FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.07
17
CM:1
TB:0
00:32
Category : 未分類
 東京再封鎖はあるかもしれない。

 だからそれに備えて国会図書館で朝10字入り18字近く出と8時間粘ってきた。

 だから眼が死んだ。まず調べ物で出てきた雑誌がやたらと字と図が小さい。そして疲れたあとも気分転換と称して次の請求分が来るまで朝日新聞の縮刷版読みに行っているのだからどうしようもない。ゆうちどり退役の77年7月18日夕刊の「最後の海軍船退役」とか20日朝夕刊の南太平海でネッシーの死体捕獲、クロノサウルスか?の記事とかそんなのメモしたよ。

 とにかく眼がキツイ。もっと気楽なものを読みたい。
 
 よく考えたら図書でマンガ請求すればいいのではないかと気づいたものだ。だから昼をしばらく過ぎてから、高岡閉店によりどこまで読んだかわからなくなっている『砂ぼうず』と『ダンジョン飯』と『ランドリオール』の最新号を読んだが、『砂ぼうず』は5年前の段階で止まっており『ダンジョン飯』は最新巻だけが読んでなくて『ランドリオール』は最新巻読んでいることが分かった。

 そのようにしている間に雑誌請求と新館と本館に分けての複写請求を繰り返した。再封鎖になってからガッツリ読むための在庫を作る必要がある。ちなみにコピー代で1.5万円くらい消えたけど仕入れだからね。

 ただ、終わったあとの食事がねえ。「再封鎖となれば東京でメシ食えるのもしばらく無理」と考え、神保町の川国志で麻婆豆腐のスペシャル激麻辣を頼んだ。そして再封鎖に備えてもう一つ食っておきたい排骨麻辣麺のスペシャル激麻辣も注文した。麻辣の上に麻辣を頼む形だ。

 なんにせよ激麻、激辣そのものは大好きである。まったく苦労ではない。スペシャルで口腔内が馬鹿になるほどの麻婆豆腐だが中毒なので躊躇せずにオーバードーズした。

 ただ、量食ったせいで逆流がねえ。軽い逆流食道炎のヶがあるのだが、帰りの汽車で僅かな逆流が起きたが、その時に食道が麻辣になった。麻辣×2のせいで胃が麻辣で充満していたのだろう。辣はともかく麻の感覚が新鮮であったよ。

 あとは油もののキツさがね。どっちも辣油そのもののようなものだ。家に帰ってから3gの重曹を2回飲んだにも関わらず日付変わって今この時間も胃で油と塩酸が喧嘩している状況にある。
 
スポンサーサイト