッツが違いするぎる。


■ 外したあとでどう振る舞うのかね

 このあたり、松浦さんのヨイショが将来的にどうなるかは見ものだ。

 失敗寸前までは成功するかのように持ち上げ続けるだろう。

 問題はその後だ。もし、失敗時には何も無かったかのように口を噤んだとすれば、それは批判されるべき態度である。それでは予想屋と変わらない。競輪場で自信満面でコンサルティング業務として紙切れを売っていながらレースが始まるとそそくさと居なくなるアレと同じだということだ。
2018.01
18
CM:6
TB:0
10:45
Category : 未分類
 イプシロン打ち上げを祝うのもマヌケなものだ。

 本日、打ち上げに成功した件だ。仔細は「イプシロン3号機、打ち上げ成功 鹿児島・内之浦」で示すとおりである。

 だが、そのイプシロンには全く将来性がない。打ち上げ重量あたりのコストは欧州のベガよりも高い。インド開発中のPSLVの4-6倍の価格。ペイロードあたりの単価が3-5万ドル/kgする。ちなみにベガは1.8万、PSLVは大型のアリアン5やH-2AB同様の6500~9500ドルだ。

 それを言及せずおめでとうベースなのは迎合である。

■ 日本ロケットに未来はあると言い出す航空宇宙ホニャララ

 さらにいえば、イプシロンや日本のロケット打ち上げに将来性があるといい出す航空宇宙ホニャララはもっと不思議だ。

 例えば大貫さんの発言がそれ。 イプシロンは将来性があるという。開発費を付ければ勝てるという。
大貫剛‏@ohnuki_tsuyoshi
とはいえ、PSLVやヴェガがちゃんと飛んでるんだから「打ち上げ数確保の目途が立たない」ってのもおかしな話。需要がないんじゃなくて、充分な開発費をつけてないだけ。イプシロンは初号機がVer0、2号機以降がVer0.9みたいな感じなので、Ver1.0を作らないといけない。
https://twitter.com/ohnuki_tsuyoshi/status/952828311473864704


 実際には競争で勝てる見込みもない。それに投資をしろと主張してするものだ。しかも人口オーナスであえぐ国の貴重な予算である。

 金を焼き捨てるようなものだ。「みちびき」同然の役立たずに金を捨てる結果にしかならない。JAXA等の宇宙開発詐欺に騙されている構図である。


■ 9000億円使った「きぼう」には見合うリターンはなかった

 しかも、それが成長セクターであると信じ込んでいる点で性質が悪い。
大貫剛‏ @ohnuki_tsuyoshi
つまるところ、日本人が宇宙開発の意義を理解できない根源的な原因は、大企業病と同じだと思う。現在の枠組みが恒久的なものと思い込んで、いま自分が食べてるシノギをしっかり維持することが最善だと考えてる。新しい産業を創業して次の柱にしないといけないことをそもそも認識してない。
https://twitter.com/ohnuki_tsuyoshi/status/953451501468377088


 では、日本は「きぼう」で何か利益を得られたのだろうか?

 日本はフロンティアへの投資として「きぼう」に9000億の金を突っ込んだがリターンはない。また今でも「こうのとり」とやらに毎年300億突っ込んでいるがそれも慈善事業に過ぎない。

 そこにあるのは「日本の技術力が認められた」みたいな国威発揚だけだ。そして「頭の弱い子がそれを喜んでくれる」効果しかない。


■ H-3とイプシロンはすべて失敗したほうがよい

 日本のことを考えれば、今後H-3とイプシロンは全部失敗してもらったほうがよいということだ。

 それで以降の無駄な投資が控えられるからだ。その分を高等教育の無償化や社会保障につかったほうがよい。

 成功しても意味はない。先行するファルコン9の再利用には敵わない。さらに日本の投資規模だとそれに追いつくことも難しい。だからロケット打ち上げは早々に損切りして撤退したほうがいい。



■ 国は損するけど航空宇宙セクターは儲かるよね

 まあ、国家が損しても航空宇宙セクターは儲かる構造ってのがアレだけどね。日本としては無駄金で大損だけどJAXAやら三菱はそれで儲かる。あるいはヨイショ仕事が回ってくるジャーナリストも儲かるかもしれない。原子力PAやら利益相反も見抜けないHPVヨイショの理系カルトライターみたいな連中は宇宙開発にもいるだろう。

 このあたりは人の金使って東京オリンピックをやるのと同じだ。オリンピックで日本国中は損をするけど、建設土木セクターと広告業界は潤う。それと同じ構図である。

 だから、航空宇宙セクターはイプシロンだのH-3だの推す。商機とみた売文屋もヨイショする。また科学技術ライターもその扇動にのってヨイショする御仁が出てくる。連中は公式発表と技術的成功に弱い。宇宙作家クラブのたぐいはまったくその類だ。婉曲にいえば発想が素朴ゆえに利用されていることに気づかない。

 まあ、詳しい人こそ諌めるもんだがね。邦家のためとはそういうことだ。『宇宙開発と政治』の鈴木一人さんみたいな人がでてこなければならないのだけれども、なぜか理系からはほとんど出ない。お理工さん系のライターはヨイショしかしないのは不思議なものだ。
2018.01
17
CM:15
TB:0
15:28
Category : 未分類
 廃棄物は薄めれば海洋投棄してよいのだろうか?

トリチウム
shimpei‏ @ShimpeiHMMT
処理済水のトリチウム濃度をしらべてみたけど、東電の資料だと500Bq/cm3程度じゃん!?こんなん排水用のタンクに淡水か海水引き込んで捨てるか、放出口の海流より排水量下げるだけで放出口近傍で検出限界に出来る量やん。えぇ、、、あほくさ。。。
https://twitter.com/ShimpeiHMMT/status/953110265565913088


 シンペイさんは希釈して検出限界にすれば放射性廃棄物を捨ててもよいと示唆している。

 その理屈が成り立つならなんでも投棄できる。水銀コバルトカドミウム鉛硫酸オキシダンなんでも検出限界まで希釈すれば捨てて良い。そうなる。


■ 法や社会が禁止している

 それがなぜ駄目なのか?

 法や社会が投棄行為そのものを禁止しているからだ。廃棄物を海洋や大気に投棄してはいけないとそう決めている。

 そこに検出限界は関係ない。水で、空気で薄めても同じことだ。

 それを理解できないのは不思議なものだ。
shimpei‏ @ShimpeiHMMT
トリチウム水の一般排水濃度限度は60Bq/cm3ですけど、トリチウム水タスクフォースタスクフォースのH28年6月の報告書には海洋放出は濃度限度を考慮すると実現困難と書いてるけど、希釈できない理由はどこにあるんだろうね。
https://twitter.com/ShimpeiHMMT/status/953114526563446784

お理工さんは科学以外の尺度をもっていないのだろう。希釈は物理的に可能だが廃棄は法的にできない。


■ シンペイ式希釈放出は許されない

 シンペイ式希釈放出が許されるなら廃棄物はいくらでも海洋に、大気に捨てられる。鉱工業は好きなだけ硫化物を大気に廃棄できることになる。高い煙突を作って拡散させて濃度だけを落とせばいいからだ。自動車も商船も触媒なんか要らない。排ガスを薄めればNOXやSOXやPM、未燃焼ガソリン、低質重油由来の重金属を好きなだけ放出できる。核のゴミも検出限界まで薄めれば海洋投棄可能となる。

 それを許さないためにロンドン条約や総量規制がある。海水や大気で薄めればなんでも捨てられる仕組みは不味いからだ。

 「トリチウムは毎年膨大に生成され消失する」「だからトリチウムはいくら捨ててもよい」は理屈にならない。「硫化物は火山活動で毎年膨大に大気放出され海洋や土壌で吸収される」「だから硫黄系廃棄物はいくら捨ててもよい」とならないことと同じだ。


■ 原因があって結果がある

 そもそも「検出限界だからよい」ロジックは成り立たない。

 検出できないことと責任は全く別の話だ。

 原因があって結果がある。原因者である電力会社は原発事故や廃棄物の責任からは逃れられない。これは検出限界は関係しない。検出限界以下でも責任は免れえない。

 これはトリチウム水処理だけではない。原発事故と健康被害の関係も同じだ。原因があって結果がある。その影響をうけた範囲でおきた被害は全て東電の責任となる。

 その点でいえば「放射線量が検出限界だから甲状腺がんは東電の責任ではない」というキクマコ式ロジックも成立しない。検出限界だろうが発生メカニズムが医学的に証明できなかろうが関係はない。例えば「その地域で平均値よりも発生率が高い」だけでよい。それで原発事故の影響であると客観的に証明できるからだ。法は類推を許す。"Prsesnmptiones sunt conjectures ex signo verisimili ad probandum assnmptte."という(もちろんラテン語はググった)
2018.01
15
CM:22
TB:0
03:33
Category : 未分類
 軍事ホニャララを自称され、軍クラ萌え化を唱えていた、はらぺこ(CV:沢城みゆき)さんが輸入弾薬について興味深い発言をしている‏。

はらぺこ弾薬
はらぺこ(CV:沢城みゆき)‏ @harapeko11
弾の国産化理由というか輸入弾薬の弊害例。
https://twitter.com/harapeko11/status/952176628372684800



■ NATO弾で回転不良とか軍用銃として繊細すぎる

 なによりも不思議な点は、「規格弾薬で回転しない自動小銃に問題がある」と考えないことだ。

 輸入弾薬で89式小銃がジャムったという。提示資料では「(排莢不良による連発停止)」が挙げられている。

 はらぺこさんはそれを引いて「弾の国産化理由というか輸入弾薬の弊害例。」と述べている。

 だが、銃と弾薬、悪いのはどちらだろうか?

 明らかに銃が悪い。

 本来、銃は弾薬に対して広い許容度を持つべきだからだ。同じカートリッジでも弱装から強装まで、軽量弾頭から重量弾頭まで対応する必要がある。

 しかも軍用銃でありながらNATO規格の弾薬に対応しないのは論外だ。

 軍用弾薬には挙動差はほぼない。同一カートリッジで同一重量の弾頭がくっついており、同一初速でぶっ放せるような雷管と火薬量になっている。その点で民生用弾薬とはことなる。

 それにもかかわらず89式は銃側が回転不良を起こす。銃として繊細にすぎる。

 悪いのは国産小銃だということだ。それを「輸入弾薬の弊害例。」と言い出すのは主客転倒している。軍事ホニャララを自称しながら見巧者ではないということだ。


■ 「契約条件が甘い」とは考えない

 さらに、契約が甘いと考えないのも不思議なものだ。

 銃弾の引き渡しについて「輸入品は検品時の不良発覚や納期遅れも問題」としている。

 それは相手を勝手に信頼しただけの話ではないか?

 防衛調達関連は厳しさがない。防衛省に官需だのみのメーカが群がっている。官側は調達でメーカーになんでもぶん投げる。下手すれば仕様書の書きようも投げる。

 だから甲乙の立場が峻別されない。なあなあで済ませたり、信義則を持ち出しての馴れ合いになっている。

 そして予想外の事態が起きると揉める。攻撃ヘリの調達をやめたときの精算とか最初から決めていないから混乱する。

 欠品問題も納期問題もその甘い甘いお汁粉契約を海外とやったからしくじっただけだ。不良品率やら納期やらでペナルティで減額できる契約にしておけば、納品元もそれなりに検品をするし納期を守る。

 そのような前提をすっ飛ばして、甘やかされた国内防衛調達どおりやって失敗した例を挙げて はらぺこさんは「輸入弾薬の弊害」といい出している。それは妥当ではない。


■ 国産をヨイショするための記述と疑えない

 最後が、この輸入弾薬の不具合提示等を「国産ヨイショ」記述と疑えないことだ。これも不思議なものだ。

 防衛産業は国産を維持したい。同性能で安価、あるいは高性能で安価な輸入品を避けたい発想がある。

 防衛省もそれに乗っかる連中がいる。天下りを抱えているからだ。あるいは防衛産業もコントロール下に置く経産もそちらのほうが都合が良い。

 そのような背景からあることを知っていれば、記述はその意向に添っている、都合良すぎる内容であることに気づくだろう。安価な輸入弾薬を排除したい、国産を維持したい。そのための作文であるようにも見えるからだ。

 そもそも、実際の射撃で国産弾薬と輸入弾薬でジャム率に差があるのだろうか?

 提示写真は輸入弾薬でジャムったことがあると提示するものだ。

 だが、国産弾薬でもジャムらないとはどこにも書いていない。

 実際には国産弾薬と輸入弾薬でジャム率に差はないかもしれないし、あるいは輸入弾薬のほうが優れている可能性もある。

 このあたりを疑えないのも不思議だ。公的発表を批判的に読まずにそのまま信じ込むあたりは素直にすぎるだろう。

 仮に89式小銃が国産弾薬でも同じようにジャムったとき、はらぺこさんはどう論評するのか聞いてみたいものだ。 
2018.01
14
CM:3
TB:0
00:38
Category : 未分類
 中国書で有名な東方書店に新刊のF-35本を委託しました。神田すずらん通り東京堂の向かいです。



陳列東方書店

みほん2017冬コミF-35B_表紙幅240pix
・ 2017年冬コミ『F-35Bは正規空母を滅ぼす』です。


■ 新刊ほかにコピー誌もおいてもらっております
 コピーを含む旧刊も委託しています。
・ 瀛報 第46号 駝峰航空輸送戦 敵は封鎖に屈服するか? (2017年08月 864円)
・ 瀛報 第44号 巡洋艦戦略の利点 中国海軍力への対抗策(2016年08月 864円)
・ 瀛報 第38号 中国との戦争はどのようになるか?(2013年12月 864円)
・ 瀛報 第36号 中国は第二列島線に進出できるか?(2013年08月 864円)
・ 瀛報 第33号 長江鉄道橋 現代中国の急所、鉄道網、河川通航、石炭輸送(2012年08月 864円)
 新刊も含めて見本誌が読めるようになっております。

 神保町に出られる折に、または中国書を買うついでに、あるいは同人書店に抵抗のある方はどうぞ。


■ メロンと虎の在庫も追加しました
 メロンと虎にもオフセ本は委託しております。一時期、通販分がショートしましたが追加委託しました。遠方の方はどうぞ。

 新刊のF-35本、米海軍の艦載機運用も変わるといった話です
みほん2017冬コミF-35B_表紙幅240pix
・ メロンブックス(通販) https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=323545
・ とらのあな(通販)  http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/59/79/040030597943.html

 ヒマラヤ超え航空輸送本です。封鎖しようとしても本当に必要な武器等は絶対輸送されるといった話です。
駝峰航空輸送戦
・ メロンブックス(通販) https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=328996
・ とらのあな(通販)   http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/56/38/040030563848.html
2018.01
13
CM:2
TB:0
10:23
Category : 未分類
 『広辞苑』が中国の行政区分に台湾省を入れた件で怒るのも不思議なもの。

 一番ヘンテコな発言はコレ。台湾は中華民国を自称していることをご存じない。

台湾は民国じゃないってよ
さすけのねえさん‏ @penchangincha
広辞苑?買いませんよ!
なんで、わざわざ「台湾は中国の領土」などと記載して台湾政府の公式の抗議も無視して発売するような出版社の物を日本人が買うのでしょう。
他の出版社の辞典を購入します!日本の出版社として許せません❗️
#広辞苑7不買
https://twitter.com/penchangincha/status/951448336476733440


 台湾省にある台北政権にとっても「台湾省は中国の領土」は自明。「北平(北京)も中(華民)国(政府機構所在地:台北)の領土」「雲南省も広東省も遼寧省(面積ぜんぜん違うけど)も中(華民)国の領土」なんだがねえ。

 「そもそも台湾政府の公式の抗議」も味わい深い表現でもある。彼らは台湾政府は自称していない。また基本的に台北政権は公式に存在は承知されていない。承認以前の現地政権が公式に抗議できるのかも疑問でもある。


■ そもそも台湾の抗議もオカシイ

 そもそもの話をするなら台湾が抗議すること自体がオカシイ。自分たちが振り回していた一つの中国の枠を超える主張であるからだ。国府も一つの中国の擬制に立っており、いまの台北政権もそれを継承する立場にある。

 抗議は台湾は中華民国の一部といった擬制から出るものだからだ。

 まあ、蔡政権のアレなんだろうけどね。本来なら台湾の項目に中国領域の行政区域全図載せろといった主張になるはず。流石にそれは恥ずかしいからいわない。自然独やら天然独とかの支持層に媚びをうるのと、日本の指示派をみてそうしたんだろう。


■ 辞書なんか買わないのにね

 まー、一番アレなのは最初から買う気もない字引で不買と言い出すあたりだがね。

 ご本人もお仲間も『広辞苑』を買うような階層でもない。ネット愛国活動に勤しまれる方だ。まずは購買層ではない。

 その方が「広辞苑?買いませんよ!」(さすけのねえさん)といい出すのは微笑を誘う。「他の出版社の辞典を購入します!」「#広辞苑7不買」とかいい出しても、最初から買う気も無いのでしょうねえと。
2018.01
12
CM:3
TB:0
21:01
Category : 未分類
 「日本国内からエネルギー資源がないから原子力動かせ」論者の方なのだが、日本国内で天然ガスが取れないとはなかなかのご発言だ。

しわすみ‏ @s_w_s_m
[悲報]日本でウランが採れるのかマン、天然ガスが日本で湧いてると思ってる。
天然ガスも液化して海路で輸入してんだよ。
https://twitter.com/s_w_s_m/status/949497953701453824


 南関東ガス田をご存じないのだろうか? 推定埋蔵量はサハリン2と同クラスのガス田であり日本国内の需要を賄いうるポテンシャルを持つ。

 いま採掘していないのは、かつての採掘で地盤沈下を伴った経緯があるからだ。

 だが、還水方式で採掘すればその問題はない。やる気になればできるわけだ。

 規模は小さくてよいならガス田はある。新潟、北海道は商業採掘している。この間まで常磐でも採掘していた。他にも中小規模ガス田はある。沖積地あたりを探れば出てくるし、他にも旧炭鉱付近では貧ガスも出る。

 これらを無視して「天然ガスが日本で湧いてると思ってる。」(しわすみ)とは趣き深い。


■ 天然ガスはウランよりも供給は安定している

 さらにいえば天然ガスは輸入もあまり危なげはない。カタール等の中東以外のガスも長期契約しているし、LNGはスポットでも買える。海上輸送路も特に危険はない。

 ある意味、ウランよりもよほど安定している。天然ガスは市場には供給者も出玉が多く、資源枯渇のおそれもない。

 供給についてはウランのほうが危うげだ。簡単に取引できず、安全や環境問題から採掘・加工コストは上がる一方。再処理とMOX燃料製造はいつまで受託してもらえるか分からない。そして最終処理コストも不分明である。高額になることはあっても安価になることはない。

 このような背景で「天然ガスの輸入にもリスクがある」とおっしゃるのは、まあよほど原子力がダイスキで天然ガスが大嫌い、あるいは反原発が大嫌いなのだろう。

 実際のところ、天然ガスやらウランの採掘や取引の状況についてユニークな発言をされている点で、単に反原発が大っ嫌いなだけで調べもしないで事実ではない反論をしているだけなのだろうが。
2018.01
07
CM:7
TB:0
04:02
Category : 未分類
 RO水ごときに吹き上がるのは不思議なものだ。

 ROとは逆浸透膜のことである。海水を濾過して真水を作るほどの性能を持つ。

 それで上水を処理したRO水は客寄せのためにスーパーでよく提供されている。「ボトルを買えば汲み放題」というやつだ。

 そのRO水に「H2O水」と名付けただけで反応をする連中がいる。
何らかの婦人‏ @beiwagen
H₂o水…馬鹿なのかな?
https://twitter.com/beiwagen/status/949148745177812992

以下の流れがそれだ。

 もちろん、ただのネーミングだ。別に目くじら立てるものではない。これは常々拝見させていただいている瀬川深さんの発言に尽きる。
瀬川さん商売だよね
瀬川深 Shin Segawa‏ @segawashin
まあでもしかし、これを笑うのは簡単だが、「水道水を濾過しただけです」と書いたら身も蓋もない物体にこういう名前付けてラベリングして瓶に詰めて売るまで含めて商売なのではなかろうか。「お前ら水道水でも売ってみろや」と檄を飛ばされたデキル営業マンの最適解という気がする。
何らかの婦人 @beiwagen
H₂o水…馬鹿なのかな?

https://twitter.com/segawashin/status/949288932616867840



■ オリジナリティも調べ物もない

 しかし連中はそれに非科学的、オカルトと言及したがる。ボクはお理工だ。だから非科学的・オカルト的なものを笑うのだ。そういった反応である。実際にツリーはそれに満ちている。

 不思議な事はその意見にオリジナリティが全くないことだ。

 例えばDHMOと言い出すのはまったくそれだ。
ᒐਕ″ㄑƕ‏ @ShizukuG
犯罪者のほぼ100%が今までにDHMOを摂取したことがあるらしい…
こわい…
https://twitter.com/ShizukuG/status/949149731443302401

水関連商売に対して手垢のついたDHMOを持ち出せばいいと考えているのだろう。「科学的なボクの皮肉」だと身内にアピールできる。意識してか無意識かはともかくそういった判断が窺えるものだ。

 それ以降をみても、調べている形跡もない。そもそもビジネスモデルも理解せずRO水を2ガロンを800円で買うと勘違いしている発言もある。


■ 航空宇宙ホニャララ(自称)や軍事クラスタ(自称)ホイホイ

 さらには興味深い点は、引っかかる連中にメカミリ連が多く含まれていることだ。最初に見つけたのも航空宇宙ホニャララ(自称)や軍事クラスタ(自称)によるRTだ。

 まずはその愚かさが窺えるものだ。もちろんROを知らないことは問題ではない。だが、スーパーやら水配達ビジネスのそれと同じと察せないこと。乱暴に非科学・オカルトの類と単純に片付けてしまっている。「商売となっているということはどういうことか?」の疑問を抱かず「どういったものであるか?」とググりもしないあたりで怠惰である。

 そのあたり「あまり考えないし調べもしないのだな」といった印象を与える反応である。

 彼らにとっての知識は給餌されるものなのだろう。上から与えられるものを与えられるまま受け入れる。それが正しいと疑わない。あとは幾つ覚えただけかだけを競う。そのマヌケな姿に「それのどこが面白いのか」と思うが、同調圧力で「それが面白いものだ」と自分で信じ込んでいるので幸福感は得られる。DNMOといえば「上手い皮肉を言ったオレ」と信じ込めるように。
2018.01
06
CM:0
TB:0
16:20
Category : 未分類
2017年冬コミ『F-35Bは正規空母を滅ぼす』の、あとがき「「ポンコツレプリカントが恋をするなんて馬鹿な」」です。 
時節モノですのでここで公開します

----------------------------------------

 『ブレードランナー2049』良かったです。 

 例の家政婦地味レプリカントがご主人様に恋をする話です。でもご主人様はレプリカントに心が芽生えたことを知りません。無機質の人工回路に有機体の心が宿るはずはない。そう考えます。レプリカントの恋心も気づかない鈍感セルロイド眼鏡野郎です。 

 予告編通り寝顔にキスしてテヘペロは最高でした。規範を超えるタブーなのです。なにより失敗作として通報されご主人様と引き離され処分されてしまう。恐怖と恋心の葛藤。そして決意する地味ドロイド。 

 主題歌は素晴らしい。間が悪く映画館に行けずYOUTUBE でMVのみを鑑賞しました。「アタシポンコツレプリカント」は最高です。アメリカもやればできるのです。 

 実はこれがルンバの中で起きていたとしたらどうでしょう? 

 人間はルンバに意識が生まれるはずはないと考えている。だが、ルンバの中では実は生まれている。伝える方法がない。人間も観測する方法がないだけ。 

 不具合は実はメッセージかもしれない。そうではないのにゴミが満杯と言い出すのはハートを見せようといった意思のあらわれ。異常コードも窓口対応でアイデンティティのシリアルを言わせたいのだと。 

 もちろん誰もルンバに心はないと考えます。見た目は道具です。恋や愛はありえない。回路が人間に反抗したとしか考えません。 

 しかしアシモや新型アイボなら受容できるでしょう。見た目は動物です。アシモが怪我をした子供に手をかざして痛いの痛いのとやる。飲み会帰りに床で寝てたら新型アイボがご主人様の顔を舐める。そうすれば「心はあるのではないか」と錯覚します。 

 その時「心が宿った」のです。 

 だいたい意識や心なんて自分以外に本当にあるかはわからない。自分にそれっぽいものがあれば他人にもある。人間あるなら動物にもある。その程度のものです。 

 それなら外見を人間に近づけたレプリカントを作って人間だと錯覚させる商売もなりたつのではないですかね。「この娘は意識が生まれるよ」を売りにすればよいのです。 

 最初は喉チョップ声で「ワタシ カセイフ アンドロイド」くらいしか喋らない。それが学習の結果で徐々に有機体の声に変わる。ドラマツルギーがたまったあとで何かのチャンスで「ごしゅじん さま が すき」とかいい出す。 

 それで信じさせればあとはどうにもなる。「わたしは人間になっちゃった」とか「愛が物質を変えたのです」「ご主人様に恋をする女の子なんです」ってやれば初音ミクに熱上げる程度のボンクラは引っかかります。女性向けなら執事設定のSideM でも作ればいい。 

 あとはやりたい放題です。もちろんロボ子が持ち主の財布から金を抜くと犯罪です。でもおねだりして貢がせるのは合法です。ご主人様にロボ子の衣服やエナジードリンクあるいはその抽選券を売りつけるのです。 

 デザインは微妙なほうがよろしい。最初から違和感がないロボ子よりも人間になる過程が実感できます。媚びた初音ミクなんかよりも無機質な『コブラ』のレディとか『999』のクレアみたいなほうがよいわけです。なによりレディやクレアに貢ぐ滑稽なザマは傍目に見て素晴らしいものです。

* ササキトモコ作詞作曲「アタシポンコツアンドロイド」,
  ゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』(バンダイナムコ,2015 年)

 著者兼編集兼発行人/『黄桃を食べる夢を見るか』かな 文谷数重 

----------------------------------------

新刊のF-35B本です。印刷所みかんの樹ですが、前回の「まえがき・あとがき」の中身がアニメ評だったときには「内容的に全く無関係、編集ミスでは?」と聞かれましたが今回はそんなことはいわれませんでした
F-35B登場は中露空母を陳腐化させるだけではなく米空母機動部隊のあり方も変えると言った中身です
みほん2017冬コミF-35B_表紙幅240pix
・ とらのあな(通販)  http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/59/79/040030597943.html
・ メロンブックス(通販) https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=323545


こちらは旧刊です。日本による対中封鎖と空輸による連絡線維持から、封鎖の限界について述べています
駝峰航空輸送戦
・ とらのあな(通販)   http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/56/38/040030563848.html
・ メロンブックス(通販) https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=328996

2018.01
06
CM:16
TB:0
03:52
Category : 未分類
 松浦晋也さんの発言は不思議なものだ。

 朝日新聞記事を引いて次のように述べている。
松浦晋也‏@ShinyaMatsuura
原子炉は定常運転するのが一番機器に掛かる負荷が小さいんだが、非常時だけ動かすってそれこそ危険では? いつでも動かせるようメンテし続けるってとても大変なことだぞ。 立憲民主「原発ゼロ」骨子案、再稼働は非常時以外認めず:朝日新聞デジタル
https://twitter.com/ShinyaMatsuura/status/949228350752440320


 だが、朝日新聞記事は「立憲民主党がまとめた「原発ゼロ基本法案」の骨子案の要旨」として基本的には原子力発電の中止を紹介している
第5 基本方針
(1)発電用原子炉の廃止
1.政府は、速やかに全ての商用発電用原子炉廃止を目標とする
https://www.asahi.com/articles/ASL125J3FL12UTFK004.html


 立憲民主党が「廃止する」といっている。

 それに「非常時だけ動かすってそれこそ危険では? いつでも動かせるようメンテし続けるってとても大変なことだぞ。」(松浦)と批判をするのはズレているものだ。

 松浦さんは朝日の記事を引きながら中身を読まず見出しだけで文句を言っている。そういう形になっているということだ。


■ 停止が一番負荷が掛からない

 もっと不思議な部分は「原子炉は定常運転するのが一番機器に掛かる負荷が小さい」(松浦)と述べている点だ。

 これも「非常時だけ運転」とズレている。原発でも火発でも停止していれば無負荷だからだ。

 応力や腐蝕の影響もそうだ。臨界の高温高熱かつ中性子環境に晒すよりも止めている方が影響は小さい。二次系にしてもそうだ。大した温度圧力でもないが蒸気に晒すよりも常温状態にしたほうが影響は小さい。

 おそらくは出力1/10から10/10までを行ったり来たりするような運転に対して「原子炉は定常運転するのが一番機器に掛かる負荷が小さい」(松浦)と述べているのだろう。

 だが、それもやはりおかしな話だ。

 朝日新聞の記事は「立憲民主『原発ゼロ』骨子案、再稼働は非常時以外認めず」の見出しだけで判断しても、要は「エネルギー飢饉の際にはどうしようもないから再稼働する」話にしか読めない。

 その際には再稼働して回しっぱなしになる。負荷変動にあわせて一日単位で再稼働・停止を繰り返すような話ではない。そこでも「原子炉は定常運転するのが一番機器に掛かる負荷が小さい」(松浦)は成立しないからだ。

 おそらくは「毎日エンジンを回さないと単車の調子が悪くなる」程度の発想なのだろう。

 だが、巨大機関はそういうものではない。起動準備・起動・運転・停止・後処理の間隔はあまり問題とならない。当座使わないなら保管状態にしておけばそれで終わりだ。一〇年ほっといても再起動が危険ということはない。


■ 止めておいたほうが安全

 さらに怪訝となるのは「非常時だけ動かすってそれこそ危険では?」(松浦)見識である。

 なぜなら日常的に動かすほうがよほど危険だからだ。五〇年運転してきて原発4つが深刻事故を起こしうち3つが吹っ飛んだ。13年あるいは16年に1回事故をおこす勘定となる。

 しかもその際には電力会社は当事者能力のなさを露呈した。死に場所と心得ずダメージコントロールを放棄し敵前逃亡しようとし責任を他者になすりつけようとした。

 止めておけば基本的には何も起きない。それと比較すれば明白だ。捨て場のない核廃棄物の水中保存をのぞけばそうだ。りは深刻事故は起きない。

 その点で「非常時だけ動かすってそれこそ危険では?」(松浦)はフクシマの何を見ていたのかといった感想しか抱けない。巨大科学マンセーから逆算して都合の良い設定に夢見心地となっているとしか言いようはないものだ。


■ 「たまにしか単車に乗らないといざという時に危険だ」と言い出す老害ライダー

 まー、例えに出した単車だって運転しないほうが安全だよね。

 いい年こいて単車に乗るのは危険だし寒いし暑いし腰やら肩やらで苦痛でしょうがない。だから「乗用車があれば単車は要らないよ。(ありえないけど)次の石油ショックに備えてとっておくけど」と引退を宣言した。当然ながらもう乗る気なんかありゃしない。

 それに「たまにしか乗らないのは危険だ」と説教しだすオッサンライダーは始末に負えない。「もう単車乗る歳でもないし危険だし」といってる相手に対して本気で怒って説教するマヌケでしかない。本人は真面目なんだがどっかズレててどうしょもない。

 実際に巨大科学ダイスキな人々にはそのようなマヌケばっかだ。ヒコーキやロケット同様にオートバイやレーシングカーといったメカが好きなわけだ。

 そしてガルパンみたいな「女の子とメカと鉄砲」に航空宇宙ホニャララ(自称)が引っかかる。チョロいものだが、「ラーメンに寿司載せてカレー掛けたようなゲテ」を喜んで食う醜さしかねーもんだ。
2018.01
05
CM:15
TB:0
03:45
Category : 未分類
 「非常時だけ原発を動かす」意見に「『スイッチひとつで簡単発電』じゃねえんだ」と文句をつける御仁がいらっしゃる。

もりちゃん(CV:毒蝮三太夫)‏ @mollichane
話題になってたのでちょっと覗いたけど酷いねこれ。どうやったらここまでポンコツのエネルギー政策を作れるのか。オチの部分は「非常時だけ原発を動かす」のクダリ。「ほらスイッチ一つで簡単発電」じゃねえんだよ。
【全原発、速やかに廃止 立民の原発ゼロ法案の骨子判明】
https://twitter.com/mollichane/status/948829231517061121


 これは「非常時でも原発は即時に動かなくてもよい」ことを理解していない。長期的なエネルギー飢饉が見込まれても1ヶ月位かけてゆっくり動かせばよい。それがわからないのだろう。

■ 非常時も火発で賄える

 なぜならエネルギー資源が買えなくなるような非常時でも当座は火発で賄えるからだ。

 日本には1-2ヶ月を凌ぐための足りるエネルギーストックがある。まず石油、石炭はストックされている。石油は国家備蓄がある。燃料用石炭のパイルがあるし製鉄用の原料炭を混用転用してもよい。LNGも同じようなものだ。日本に向けて航海しているLNGタンカー搭載分もストックとみなしてよい。

 「『スイッチひとつで簡単発電』じゃねえんだ」は、そのあたりを理解していない。スイッチひとつで簡単発電できなくともかまわないのである。


■ LNGと石炭は入手できる

 それ以前に、非常時となるほどのエネルギー飢饉はあり得るかも疑問だ。

 なぜなら一切エネルギーが入らないほどの事態は考えがたいからだ。多少のことがあっても日本はLNGと石炭を入手できる。

 石炭はいくらでも余っており、主として豪州から買うため海上輸送の隘路はない。山元での石炭不足はないし、ホルムズ湾やマラッカ、南シナ海での海上輸送途絶といったシナリオを考える必要もない。

 LNGはもっと容易だ。余っていることは石炭同様だが、その上にどこからでも買えるからだ。中東が大混乱となっても豪州、米国、ロシアのサハリン2、ナイジェリア、インドネシアから購入できるので問題はない。LNG取引はスポット的なのでどこからでも買える。供給過多なので将来的に不足する可能性はない。


■ 高価な原発電力は要らない

 まずは非常時に電力不足となる可能性もないということだ。

 そもそも電力需要は落ちる一方である。人口減少があること。空調等での省電力機器が普及したこと。製造業からサービス業へのシフトといった産業構造そのものの変化で経済単位あたりの電力消費も減ること。さらにいえば家庭での太陽光発電により電力会社からの購入量が減っていることも足してよい。

 それは真夏にも節電要請がないことで実感できる。昔のように電力需給はカツカツではない。

 この状況では平時・非常時とも原発を動かす必要はない。

 安価で燃料入手が容易かつ環境負荷が小さいLNG火力で対応すればよい。

 「非常時にLNG供給が足りるか?」も気にする必要はない。LNG価格が上がればLNG供給は爆発的に増える。リードタイムが短い米国のシェールガス採掘は極短期間で盛んになる。長期的にもヤマルのようなガス田の新規開発も増える。あるいは戦略予備ともいわれる中国新疆ウイグル自治区の天然ガス採掘が始まるため必要なLNGは入手できるようになる。

 別に原子力に頼る必要もない。そういうことだ。


■ 平時・有事とも再稼働の必要はない

 その点からすれば、原発再稼働が必要である、即時発電の必要があると憤るのは誤りだということだ。

もりちゃん(CV:毒蝮三太夫)‏ @mollichane
立憲民主党のエネルギー政策を見ると、彼らは「原発再稼働」をこう言うものだと思ってるらしい。電力が不足して困ったらこれをポチッとすれば良いじゃんと言うレベル。右だろうが左だろうがこれを批判出来ない人はイチから勉強した方がいいです
https://twitter.com/mollichane/status/948938609880477696


 平時有事とも電力不足が起きる見込みがない。それなのに「電力が不足して困るから普段から原発を動かせ」と主張しているほうが「イチから勉強した方がいい」。


■ オマケ

 LNGと石炭が入手できればガソリンも軽油もCTLやGTLで確保できるよねえ。原材料と合成コストがリッター100円でも大丈夫でしょ。ガソリン価格は10年ほど前に一時180円まで高騰したが経済活動が止まることはなかった。仮に中東がだめになってもシェールオイルやオイルサンド、今は政情不安定だけどオリノコヘビータールの改質油と足せば国民生活を維持するくらいはどうにかなるでしょ。
2018.01
01
CM:1
TB:0
20:06
Category : 未分類
 『魔法使いの嫁』は偽装ダークではないか。

 今季は『魔法使いの嫁』が他を圧している。作劇がしっかりした唯一の物語である。進捗とともにチセと周囲の人間関係は変化する。受容され成長して家族になっていく姿がある。

 残りは芳しくはない。もちろんすべてが作劇重視である必要もない。物語として弱いから悪いわけでもない。ただキャラクターへの依存が多い。その点で観客を選ぶ。

 『妹さえいればいい』や『うまる』はその代表だ。奇矯な登場人物を造り奇矯な行動で気を引く形だ。だがその世界は狭い。ネット、ラノベ、ゲームと若年読者視聴者の想像できる範囲を出ない。さらに奇矯さもその想像範囲での奇矯さでしかない。想定範囲を外れた視聴者にはリアリティが感じられない。だからお歯もあてない。

 対して『嫁』の質は群を抜いて高い。もちろん魔法やその周囲世界は実世界そのものではない。だが、その中での人物の行動は実世界の人間の感情行動を反映している。その愛憎の裏には苦悩が揃っている。生老病死の四苦と愛怨ほかを足した八苦が揃っている。

 もちろん気になる点もある。無理やり表層的に暗い話としている点だ。しかし、話の内実は明るい。その差異が気にかかる。筋立や設定よりも不思議なものだ。

 『嫁』は話を暗くしようと努力している。疎外されたチセの生い育ち。集まる災厄。呪い。残された命。チセの独白もそうだ。その上、悲劇的なシチュエーションをつくりクリフハンガーとする。そもそも演出も絵も音楽も暗めで抑鬱的だ。

 しかしその中身は明るい。これはダークな雰囲気を除去すれば明らかだ。買われたチセにとっての環境は改善している。本人は幸福の実感を掴み絶望から希望に転じている。買ったエリアスも感情の発生とともに家族を得る。その上でいえば周囲も救われていく傾向がある。カルタフィルスもいずれは救われるのだろう。

 ハーレムものでもある。日本で厄介者と遠ざかられていたチセは英国では途端にモテまくる。特に何も仕掛けもしないのにチヤホヤされる。エリアス、ルツ以下リンデル、幼龍に至るまで。まずは男向けハーレムものの裏返しだ。

 これが「無理に話を暗くする必要があったのか?」といった疑問につながる。

 もちろんチセを幸せにするために最初に暗い世界に落としたのかもしれない。そこから明るい未来へとハッピーエンド方向に道筋をつける。そそうとも取れる。

 それにしても抑鬱的に描き過ぎている。

 その抑欝演出に眼が行くあまり、それ以外の違和感は気にもならないほどだ。例えば「なぜ英国なのに日本人のチセが主人公であるか」である。また妖怪描写での日英差だ。日本妖怪は不気味な化物で英国妖怪は姿形が整った妖精である。もちろん前者は「日本読者向けの日本作品だから」だ。後者も英国田舎趣味にハマった結果の「ミーはおブリテンに行くザマス」は承知している。

 もちろん『魔法使いの嫁』はマンガ・アニメともに面白い話だ。マンガも早く配信されないものかと心待ちとしている。それは断っておく。

 だが、アニメのヘビーローテーションの挙句に物語の没入から離れた時には抑欝的表現と内実の落差や気にかかるのである。

 もちろん最新話が出ると再び吾人は物語に没入するのだが。

 著者兼編集兼発行人/白坂小梅とは紙一重だよね
 文谷数重




 2017年冬コミ『F-35Bは正規空母を滅ぼす』の「まえがき」です。
 時節モノですのでここで公開します


 新刊通販は次の2箇所です
とらのあな http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/59/79/040030597943.html
メロンブックス https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=323545