FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2021.04
18
CM:2
TB:0
12:36
Category : 未分類
 積んどいた『太平洋学報』読んでたら「中国は二酸化炭素を2030年までに抑え込む」とあった。

 これは呉磊さんの「新能源発展対能源転型及地縁青磁影響」の一文である。「2020年9月22日、中国国家主席習近平宣布、中国将在2030年前達到碳峰値、2060年実現碳中和」(呉,69p)と30年以前のピークアウトと60年のカーボンニュートラル達成を宣言している。60年には森林吸収量と排出量を均衡させるとのことである。*

 まずは可能だろう。

 30年までのピークアウトは多分達成される。中国は燃料の天然ガス化を強力に進めている。去年辺りからガス供給が追いつかないので石炭を使わざるをえない見通しも出ている。ただ、並行して二酸化炭素の地下貯蔵での対応を進めるとも言われている。それに適した古い油田もある。圧力を掛けて原油を回収する方法の一環としてもやれる。

 60年代のニュートラル達成も絵空事ではない。中国は世界最大の太陽光輸出国である。生産能力はある。また貴州省では太陽光電力で太陽光設備を作れるようになってきている。風力や太陽光適地も多い。また二酸化炭素吸収でも有利である。いまでも緑化により二酸化炭素吸収料が急速に増えている。南水北調が進めば緑化そのものの面積も増えるだろう

 なによりも意思が強い。「エネルギー転換で先んずれば経済の覇権を握れる」とも考えている。


■ 「グレダさんは中国を叱れ」とか言ってる連中はどんな顔するのかね

 まずは日本とは比べ物にならない。`日本の現状はほぼプラトーである。基本的には増えてもいないが減ってもいない。経済変動で去年減ったくらいだ。そこにガッツリ減らすという意図はない。

 産業界は既存の化石燃料を残すことばかりを主張している。高性能石炭火力で、高性能なガソリン車、ディーゼルで、とかHVとかいっているあたりでまあ駄目。石炭悪者論は効率が悪い欧州の陰謀、EV推進も欧州の陰謀とか後ろ向きな陰謀論ばかりを言っている。

 そして日本だけが無理難題を言われているといって逃避している。中国やインドに甘い、中国の二酸化炭素ガー論者というアレだ。

 それがこの先に中国が二酸化炭素削減をしたらなんというのかね。

 なによりもグレダ・トゥンべりさんは中国をまず叱れのと主張した人たちがその時に何を言うかが興味深いものだよ。

 具体的にはいつもの発言をするセクターの人たちだね。

石井孝明(Ishii Takaaki)@ishiitakaaki
世界最大の温室効果ガス排出国の中国に行かないグレタ 。まさか欧州過激NGOにも、赤いお金が・・・
午後2:36 · 2019年12月7日
https://twitter.com/ishiitakaaki/status/1203186438491136000


moltoke◆Rumia1p@moltoke_Rumia1p
返信先:@ishiitakaaki
そもそもグレダさんの頭の中に排出1位の中国は発展途上国だからなかったという恐るべきバイアスがかかってるので(視野の狭さも欧州過激派NGOのスピーカーならでは
午前9:25 · 2019年12月8日
https://twitter.com/moltoke_Rumia1p/status/1201984588051968001



*   呉磊「新能源発展対能源転型及地縁青磁影響」『太平洋学報』39.1(北京,海洋出版,2021年)pp.62-69.

 

 
スポンサーサイト



2021.04
11
CM:7
TB:0
16:09
Category : 未分類
 部屋の整理をしながら気づいたのだけれども。

 SFは嫌いだ。

 ただ作品自体は別段に嫌いではない。小説なりはなんとも思わない。面白いものは面白いしつまらないものはつまらないだけだ。

 まずはジャンルが嫌いなのだろう。構成員どもの振る舞いがいやらしい結果である。


■ 科学ハードコア

 一つは科学ハードコアか。

 科学に凝るのは構わない。その程度の没頭は他ジャンルにもある。

 だが、科学以外の要素を全部無視する。それをすべて科学の下部に置くのが見ていて頭が悪い。

 最近ならトリチウム海洋放出がそれ。社会で決めたルールを「科学的に正しくない」として「無視しろ」とするアレだ。

 地球中にありふれている。薄めれば害はない。だから海に捨てるべきだ。といったアレだ。

 それなら屎尿もそうだろう。地球中にありふれていて薄めれば害はない。だから海に捨てろとなる。

 さらには電力会社の都合であることを一切無視する。要は私企業が「有害廃棄物の保管場所が無くなったので海に捨てる」といっているわけだ。

 それを認めるのが科学的である。正しい選択であるという。

 そしてそのような態度が正しいとする。それにウットリしている様子が気持ち悪いものだ。


■ 批判しない

 二つ目は批判しないこと。正確に言えば科学的ほかの権威の言うことを丸呑みすることだ。

 今ならPCR抑制論やら『ワクチン批判「批判」』がそれ。

 理屈にあわないことでも科学サイドがお墨付きをつけると批判しない。

 そして紅衛兵に徹する。政府やら製薬会社のいうことが絶対に正しい。なぜなら科学的だから。といって批判を批判するアレだ。

 今回なら「尾身会長の言うことは常に正しい、その発言の裏を読み解くとよく分かる」か。航空技術ジャーナリストとやらのウットリ発言がすごかった。

 日本のワクチン接種が遅れているのを「反ワクチン」のせいにするのもそれか。日本政府の失敗の結果を非科学的な人たちのせいとして転嫁している。


■ ファンのヨイショ

 三つ目はファンのヨイショだね。

 作家連にファンが媚びるのが見ているだけで嫌悪感を引き起こす。

 そして作家との近さを自慢するようになる。

 「SF大会で話した」くらいはまだよい。

 「地元を案内した」「よい酒蔵を紹介した」「自慢の手打ちそばを毎年年末に送る」といった関係性誇示は見ているだけでね。奴隷根性というか、三下感が全開となっている。

 それが四十郎五十郎だとねえ。ほかになにもないんだろうねと。

 見ていて腹立たしくなる頭の悪さがね。

 まずはガルパンのアレと同じ。何がいいかを言語化できない程度の国語力は「ガルパンはいいぞ」といってアレな映画も毎回見に行く。一つの映画を何回見たかを競う。その回数でしかそのセクターの中での地位を示せない。その程度の間抜けと同じ臭いがしていやなものだ。



■ ジャンルとして知性がない

 突き詰めれば知性のなさかな。

 SFはジャンルとして頭が良くない。例えば構成員による論評や批評がなりたっていない。その程度の集団である。それが己が忌み嫌う理由なのかね。

 引っ括ればメカミリもそうなっている。鉄道、ヒコーキ、ロケット、自動車レース、カメラと同じ。アニメでも「女の子とメカと鉄砲」と同じ。

 抽象化ができるほどの頭がない。支持層の最頻値がその程度だから抽象化が進まず具体性の追求しかできない。だから「ゼロ戦のネジの数はいくつ」しかしていないわけだ。

 そしてそのまま歳をとっていく。過半は十代程度と変わらない抽象性の水準のままで五十、六十に上がっていく。それはまさに目の当たりとしている。連中はそのまま死ぬのだろうよ。

 作る方もそんなに頭もよくない。メルトダウンじゃないだす程度だからだ。

 そしてそれほど頭も良くないのがもっと頭の良くない支持層を養分として収奪している。その構造も嫌悪を呼び起こすものである。