FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.09
09
CM:9
TB:0
23:50
Category : 未分類
 草莽全国地方議員の会には頭がよい人が集まっている印象はない。直截的には言わないがそういうことだ。

 その印象を補強する既述を発見した。「草莽全国地方議員の会」のWEBサイトにある「日本の自慢」中の「偉人・偉業」の部での既述である。

世界三大巨匠 は国中連公麻呂、ペイディアス、ミケランジェロ・ブオナローティとなっている
 国中連公麻呂 (くになかのむらじきみまろ、- 宝亀5年(774年))は、造東大寺司次官、仏師。百済渡来人完了(徳率)国骨富の孫とされる。
http://soumou.info/jima-06.html


 この記述だけでどーかしている。

 そもそも巨匠とは何か? 芸術系の大人物であることは分かる。だが建築、絵画、彫刻、音楽、文芸を含む概念である。さらに言えば今なら映画やゲームも含まれるだろう。

 その大雑把な巨匠の用字の上に世界三大巨匠をこねくりだし、その筆頭に日本人をいれる夜郎自大である。しかもその業績作品がわからない天平の人物を入れているのである。

 そもそも世界三大巨匠でググっても国中連公麻呂は出てこない。また草莽全国地方議員の会の記事部分の続きとしてコピペされたWIKIPEDIA記事をみても日本語とフランス語の2言語しかない。ちなみに、これも誰?のペイディアスは63言語である。最後のミケランジェロは192言語で記事が書かれている。

 多分、戦前戦時下の「日本スゲー」論で誰かが書き飛ばした世界三大巨匠を鵜呑した無いようなのだろう。

 ちなみに、「日本の自慢」中の「偉人・偉業」の他例は宮本武蔵と岡本太郎と鈴木一郎である。まずはドメスティック臭が漂う選択でしかない。まずはブラジルで「世界で最初に空を飛んだのはアルベルト・サントス=デュモン」といって誇っているのに似ている。あるいは旧ソ連で「世界で最初にTVを発明したのはロシア人」みたいな印象である。もちろん宮本武蔵以下やアルベルト・サントス=デュモンは偉人なんだろうけどねえ。



 まずは草莽全国地方議員の会の水準が知れるというものだ。草莽崛起とか吉田松陰ヨイショで松陰先生とか言っている奴は大概ホニャララであるといった評価は誤っていなかったと安堵するものである。
スポンサーサイト