FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.07
31
CM:14
TB:0
11:09
Category : 未分類
 スキンヘッドという名のカツラの悪口はあまりにも単調ではないか?

 結局は「文谷はJF-17を買えと言っている狂人」しかないからだ。

竹内修@otfsx1228
9時間
防衛装備品の導入を含めた安全保障のあり方は、常に議論されるべきだけど、なんでもかんでも批判から入ろうとすると、その末路は日本はパキスタンからJF-17を買えみたいな事を言う、狂人だからな。
https://twitter.com/otfsx1228/status/1288856781490229248

竹内修@otfsx1228
まあ大東亜戦争開戦よりもアベノマスクが悪いとか、日本もJF-17を買えとか、同じように素っ頓狂な事を言ってても、片方はそこそこいいギャラをくれる朝日のweb論座、もう片方はろくずっぽギャラが出ないんで過疎化してるJapan-in-depthってあたり、世の中ってヤツは不公平だよな(笑)
https://twitter.com/otfsx1228/status/1288476978329169920

竹内修@otfsx1228
まあオツムと目ん玉が腐ってなければ、日本もJF-17を買うべきってな、閉鎖病棟から聞こえる叫び声(笑)みたいな事は書けないわな。
https://twitter.com/otfsx1228/status/1288303161891909633

竹内修@otfsx1228
みんな、F-35の代わりにSu-27を買えって意見で驚いたり笑ったりしちゃアカン!
世の中にはF-35の代わりにJF-17を買えって軍事研究に書いちゃう、クレイジーな軍事ライターだっているんだぞ!(笑)
https://twitter.com/otfsx1228/status/1150788792665534471



■ なぜJF-17を買えが狂人なのかの説明がない

 そしてなぜそうなのかの理由がない。「日本はパキスタンからJF-17を買えみたいな事を言う、狂人だからな。」(竹内)とはいうものの、なぜJF-17購入を主張すると狂人となるかの説明は一切ない。

 本来ならJF-17購入の主張は次の理由で間違えているがあるはずだ。だがそれがない。

 あるのは単なる非常識という論難だけだ。「仮想敵国の戦闘機を買うという主張は常識的ではない」というだけ。その程度の中身しかない。

 それ以上の理屈は作れないわけだ。

 仮に作っても大したものではない。

 以前は将来は人口減でパイロット確保に窮するから低性能戦闘機はないと主張した。

竹内修@otfsx1228
日本には戦闘機の定数が定められていて、将来的には戦闘機パイロットの確保が困難になるって現実を理解してないのはお話にならないし、そもそもLMさんにもサーブさんにも、日本に提案する気がさらさら無い訳で、まああんなもん世間の狭いインテリもどきの痴人の夢(笑)ってヤツでしかないんだけどな。
https://twitter.com/otfsx1228/status/1051439829961981953


 だがすぐに引っ込めている。人口減になればなるほど人員は重要分野である空自やパイロットに傾斜配分される。また声優志望と同様にパイロット志望者もいくらでもいる。その当たり前の内容に気づいたからだろう。

 そして以降には「JF-17を買えと言っているから狂人」しかない。


■ そもそも書き物の内容もね

 ちなみに主張を支える理由を列挙できないあたりは商売ほかの書き物を読んでも同じだ。

 結局は「誰それがそう言っている」だけしかない。オレは海外で取材をしているといっているがそれだけ。

 本来なら資料批判とかあるもんだけどね。そう言っているのは業界団体だけとか、別の業者の主張と矛盾しているとかを探すはずだがそれをしない。ただそれっぽい人の話をオウム返しするだけ。

 最近なら「2回目の緊急事態宣言はない」なんか全くそれだ。「[財務官僚あたりが]そう言っている」しかない。そしてそれを信じ切っている。

竹内修@otfsx1228
霞ヶ関の某役所に行ってきたんだけど、滞在中、ずっとマスク着けてなきゃならなかったんで、体力の消耗が著しい…
https://twitter.com/otfsx1228/status/1281519916076560389

竹内修@otfsx1228
先週くらいから、メディアやSNSに垂れ流されてる、ゴミみたいなもんとは異なる情報にアクセスできたり、掴める能力を持った組織の方々とお会いできるようになったんだけど、彼らと話をする限りにおいて、緊急事態宣言の発出が必要な要素は、見出す事は出来んのだよな。
https://twitter.com/otfsx1228/status/1281522768446492673

竹内修@otfsx1228
[コロナで]再封鎖されると思ってるあたりにも、墨金がいかに現実から離れた場所で生きてるかがうかがわれるし、そうでなきゃあんな妄想は書けんわな(笑)
https://twitter.com/otfsx1228/status/1285392279457259520


 ホントに批判的に読み解けないし自分で判断しようとしていないわけだ。状況との矛盾とか感じないのだろう。そのあたりなんつーかね、10万円配る前に「日本政府はバラマキなんか絶対しない、政府自民党の偉い人から聞いた」と得意げに発言するようなものだね。
スポンサーサイト



2020.07
31
CM:2
TB:0
09:37
Category : 未分類
 今週は国会図書館に2回当籤したので火曜木曜と2回行ってきた。

 汽車もそろそろ危なかろうと1回目は車で行ったが朝の渋滞で往生し9時につくだろうところで10時半となった。

 それにコリて昨日は空いている10時過ぎくらいの汽車に乗ろうとした。すると家出寸前に地震速報を食らった。ダイヤが回復するか怪しいので調べたところで一本遅れた。

 そこでまた拾える限りを拾ってきた。火曜にたいがいを複写しといたので木曜は余裕があった。だから新聞縮刷版を1時間位読んだ。10年くらい前から3年位掛けて昭和10年以降を一回全部ざっと眼を通した。最近は50年代と60年代と70年代と80年代の1年分をかっつり読むやり方で二週目に入っている。

 そこで「スパゲッティ炭焼き風」を見つけたよ。
 上水幸子「家庭の味 スパゲッティ『炭焼き風』」 『朝日新聞』 1977年7月17日朝刊 p.17

 でもねえ、カルボナーラを先に食わないと相当に違うものができるのではないかと思ったよ。

 だし巻きたまごの完成形を食べたことないとだし巻きたまごは作れないようなもので。材料調味料手順火力をだしても完成形がわからないとカチカチに焼かれたり生だったりするわけだから。

 あとは堀江正夫議員の運動員逮捕も発見した。この人陸自出身の参議院全国区の人で昭和62年ころの陸主海従論で防戦必至となり陸自は政治力をつけないといけないといった人なんだが、77年の選挙のときに運動員やった元陸将と元2陸佐が買収でおロープといった内容、

 まあ陸自は今でも選挙にはのめり込むからねえ。統合部隊で「自衛隊の利益も考えて投票」とか行って海自隊員に怪訝な顔されて面食らった隊長もいたよ。

* この記事、11字50分に投稿したけど内容は埋め草みたいなもんだから時間はいじって9字50分にしてある。
2020.07
25
CM:7
TB:0
14:53
Category : 未分類
 JAPAN IN-DEPTHで「太陽光発電に負ける石炭火力」を書きました。
・ https://japan-indepth.jp/?p=53014
・ https://news.yahoo.co.jp/articles/21ad0ceb0c7cb31d021c72e5e1187c66e86d4fd7

 「石炭火力の縮小は経済性が原因だから日本政府が望む残置はないよ」といった内容です。環境問題があるけど低コストならアレ政権は脱却なんか望まないしね。

 実際に25年過ぎから電力構成は急激に変化するんじゃないかな。価格見直しは必然なので「蓄電池を使えば安価な昼間電力が使えるようになる」となると急激に普及する。自家用購入だけじゃなくて投資が集まる。日本には投資先がない金がいっぱいある。昔て言う公定歩合0.005%とは金借りても投資する先がないということだ。

 地代も問題とはならない。都市部や通勤圏のそとにはほぼタダの土地がある。使ってない農地もある。いずれは条件付きでパネルを置けるようになる。

 もう一つは地球温暖化問題解決のとっかかりができたと書こうと思ったけど、一つの文章に2つの主張入れるとわけわからなくなるから書かなかった。

 そして三菱重工が潰れるとも書きたかったけど、まあそれ書くとナンだから「特に発電所設備に力を注ぐ会社は婉曲的に言えば深刻な影響を受けることとなる。」と書いた。商船もダメ、ヒコーキもダメ、火力プラントの製造販売もダメとなるとねえ。ホント、三菱で好調なのはジェットストリームの三菱鉛筆だけだねえと。

 なお、三菱を想定した部分について
------------------------------
特に発電所設備に力を注ぐ会社は婉曲的に言えば深刻な影響を受けることとなる。高圧大型ボイラ火力発電所だけでしか使わない蒸気タービンは、加えて原発でしか使わない設備である。
------------------------------
は、最後のコピペ時に句読点を消してしまったミス。

もともとは下みたいに「使わない。蒸気タービン」とするはずだった、
------------------------------
特に発電所設備に力を注ぐ会社は婉曲的に言えば深刻な影響を受けることとなる。高圧大型ボイラ火力発電所だけでしか使わない。蒸気タービンは、加えて原発でしか使わない設備である。
------------------------------


 
2020.07
24
CM:0
TB:0
00:02
Category : 未分類
 大躍進とベルリンの壁には関係があるのではないか?

 中国と東ドイツの交易からするとその可能性がある。

 新中国はDDRとそれなりの規模の貿易をしていた。中国は東独製の製品を欲しがった。産業機械や工業関連技術、肥料、細かいところでは写真用フィルムだ。これは漠然と想像できる範囲にあるだろう。そしてあまり言及されないが東独も中国の産品を欲しがっていた。特に大豆を筆頭とする食用油脂である。

 その食用油脂が大躍進で入手できなくなった。その理由は経済混乱だけではない。人民食堂無料化による食料資源の大量消費や、それにより余った人民購買力により農産物購入が増えた結果、輸出余力がなくなった結果である。

 結果、東独はマーガリン製造に窮した。敗戦国である東独ではバターは望めない。だからマーガリンで代用していたが、その原料は中国産大豆や落花生に依存していたからだ。

 このマーガリン不足も東独の国民不満を加速する原因となった可能性があるのではないか? といった仮説である。

 多分、日本語、英語、ドイツ語の新聞で調べればあるていどはわかる。60年代前後に「東独ではマーガリン不足が問題化している」の記事があれば、まあそうは言える。

 ちなみに60年代に入ると反修正主義闘争で中国は東独ほか6カ国との貿易を絞るようになる。東独はそれに困り「1956年の水準に戻してくれ」と周総理に泣きついているけど、貴意に沿い難いとにべもなく返されている。

 そして中国と東独の貿易は味気ない形となる。社会主義兄弟国の間の協力関係ではなく政治対立を加味したソロバンづくとなる。硫安とカメラ・フィルムをほしいといった中国に東独も輸出余力なしと回答している。同時期の資本主義国との間の友好商社を介した貿易よりも冷酷な形だろう。

 ちなみに、硫酸铵が硫安、硫酸アンモニウムであることは何の障害無しで理解できたか、胶巻が写真用のフィルムがググらないと分からなかった。あとは東独ほか6ヶ国の捷と保かな。捷は文脈からチェコスロバキアだとアタリがついたが保がブルガリアとは思わなかった。波がポーランドだからポーランドじゃないしまでは追い詰められたのかね。

 どうでもいいけどチェコスロバキアはチェック・スロバカイだよねえとかポーランドはポーレンだよねといった転換がたまに浮かぶ。30年前の学部時代に3年やっただけのドイツ語で覚えた内容だが今でもね。たぶん京城(けいじょう)や高雄(たかお)のように現地で使えないベーメンとかケーニヒスベルクとかポンメルンとは違って使ってもあまり問題はないのだろうけど。
2020.07
21
CM:14
TB:0
13:14
Category : 未分類
 スキンヘッドという名前のカツラが「緊急事態宣言はない」といっている。

@otfsx1228
再封鎖されると思ってるあたりにも、墨金がいかに現実から離れた場所で生きてるかがうかがわれるし、そうでなきゃあんな妄想は書けんわな(笑)
https://twitter.com/otfsx1228/status/1285392279457259520


 これは、アレ気な航空・鉄道マニア支持者の発言に答える形である。
おやかりんぐ@oyakaring
東京再封鎖に備えて国会図書館で8時間粘ってきたのだけれども - 隅田金属日誌(墨田金属日誌) http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-2333.html?sp
東京再封鎖とか緊急事態宣言再開を煽ってんじゃねえよ
https://twitter.com/oyakaring/status/1285390373808832513

発言群からすれば巨人帽かぶって一眼レフでヒコーキの写真とりに行く感じの御仁なんだろう。なぜか持病を抱えているやつほど自ら持病を示して誇る不思議があるが、それを書いて誇る顔も含めてお気の毒だから特段に悪くは言わないでおく。


■ いつもの強がり

 「再封鎖は現実にはありえない」(カツラ)は時節に乗った程度のいいようである。そこらへんで言われている「緊急事態宣言なんか意味ない」やら「経済が死ぬ」、「政府は考えていない」に乗った形だ。

 なんにしてもいつもの髪型同様の強がりでしかない。「おれは情勢に詳しい」「現実主義である」「世間摺れしている」と頑張って振る舞っているアレだ。

 でもまあ、当人も内心はそれなりに準備してんじゃないかね。東京限っての営業自粛や外出自粛が掛かると厄介になるものだ。だから可能性1割でもあれば先々で必要となるものは今のうちに入手しておく。それくらいの知恵はあるだろう。


■ 頭の使い方も粗雑になるね

 あとは「(笑)」の常用も限界が垣間見えるものだ。「(笑)」やら「(w)」の類は否定する感情の表明だが背後には論理で他人に対抗できないフラストレーションがある。そして「(笑)」を常用しているうちに相手を否定できればそれで満足してしまう。仮の論理も立てなくなるわけだ。まあ頭の使い方が粗雑にもなるね。

 そしてそれを真似る崇拝者もねえ。考えないことを免責されるわけだからやめたほうがいいとは思うのだが、スキンヘッドという名前のカツラを崇拝する程度だから言っても無駄だろう。
2020.07
20
CM:5
TB:0
15:07
Category : 未分類
 国道16号に柏トンネルがある。ラジオの交通情報でそこが渋滞していると伝えている。





 だがねえ、なんでトンネルにしたのかね。単純に山をV字に切ってオープンカットにすればよかったのに。

 あと16号千葉で渋滞と言えば呼塚交差点なのだが、柏/藤ヶ谷の3術校勤務のときに教育3部で「よばづか」と呼ぶと間違いだ「よびづかだ」と言われた。

 でも子供の頃からラジオでは「よばづか交差点」といっており今でもそう読んでいる。逆になんで「よびづか」と読んでいるのかが分からなかった。

 地上救難の自動車教習員が「よびづか」とでも読んでいたのかねえ。

 そういえば、その前の学生時代にその自動車教習所で世にも奇妙な自動車教習を受けて特殊な免許をとったことがある。敬語で指導される教習なんて初めてだった。反対に海士課程は外出日の次の日に「昨晩酒を飲んだもの」で誰か挙手すると連帯責任で宇宙服を着て教育三部を1時限走るという。32分隊の施設課程や写真課程も「31分隊/AB課程は恐ろしいところだ」と言っていた。

 そして八戸に帰り施設班長となるともっとすごい教習が出来した。部下に陸自自動車教習所に差し出す指導員がいた。しかも当時2海尉だったが自動車教習所の所長は3陸尉でそのうえ当時は海自が闇整備していた。

 だからまあ当時はなんでも通った。飛行機の事業用2種免を持っている基地隊の1佐司令やヘリパイの2佐副長が就職援護と称して部下である海曹教習員の指導下で(多分つかわない)大特の免許をとるときはまあね。

 もちろん時数は全部キッチリ消化しているし見極め等も法令通りなので問題はないんだけどね。
2020.07
17
CM:1
TB:0
00:32
Category : 未分類
 東京再封鎖はあるかもしれない。

 だからそれに備えて国会図書館で朝10字入り18字近く出と8時間粘ってきた。

 だから眼が死んだ。まず調べ物で出てきた雑誌がやたらと字と図が小さい。そして疲れたあとも気分転換と称して次の請求分が来るまで朝日新聞の縮刷版読みに行っているのだからどうしようもない。ゆうちどり退役の77年7月18日夕刊の「最後の海軍船退役」とか20日朝夕刊の南太平海でネッシーの死体捕獲、クロノサウルスか?の記事とかそんなのメモしたよ。

 とにかく眼がキツイ。もっと気楽なものを読みたい。
 
 よく考えたら図書でマンガ請求すればいいのではないかと気づいたものだ。だから昼をしばらく過ぎてから、高岡閉店によりどこまで読んだかわからなくなっている『砂ぼうず』と『ダンジョン飯』と『ランドリオール』の最新号を読んだが、『砂ぼうず』は5年前の段階で止まっており『ダンジョン飯』は最新巻だけが読んでなくて『ランドリオール』は最新巻読んでいることが分かった。

 そのようにしている間に雑誌請求と新館と本館に分けての複写請求を繰り返した。再封鎖になってからガッツリ読むための在庫を作る必要がある。ちなみにコピー代で1.5万円くらい消えたけど仕入れだからね。

 ただ、終わったあとの食事がねえ。「再封鎖となれば東京でメシ食えるのもしばらく無理」と考え、神保町の川国志で麻婆豆腐のスペシャル激麻辣を頼んだ。そして再封鎖に備えてもう一つ食っておきたい排骨麻辣麺のスペシャル激麻辣も注文した。麻辣の上に麻辣を頼む形だ。

 なんにせよ激麻、激辣そのものは大好きである。まったく苦労ではない。スペシャルで口腔内が馬鹿になるほどの麻婆豆腐だが中毒なので躊躇せずにオーバードーズした。

 ただ、量食ったせいで逆流がねえ。軽い逆流食道炎のヶがあるのだが、帰りの汽車で僅かな逆流が起きたが、その時に食道が麻辣になった。麻辣×2のせいで胃が麻辣で充満していたのだろう。辣はともかく麻の感覚が新鮮であったよ。

 あとは油もののキツさがね。どっちも辣油そのもののようなものだ。家に帰ってから3gの重曹を2回飲んだにも関わらず日付変わって今この時間も胃で油と塩酸が喧嘩している状況にある。
 
2020.07
13
CM:10
TB:0
20:11
Category : 未分類
 まあ、尊敬できない御仁が尊敬できない発言をしていたわけだ。その点で特段の驚きはない。

 だが、そこに人付き合いの分別すらない。ご本尊の尊敬できない認識はさておく。ただ、それを言いだすとどうみられるかすら分かっていない。

 今回からすれば、かの小野寺まさるに乗っかった民族アイヌ否定論である。

小野寺まさる@onoderamasaru
ウポポイ・多民族共生空間に行って参りました。全てが驚きの連続(悪い意味で…汗)でした。アイヌが先住民族では無いと思われる展示も多々あり、200億円以上の血税が使われた国立民族博物館がこんな有様なのかと呆然としました。
(OK印の短刀やマカサリが展示される謎のアイヌ文化…)
https://twitter.com/onoderamasaru/status/1282242058363695105

小野寺まさる@onoderamasaru
アイヌを弾圧したために幾つかのアイヌ文化が禁止されたのは事実だ。例えば死人が出るたびに家を燃やす文化、毒矢の仕掛け罠を用いた猟、顔への刺青、酋長の妾を3人までに制限、風呂に入らない文化の改善…等々、理にかなった禁止しかなく、アイヌ語やアイヌの踊りを禁止した歴史など無い。
https://twitter.com/onoderamasaru/status/1282442036801499138


Calci@Calcijp
やっぱりね>ウポポイ。
だいたいアイヌの家を再現した展示の床がなんで合成木の板張りなんだよ。ワックスでピカピカだよ。
https://twitter.com/Calcijp/status/1282601565140865025

Calci@Calcijp
嘘の歴史を捏造するのも立派な文化破壊ですよ。まともな研究者は反対しなかったのかね。
https://twitter.com/Calcijp/status/1282602789261041666

Calci@Calcijp
アイヌは先住民族かどうかも怪しいんだよなあ。
https://twitter.com/Calcijp/status/1282606532429901824


CALCIさんのアイヌ認識


 コミケ医者はこのような御仁であるということだ。

 もちろん本人の思想信条は勝手次第である。小野寺まさるの尻馬に乗り、同様に尊敬できない認識を自ら高言するのも自由である。

 ただ尊敬できない視線を向け、尊敬できない態度を示してやればいいだろう。

 これは、そのコミケ医者をもてはやすあたりも同じだ。まずは御同類ということである。そのようなヨイショ連も軽蔑してしかるべきということだ。
2020.07
09
CM:7
TB:0
13:33
Category : 未分類
 マンガ表現の自由だけを貰えればよい。そのために表現の自由を圧迫する政権に近づき業界限りのお目こぼしを求めている。赤松健さんが批判される理由はそれだ。


■ 「努力しているから偉い」のアレ

 だが、それが見えずに「努力を馬鹿にするのか」と憤る御仁がいらっしゃる。

 例えば次のような発言をされる方だ。

イシガキタカシ@IshigakiT
赤松健氏の目的が利権しゃぶりだぁ?
漫画家をまとめて政治へのロビー活動をし、絶版漫画の保全や同人を守る事業もしつつ、漫画家協会の理事としての仕事もこなし、それらを10年以上ものあいだ自分の連載を抱えた上で(!)継続してるんだぞ。
利権なんぞと釣り合うわけがない途方もなさがわからんのか
https://twitter.com/IshigakiT/status/1280791412758339585



 でもねえ、それなら竹中ヘーゾーさんは20年以上も政治へのロビー活動を頑張っているよね。その憎まれようや得られる収支もまずは個人的な利権は超えている。まずは新自由主義の楽園のためといった宗教的な情熱で動いているわけだ。

 その点で赤松健さんと変わるものでもない。ならば竹中センセイも褒めてあげるべきではないのかね。


■ 方向性と路線が駄目なら努力しても駄目

 努力していても方向性と路線が間違っていれば肯定評価できないということだ。

 表現の自由ではなく「コンテンツの自由」(山本太郎さんじゃない方)に傾いているあたりで方向性が駄目、路線も「権力におめこぼししてもらうのです」のあたりで駄目だ。

 だから慧眼の士の批判を受けているわけだ。

 それが見えないあたりはどうかしている。理解力が足りないわけだ。


■ 「批判者こそ利権を狙っている」は貧弱な想像力の限界だよね

 そして自分の理解できる狭い範囲での合理化を試みる。「批判者こそ利権を狙っていて邪魔な赤松センセーを排除しようとしている」といいだす

 例えば、かのOOI@N_Mさんの発言は全くそれである。

ooi@n_m@JDSDE214
(赤松健氏の目的が利権しゃぶりと言うツイートを見かけたが、なるほど、そう言う旗頭を立てて利権をしゃぶりたいのだろうなあ、としか見えない、党派性の違いからの非難は良く言っても邪推にしか見えないので気をつけような。)
https://twitter.com/JDSDE214/status/1280991935130296320


 実際に国立マンガ図書館(NDLじゃやないほう)を求めているのがどっちかを見れば利権追求に近いのは明らかなのだが、OOIさんあたりは「党派性の違い」(OOI)からまずは見えないのだろう。


■ オタク頭になろうとしているよね

 まあ、経済的利権はともかく名誉欲はすごそうなものだ。赤松さんの方向性を追うと、その最終目的地はオタク圧力団体会長への出世ではないのかね。オタクの代表者ヅラをしたい。オタクに関する決定の全てにプレイヤーとして関与したい。そのあたりではないかな。

 一言でいえばオタク頭だね。政権におもねってオタク支持団体のかしらとなる。まずは江戸時代の被差別民の棟梁として君臨した長吏頭に似たものではないかね。浅草弾左衛門は差別構造の上で利益を得ていた。それと同様にオタク頭にも実利もついてくるだろうね。ビデ倫もそんなものだろうし。
2020.07
08
CM:3
TB:0
22:49
Category : 未分類
  ふと思い浮かんだのだけれども60年代東南アジアのフラフラ感って日本占領と米国不占領のせいではないかね。

① 日本が戦争で東南アジア地区を占領した
 1 英蘭を追い出して仏印で仏のメンツを潰した
 2 日本にとって都合のよい限りにおいてナショナリズムを涵養した
   ついでに地元勢力に軍事訓練を施した
 3 日本の収奪により左派・民族主義を刺激した

② 東南アジアは弱体化した英蘭仏が再び支配した
 1 現地人は日本に負けた英蘭仏をそれほど怖がらなくなっている
 2 日本支配時に涵養された民族主義者や土豪勢力は英蘭仏と戦い独立しようとした
 3 同じく日本支配時に涵養された左派・農民・労働者勢力も植民地主義と戦おうとした

③ そのため米国の保護は及ばななかった、つまり各国独立後にまともに面倒を見る国がない状態となった
 1 英国はマラヤ共産党を抑えたのが限界であとはなにもできない
   香港は中国と妥協した
   スエズを失った
   シンガポールのコントロールもできなくなった
 2 蘭は東南アジアにほぼ影響力を及ぼせなくなった
 3 仏は完全に影響力を失った

④ 結果、新中国やソ連の影響力に敏感に反応する地域となってしまった
 1 新中国成立により各国共産党は勢いづいた
 2 中国の核実験成功によりインドやオーストラリア、ニュージランドを含む旧英植民地は不安を抱えた
 3 英国のシンガポール、アデン撤退とソ連のインド洋展開による影響

⑤ 地域が安定するのは米国の影響力が及んで以降
  ベトナム戦争関連で米軍事力が地域に及ぶと途端に安定の方向に進んだ
 1 米軍のタイ進駐、シンガポール寄港、ドミノ理論対策としての各国への関与
 2 米に協力しての豪新のベトナム派兵、そしてANZUS体制の確立
 3 米国関与の下で英豪新馬星とオマケとしてのブルネイも含めた五カ国防衛取極成立
   多分、ここには核の傘の提供の含意もあるはず


 ちなみに、インドも似たようなもの。絶対的支配者の英国がいなくなるとやっぱり困る
 例えば中国核実験にビビってインドは英国に核の傘を求めている。

 ついでにいえばそれ読んだ時に、時のインド首相の名前はLal Bahadur Shastriで、ランバ・ラルのラルだと思った

 また当時にはマウントバッテンが参謀総長やっててアジアで英国の能力を超えるような施策を進めようとしているあたり
 やっぱ舐めてかかっている感がねえ、南アジア、東南アジア政策では総督のつもりなんだろうね
2020.07
07
CM:3
TB:0
12:23
Category : 未分類
 同人誌に関しては以前から防衛省内の三陽堂にもおいてもらっております。市ヶ谷の厚生棟にある本屋さんです。


本誌表紙

 今までは4種類、下の1~4番まででしたが5番と6番もおいてもらいました。

 1 駱駝峰航空輸送戦(No46)
 2 F-35Bは正規空母を滅ぼす(No47)
 3 七戦七捷から淮海決戦まで(No48)
 4 海自新空母は大型化を指向する(No49)
 5 機雷戦と対機雷戦(No50)
 6 日本海軍力は海南島を狙う(No51)

■ 東方書店と、とらとメロンと、アマゾンでも

 紙版はほかにも

・ 東方書店; 神保町すずらん通り東京堂ななめ向かい (通販/店頭)  https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=9900010346&bookType=jp

・ メロンブックス(通販/店頭) https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=323545
・ とらのあな(通販/店頭)  http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/59/79/040030597943.html


 電子版はアマゾンでも扱ってもらっております

・ アマゾンキンドル https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B086632SGS
2020.07
02
CM:15
TB:0
01:55
Category : 未分類
 松浦晋也さんが香港情勢に対して純朴な正義感を表明している。中国は悪いことをした。だから衰退するとのことだ。

松浦晋也@ShinyaMatsuura
中国の躍進は、鄧小平が示した「豊かになれる者から豊かになれ」の理念より利益の現実主義から始まった。香港の制圧は、中国政府が一国二制度から得られる利益よりも、ひとつの大中華という理念を優先したことを意味する。これは歴史の転換点になる。今の中国はここから衰退に入ると思う。
https://twitter.com/ShinyaMatsuura/status/1278127795269320704

松浦晋也@ShinyaMatsuura
中国の経済発展は、「軍が自国民を殺す」という天安門事件の原罪を負っている。歴史上、軍が自国民を殺した国は滅んでいる。経済と科学技術で罪を覆い隠し、どこまでも発展していくつもりだろうが、今度の香港の件でまた罪がじわじわと浮かび上がってくることになると思う。
https://twitter.com/ShinyaMatsuura/status/1278131117019684864



■ 台湾と韓国はどんなものかね

 だが、それは無根拠な将来見通しに過ぎるのではないか?

 なぜなら台湾と韓国の開発独裁の事例と矛盾するからだ。

 台湾は弾圧があったが体制は滅んでいない。国民党は台湾を「制圧」(松浦)した。また228事件が示すように「『軍が自国民を殺す』という」(松浦)「原罪を負っている」(松浦)体制である。だが滅びることなく繁栄を謳歌している。

 韓国も同じだ。軍政の下でテイクオフした。光州事件が示すように地域を「制圧」(松浦)し「『軍が自国民を殺す』という」(松浦)「原罪を負っている」(松浦)が体制は存続し一人あたりGDPは日本も抜いた。

 それからすれば松浦さんの見通しはアテにならない。「今の中国はここから衰退に入ると思う。」(松浦)や「歴史上、軍が自国民を殺した国は滅んでいる。」(松浦)は外れる見込みも高いということだ。


■ 天人感応思想ぢゃね?

 そもそもが天人感応思想ではないのだろうか。悪いことをしたから滅びる、神様は見ている。根幹にはそのような発想があるようにも見える。

 なんにしても松浦さんは純朴である。その程度で体制が倒れると考えているからだ。

 今回の件は750万人の香港に介入し自治や言論の自由を奪ったというものだ。

 だが、それは14億の中国の体制が揺らぐような内容でもない。

 なんにしても750万人都市の特権の一分剥奪である。中央はいいことをしたものでもないが、人口からすれば全人口の0.5%への影響にすぎない。

 また香港の経済的価値も相当縮小している。60年代からの新中国のゲートウェイとしての地位はとっくに失われている。資本主義を導入するためのノウハウの意味もない。今あるのは税制と通関の便利だけの話である。

 そして、それに正義感を震わせるのも過剰にも見える。「悪いことをした中国は滅びる」と怒る。それが当事者の香港人なら分かる。また一国二制度を約束させた英国人でも分かる。だが日本人がそれを怒るのはピントがズレている。

 そして「悪事ゆえに中国は滅びる」というのはねえ。それは松浦さんの願望でしょうと言う話である。また台湾や韓国の前例も踏まえていないでしょうといった話でもある。


■ (オマケ)

 このあたりはロケットとかヒコーキや重厚長大産業への松浦さんの片想いにも似ているんだよね。ロケットやヒコーキを大事にしないと国は滅びるとか高炉がなくなると日本経済がとか言い出すあのあたり。「ボクが大好きな分野を大事にしない」と「日本は滅びる」を等号で結ぶアレですね。

 まあ、でも一番の違和感を感じる部分は香港住民でもないし英国民でもないのに自分ごとのように怒っているあたりかねえ。なんというか共感能力が鋭敏であると言うか共同幻想への交感能力が昂ぶってらっしゃる感じがね。