FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.08
05
CM:10
TB:0
20:52
Category : 未分類
 ホワイト国排除は捕鯨と同じ負け戦ではないか?

 「日本の正しさが伝わっていない」類の意見からはその雰囲気が漂ってくる。


■ 世界に理解されない理由を他国のせいにしている

 これは経産省OBである細川昌彦さんが「誤解だらけの『韓国に対する輸出規制発動』」で力説している点である。

 その骨子は次のとおりである。
1 日本は正しいことをやっている
2 でも世界に理解されない
3 なぜだろう
4 それは韓国のプロパガンダで負けているからだ

国際的なロビーイングで後れを取っている日本

 ただ、韓国は国際的な世論工作だけはなりふり構わずやっているので、そこには警戒が必要だ。

 WTO一般理事会や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)閣僚会合での執拗な日本批判など、場違いであることなどお構いなしだ。他の国々が辟易(へきえき)していても、臆面もなくやれるのが韓国だ。

 特に米国への働きかけは猛烈だ。米国への仲介依頼のために国務省に猛攻勢をかけて、ポンペオ国務長官も仲介のフリだけでもせざるを得なくなった。さらに米国の産業界にも強烈なロビーイングをして、世界の供給網への懸念を説いて回り、7月23日、米国の産業団体から韓国の意向を反映した意見書まで出させるのに成功している。

 海外メディアへの働きかけもそうだ。日本のメディアの報道もうまく利用されて、世界の産業への懸念を喧伝(けんでん)している。
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00133/00017/?P=3



■ 負け戦の否認

 これは敗北の否認である。太平洋戦争の戦況判断と同じ伝である。

 あるいは最近までの捕鯨問題と同じである。捕鯨は正しいといった珍妙な理屈を振り回していた。科学的には正しいといっていた。それが伝わらないのは反捕鯨プロパガンダに負けたせいだといったアレである。

1 捕鯨は正しい
2 でも世界に理解されない
3 なぜだろうか
4 反捕鯨国のプロパガンダのせいだ

 だが、捕鯨は敗北状態にある。世界を全く説得できず日本主張の非科学性があきらかになった。その結果、IWCから脱退する羽目になった。


■ 「最後の戦いでは勝てる」だって

 ちなみに勝ち目もないのに「100%勝てる」と言い出すあたりも捕鯨と同じである。

 日本も筋論では100%勝てるものの、油断大敵である。こうした国際世論への対策は韓国相手のときには、特にがむしゃらにやらなければならない。

 外交当局も品よくやっている場合ではない。「あれは経産省の問題」との意識がどこかにあると、足をすくわれる。「○○に説明してきました」といったアリバイづくりのような通り一遍のロビーイングで済ましていてはいけない。
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00133/00017/?P=3


 だいたい、既に敗北している様子が窺える内容である。

 「外交当局も[中略]アリバイづくりのような通り一遍のロビーイングで済ましてい[る]」(細川)と述べている。

 これは外務省は勝ち目なしとみているということだ。だから日本にとって、外務省にとって傷が浅くなるように行動している。それを示している。

 まずは各省庁では経産省だけが「勝てる」といっているのだろう。その主張をOBがプロキシしている記事であるということだ。


■ 昔陸軍、今経産省

 この調子では昔陸軍、今経産省である。経産省は勝手なことをするだろう。

 実際に傲岸無礼な対応をしている。韓国から実務レベルで来た担当者を布団部屋みたいな会議室に押し込み、事務的説明会と称しノーネクタイで対応した件はそれだ。

 そして国際会議でも勝手をする。捕鯨のときに農林省と水産庁だけが「勝てる」といって国際会議で勝手に獅子吼したアレと同じことをする。

 その萌芽はすでにある。東アジアの経済会議での世耕大臣の振る舞いはそれである。没落しつつある老大国が、認識上の後進国を脅しつけた様子だ。だが、いまではASEAN諸国の経済成長地帯の賃金は日本の地方賃金を超えている。まずは戯画でしかない。


------------------------------ オマケ ------------------------------

■ オマケ 8%くらいはカルトが影響しているかもね

 なんか、この件はカルトの影響もあるんじゃないかと思うんだよね。

 もちろん日韓の衝突もある。

 でも別に韓国国内でのヘゲモニー闘争があるかもしれない。そして韓国カルトが日本の政権を動かしている。

 その要素はいささかながらあるように見える。10%はないが消費税分くらいはあるようにも見えるんだよね。

 もちろん証拠はない。でも面子見ると何かが鮮明に見えてくる部分もあるんだよね。


■ オマケのオマケ 自称、安全保障の、さんはねえ

 まあ、これは自称安全保障さんの、で見つけた記事なんだがね。

 このアタリを見抜けない、少なくとも疑えないのっておもしろいよね。政府とか政府筋のいうことは全部正しいとして鵜呑みにする。それを覚えるのが安全保障の勉強だと思っている。

 「主権免除は日本政府が国際慣習法であるといってるから国際慣習法なんだ」と主張してたけど、日本政府はいつのまにかその主張を引っ込めていたあたりはなかなか面白かったものだよ。

スポンサーサイト



2019.08
05
CM:0
TB:0
16:02
Category : 未分類
コミケは3日目 日曜日(8月11日) 西し19b 隅田金属

機雷戦と対機雷戦本は印刷所に送っております。事故がなければできるでしょう

2019夏コミ_ブログ用_表紙

2019夏コミ_ブログ用_本文見本


家事ほか諸事おわってパンフ作ります

・ F-15の改修事業って割高じゃね?本
  F-35増勢とか輸出用F-16買うとかJF-17とか買うか別のことにつかったほうが良くね?

・ FFMの対機雷戦能力って多分こんな程度本
  高度な機雷戦はできないけど92%くらいはカバーできんじゃね?

時間が余れば突発で
・ ひゅうがいせってお荷物じゃね?本
  機雷戦指揮艦とか上陸戦指揮艦とかくらいしか
  航空練習艦でもいらないよねと