FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.02
11
CM:3
TB:0
21:44
Category : 未分類
 天文台が軍事研究を断る。それなら餓死したほうがよい。その覚悟はカッチョいいものだ。

 信念を貫くことは立派である。だから後世に高く評価される。渇しても盗泉の水を飲まず。遂に首陽山に餓死する。これは漢文の授業で何回も読んでいる。そのたぐいだ。また歴史でも方孝孺の故事として出てくる。

 まずは君子士大夫の振る舞いである。


■ 軍事研究に協力しない態度は「笑っちゃう」(CHIN)だそうだ

 それを世渡り下手と馬鹿にする。フォン・ブラウンのように利口なら信念なんて捨てるという。

 まずは君子の主張ではない。しかもそのような枉げた振る舞いを賢いとする。世渡り上手の大人の取るべき道であると信じている。

 それがCHINさんの主張である。軍事研究の正邪は置こう。だが本人が悪として拒否している。その信念を小馬鹿にするのは大丈夫の振る舞いとはいえるものではない。

chin@chin_1stLT
これで一番笑っちゃうのは、天文学に確実に大きな功績を残したフォン・ブラウンにしろ、セルゲイ・コリョロフにしろ「金に貴賤はない」「金払わないやつは黙ってろ」を実証しているってところかなw
(まぁ、ご両人とも「天文学者」ではないけどさw)
あと、防衛に関わる人への完全なる職業差別だよね
NNNドキュメント【公式】@n_docu
2月9日深夜の #NNNドキュメント は
『カネのない宇宙人 信州 閉鎖危機に揺れる天文台』制作 #テレビ信州 語りは舞踊家 #田中泯 さん
財政難で追い詰められた天文台が平和の理念を覆す軍事研究の検討を始めた…困難に直面しながらも #宇宙 への情熱を燃やす科学者たちに密着!
#国立天文台野辺山

https://twitter.com/chin_1stLT/status/1227023723749732352


 本人は賢くカッチョいいと思っているのだろう。「一番笑っちゃう」(CHIN)や「ところかなw」(CHIN)のあたりでもそれは伺える。自分は賢いリアリストである。その立場から想像上の頭の悪い軍事研究反対者を論破している。そのつもりなのだろう。

 だが、実際には真反対だ。「敵対者はすべて『愚物の小物』であると信じている『○○○○○』な御仁の言動」であるためだ。

 尊敬できる敵対者はいる。それを知らない故の発言でしかない。


■ CHINさんの発言そのものが「防衛に関わる人」(CHIN)を矮小化しているよね

 それは防衛の当局者からみてもそうである。尊敬できる敵はいる。防衛や自衛隊への反対者にも立派な人はいる。それは防衛の当局者でも知っている。

 また自衛隊が嫌われることがあることも承知している。旧日本軍隊のふるまいから軍隊機構への嫌悪がある。また騒音等で迷惑をかけている。だから故ない反発ではないことを知っている。

 科学者や技術者が軍事協力を嫌うのもそれだ。日本軍国主義や敵味方を問わず向けられた非人道行為に協力させられた反省あったのことだ。

 だが、CHINさんはそれを知らない。自衛隊をヨイショしない。軍事研究を遠ざける思想はすべて罪悪であると信じている。「あと、防衛に関わる人への完全なる職業差別だよね」(CHIN)はそれを示す発言である。

 そして、それはCHINさんがヨイショする自衛隊担当者を矮小化する発言でもある。実際に周辺対策や政策担当で「防衛に関わる人」の努力や見識を理解し得ない。そのような言動でしかない。
スポンサーサイト