fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2021.09
15
CM:9
TB:0
12:39
Category : 未分類
 辺野古の殺人鉄板の話が再出している。沖縄タイムズの阿部岳さんの指摘にいつものアレな連中が反発した結果である。

 そして口を揃えて「アレは土木用器材で殺人用ではない」と言い張っている。

 例えば石井孝明さんの発言である。
石井孝明(Ishii Takaaki)@ishiitakaaki
あの…、これマッドドロッパー(土おとし)と言って、工事現場の基本装備なんですけど。土を車道にばら撒かないための。中学生でも、ググってわかるはずです。さすが沖縄タイムス。経済活動を知らない。スポンサーは沖縄の場合、土建屋さんも多いでしょうに。苦笑。
https://twitter.com/ishiitakaaki/status/1437909182972186626
阿部岳 / ABE Takashi@ABETakashiOki
私にとって菅氏の政治の象徴は、辺野古の「殺人鉄板」。あえて市民が座り込む場所に置かれ、直角のギザギザが体に食い込んだ。太陽に焼かれるとフライパンのように熱かった。歯向かう者への信じられないほどの敵意。
https://okinawatimes.co.jp/articles/-/826
https://twitter.com/ABETakashiOki/status/1434718879645769732


■ 土木工事を知らない

 何が「苦笑」(石井)なのだろうか?

 その配置を工事の常識のように言う。

 だが土木や現場配置の常識を知らない。

 ロードシェイカーつまり石井孝明さんのマッドドロッパーは工事地区の奥深くに置かれる。泥濘や土砂が露出している工事区画と場内道路の隣接部に置かれる。

 また道路全面に配置はしない。普通は一車線・1車両分だけだ。そして泥濘がついていない車両が迂回できるように置く。通過は不快であるし積荷ほかに悪影響を及ぼす恐れがあるからだ。

 そもそも柵外には置かない。工事に無関係な一般人が怪我をしないように配慮するからだ。


■ 明確な悪意を意図的に目をつぶる

 このロードシェーカーを抗議活動の前面に置いた。その点でシェイカーは殺人鉄板となる。

 これは口論に金属バットを持ち出すことと同じだ。もともとは野球道具ではある。だが喧嘩やいさかいに持ち出した段階でそれは凶器となる。棍棒であり球技の道具との言い訳はできなくなる。

 だが、それは承知しながら気づかないふりをしている。それにより体制ヨイショを図る自分は(自称)現実派としてうっとりしているわけだ。不誠実であることは当然だがそれ以前に気持ち悪いものである。


■ JSFやら消印所沢もね

 そして、それは石井孝明さんだけではない。やはりいつものJSFやら消印所沢も尻馬に乗っている。
・ https://twitter.com/rockfish31/status/1435259405189070848 (JSF)
・ https://togetter.com/li/1773773 (消印所沢)

 やはり反「反体制」やら体制ヨイショで(自称)現実派となってウットリしたい、支持者に喝采されたいわけだ。

 でも今では(自称)現実派といった立場がねえ。時代はそれを馬鹿にしつつあるのだがそれに気づいているのだが気づかないでいるのだがといったアタリが悲しいものだよ。

 特に消印所沢は、今でもやっている「軍事板常見問題」の悲しさも加わるよね。2ちゃねんねるが盛んだった20年前には多少は読まれたかもしれない。だがグーグルやらWIKIが発達した今では一瞥だにされない。 でも、ご本尊にできるのは人の発言を集めることだけ。確とした見識がないから主張といったものはできない。つまりほかには何もできないから誰も見ないサイトの更新だけをしている。

 まあヘンリーダーガーと同じように死ぬまでやるんじゃないかな。あと10年でも20年でも、もちろんオリジナリティはない。これはBK1での消印所沢の(自称)書評と同じ。だから後で評価されることもいないのだけれども。
スポンサーサイト