FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.01
08
CM:11
TB:0
23:04
Category : 未分類
 加藤AZUKIさんの主張の誤りについては従来よりも指摘してきたとおりである。世情に詳しい自称現実派が夢見がちな理想論者を論破する。そのような発言が大好きな様子だが、現実派として訳知り顔で開陳する知識には誤りが多い。

・ 「ボールペンのチップはスイス製機械で作る」は常識じゃないのかな
・ 「太陽光はペイしない」ように逆計算する加藤AZUKIさん
・ いいわけの中身と資料と矛盾しているよね
・ カタール問題でエネルギー飢饉を主張する加藤AZUKIさん
・ 産業連関表を確認しないで農業を論じる加藤AZUKIさん
・ 「防衛費に口を出す財務省は統帥権を干犯している」(加藤ADUKI、キクマコ)だって


■ いまどき「石油がなければプラスチックは作れない」(加藤)

 その加藤AZUKIさんがまた誤った知識に基づいた主張をしている。イラン問題に関して「石油がなければ樹脂は作れない」と言っているのがそれである。

加藤azukiナフサの件

加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談@azukiglg
「中東からの~」って話が出るたびに、「再生可能エネルギーを増やせば対応できる」とかいう人がこの9年間で増えたけど、原油の用途って「樹脂(プラ)、フィルム(ラップ)、インク」その他様々な素材原料になったりするし、車を電気自動車に置き換えても艦船の運用には不可欠だし……
https://twitter.com/azukiglg/status/1214893901552615425



■ 天然ガス由来エチレンへのシフトをご存じない

 だが、その主張はやはり誤りである。あるいは相当に古い。未だに「ポリマー素材の原料はナフサだけである」といい出している。「原油の用途って『樹脂(プラ)、フィルム(ラップ)、インク』その他様々な素材原料」」(加藤)はそれを示している。そして加藤さんは原油(正しくはナフサ)がなければこれら製品は作れないと主張している。

 だが、現在では樹脂材料の原料も天然ガスにシフトしつつある。

 理由は安いからだ。石油は天然ガスよりも高い。ナフサを樹脂材料に使うよりも天然ガスを樹脂材料にしたほうが安い。またそうすればナフサはより高価なガソリンとして売れる。そのような構造にあるためだ。

 これはすでに世界の潮流である。特にタダ同然で米国では樹脂原料はシェールガス由来のエチレンにすでにシフトした。また天然ガス産出国や原油価格非連動の天然ガスを入手できる国もそれに倣いつつある。

 その点で、原油の樹脂材料としての用途は代替できないとする加藤さんの主張は時代遅れなのである。


■ 艦船も液化天然ガスにシフトしつつある

 さらにいえば「車を電気自動車に置き換えても艦船の運用には[石油が]不可欠だし……」(加藤)も誤りである。時代を反映していない。

 最近の外航船はやはり天然ガスで動くようになっている。正確に言えばLNGディーゼル化が進んでいる。

 これは舶用エンジン由来のSOXほかが問題視された結果だ。外航船の排ガス国際規制は今年から強化される。

 それを見越してここ10年でLNG燃料ディーゼルは急激に発達してきた。

 そして、LNG舶用ディーゼルは新造船の多くに適用されるようになっている。

 つまり、「艦船の運用には[石油が]不可欠」(加藤)もまた時代遅れの主張なのである。


■ なんつーか30年前の週刊誌で仕入れた知識臭くてねえ

 まあ、なんというか加藤AZUKIさんの知識ってことごとくが30年前の週刊誌で仕入れた感じなんだよね。コミケ医者とかあのあたりはみんなそうなのだが、それで「ぼくは事情通ですエヘン」としている。

 原油がなくなればナフサがなくなりプラスチックが作れなくなるなんてまったくそれ。将来の樹脂材料として一部の油田は保存する必要がある云々の話があった。

 ちなみに当時から反論もある。石炭からエタン作ってエチレン作ればよくねといった意見はあった。

 そしてそのとおりとなった。その原料は採掘輸送コストやハンドリングを含めて総合的にさらに安価な天然ガスに移っただけの話である。

 そもそも初期のプラスチックは石油ではなく石炭から作っていたのだけれども、それもご存じないのだろうよ。
スポンサーサイト