FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.03
02
CM:12
TB:0
23:13
Category : 未分類
 『映像研には手を出すな』ばかりを見ている。

 当初は主題歌で混乱した。NHKだけではなくTBSのラジオでも歌手のタイアップ番組していて1月からEasy Breezyが流れている。最初は両者を見聞きするたびにどこかで聞いたようなと混乱いていて同じ曲だと気づくまで2日3日かかった。

 話はまったくよろしい。萌えなしでもアニメは充分にできる。異世界転生の必要もない。むしろ萌えなしは有利である。子供も愛好者になるし女性も愛好者にできる。潜在的な顧客が多い。あるいは厚いといってもよい。酷日本ことクールジャパンに本当に出すべき日本製アニメはこのようなアニメだったのだろう。

 ただ、その上でいえばアレは己に大学時代を思い起こさせる話なんだよね。大学ではアニメ研、WAFLにいた。アニメを作るサークルだ。己は駄話要員でクリエイター志望でもない。だが、佐藤竜雄の後輩連がアニメを作る手伝いはしていた。撮影と色塗りを手伝う、ごくたまに割りを手伝うくらい。趣味としては会誌に好きに書いていたらそっちがメインとなって今に至る

 しかも、映像研作品は大学生の自主制作の水準にあわせている。内容的には超絶しているのだけれども素朴さをそこにあわせている。

 それがまたノスタルジーを呼び起こすわけだ。繰り返すけど己は駄話要員にすぎない。要は授業間や授業後の所在としていたわけなのだが。大学の今はない第二学生会館でチマチマ作っていたその場所にいた。その25年前の記憶が呼び起こされるのである。


 まー、朝遅く起きて汽車のって授業前に国会図書館に行ってあとで大学行って図書館よってWAFLで駄弁って江戸川橋みつぼで一杯飲んで帰るのが学部の授業期間の学生生活だった。第二学生会館ではアカペラ歌っているのがいたが、アレは多分、西寺郷太だったのだろう。
スポンサーサイト