FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.07
05
CM:22
TB:0
17:50
Category : 未分類
 山本太郎さんじゃない方は自民党の候補であることを隠したいのだろう。どこを見ても自民党の候補者であるとは書いていない。

 まあ、自民党の看板を見つけられると困るのだろう。山本太郎さんじゃない方に入れるということは自民党に入れるということである。山本太郎さんじゃない方の名前を書くということはアレ政権を支えるということだからだ。

 まずは矛盾を突かれるわけだ。表現の自由(実際はアニメとマンガだけの自由)を主張している。そのくせ表現の自由を軽んじる現与党に所属していることが明らかになるためだ。

 実際に「表現の自由」もどこまで重視しているかも怪しいものだ。山本太郎さんじゃない方は政治的表現の自由、集会結社の自由、内心の自由について全然言及していない。

 それ以外も全然ない。基本的人権、さらには生存権や目下焦眉の急にある貧困問題等には全く言及しない。そのあたりはどんなものかね。

 まなによりも気持ち悪いのはコミケで各サークルまわりで選挙活動してたことかね。広告ビラ等の配布時間は決まっているのだがそれ以降に手下が回ってきて「表現の自由」ではなくて「マンガ・アニメの自由」で賛成してくれとかマヌケを抜かしていたよ。まー選挙活動だよね。

 なんつーかね。猫なで声に騙されるなということだよ。山本太郎さんじゃないほうに入れるということは表現の自由を軽んじる自民党にいれるということだ。

 太郎さんに入れるなら山本太郎さんの方に入れておけということだ。アレは傍目に見ても馬鹿に見えるが邦家の為に命を捨てる、まあ少なくとも手足くらいはモガれるくらいの覚悟をもった器量広量の馬鹿だろう。でかいホラを吹くだろうが言った以上は泥にまみれる努力はする。斎藤隆夫のように皆が黙っていても主張すべきときは堂々と発言する。アレは毒かもしれないが大病には強い薬しか効かない。たいていそれは猛毒である。

 「自民党」を隠すような姑息な蝶ネクタイ野郎なんかよりもよほど社会の為になるもんだ。
スポンサーサイト