fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 軍事ライターの文谷です
 コミケでは隅田金属ででています。評論情報です。

連絡先:montagne.suutyoo@gmail.com (新)
旧  :q_montagne@pop02.odn.ne.jp (旧)

メールアドレスは、新旧で切り替え中です


→ サークルMS「隅田金属」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 軍事ライターの文谷です
 コミケでは隅田金属ででています。評論情報です。

連絡先:montagne.suutyoo@gmail.com (新)
旧  :q_montagne@pop02.odn.ne.jp (旧)

メールアドレスは、新旧で切り替え中です


→ サークルMS「隅田金属」

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.04
19
CM:11
TB:0
21:22
Category : 未分類
 C-2の話で思い出したのは、勝手にC-2擁護をするような愚か者扱いされたことだ。

■ C-2が失敗作であることは変わらない
 C-2は失敗作だ。できたときには既に能力不足である。それは何度でもいう。

 まずもって褒めるものではない。逆にC-2を褒めているやつは馬鹿にしていい。

 己の評価はそれだ。実際にC-2褒めているヤツは馬鹿しかいない。


■ C-2を褒めるタワケ扱い
 だが2017年4月7日の『中国国防報』によると己はC-2を褒めたことになっている。
"C-2服役后、自衛隊向周辺争端島嶼快速部署重装備部隊成為可能"日本<<軍事研究>>主筆文谷数重如是説。
苗鶴青「日本列装C-2運輸機跨海口」『中国国防報』(2017.4.7)

「C-2を評価した」といった酷い愚か者の扱いに「それはいくらなんでも、それはいくらなんでも」と腹が立ってメモしたものだ。

 屈辱でしかない。C-2ごときで「島嶼戦が有利になる」なんて馬鹿な発言をさせられたことになっているからだ。

 まずはフシアナ東京と一緒にされるのはたまらない。「民航機と同じ速度で飛行可能というXC-2最大のセールスポイント」と公式の苦しい自己擁護を見抜けないような連中と同列に扱われるのは屈辱でしかない。 
スポンサーサイト