RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.04
29
CM:1
TB:0
12:00
Category : 未分類
 最初の上海事変で日本軍の前に立ちふさがったのが十九路軍。ヘルメットではなく、竹の笠に墨で「十九路軍」と書いてある程度の、地方軍隊に近い組織なのだが、それでも第一次上海事変で日本軍と四つに組み合い、崩れることはなかった。

 その装備も相当に貧弱。十九路軍は60師、61師、78師で編制されるが、1ヶ師には機関銃20-24、砲は6-10門、迫撃砲は10-20門しか保有していない。

 完全装備状態となっても、軽機が1連(中隊)に3丁、重機が1営(大隊)に1門、軽迫が1団(連隊)に4門、砲は1師に砲兵1営4門、山砲1営4門しかない。通信手段は営以上に有線、無線は旅と師の間にしかない。

 しかし、十九路軍はナショナリズムを武器に日本軍と戦った。なんだかんだ言って日本軍を2ヶ月以上拘束し、久留米の旅団長を戦死させている。また、中国人民も、日本軍に対して積極的なサボタージュをしている。日本軍にトラック運転手として徴発された胡阿毛は、愛国行動として弾薬トラックごと呉淞江に沈んでいる。

 丘国珍『十九路軍興亡史』には、そのあたりも細かく書いてあるとのことである。伝聞なのは、1969年『アジア経済』での書評欄で読んだものなので、現物には当たっていないため。

 なんにせよ、ナショナリズム高揚期の中国をまともに戦争をにしたのが、日本最大の失敗だったと言えるだろう。特にナショナリズムが高揚していた長江デルタでは、民衆も挙って抗日に参加している。二回目の上海事変でも、日本は華北のようにはいかず大苦戦した。負け戦以降でも、八百壮士のように抗戦する民国軍には民衆は惜しみない支援をしている。

 そのようなナショナリズム高揚についても、「支那は支那なり」と甘く見て、戦争を吹っかけて、最終的に無条件降伏に至ったのが戦前日本なのだろう。

 まあ、米海兵隊あたりが大陸にチョッカイ掛けると、同じことになるんじゃないのかね。海兵隊はいつものごとく存在意義がアレになりかけているけど、その辺りを払拭するために中国と喧嘩したがるかもしれないが、大陸に入ると大火傷するんじゃないかと思っているよ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

支那事変以降日中で行われたゲリラ戦の実態が簡潔によくまとめてあるサイト。
これ読んどけば俺みたいに知ったかぶりできるよ。

日中歴史共同研究 八路軍(もしくは中共の抗戦)部分について
http://balu1937.blog25.fc2.com/blog-entry-61.html

右側の人たちが無視してる「中国のナショナリズムの高揚」にも触れている。

最後のところにも面白い指摘がある。
終戦後、なんと日本軍と国民党が手を取り合って、中国共産党と戦っているんだね。
戦中に日本軍が蒋介石を重慶まで追いやってしまったせいで、いざ日本軍が降伏しようとしても、そもそも降伏すべき相手である国民党軍がどこにもいない、という喜劇的な事態が頻発した。
いるのは中共軍のゲリラだけだ。
中共は独自に日本軍を武装解除させてその装備を獲得しようと躍起になっていた。なにしろ日本軍100万人の武装。国民党との対決を考えるとのどから手が出るほど欲しい。
日本軍としては連合軍の一員である国民党に降伏し武装解除しなければならないため、国民党が進出してくるまで「自衛戦闘」の名目で、戦中と同じように警備を続けることになったとさ。国民党の了解をとって。
もちろんただの笑い話ではすまず、日本軍の武器弾薬を狙う中共軍との戦闘はかなり激しかった。
おかげで「1945年11月戦死」みたいな、戦争が終わった後に戦死する気の毒な例がごろごろしてる。
すでに戦後の時点で国共内戦が始まっていると見ることもできるだろう。

でまあ、このときの日本と国民党の協力が、戦後の台湾と日本の協力関係の元になったのは疑いない。
日本人軍事顧問団「白団」も、当初は支那派遣軍司令官の岡村寧次にオファーがあったものだ。
ご存知のとおり、岡村は中国での戦犯裁判も無罪で切り抜けた人だ。
これはかなり不思議に思われるが、岡村が戦後に国民党に協力して中共との戦いを指導していたことを考えると、不思議じゃなくなるよね。