RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.05
05
CM:6
TB:0
08:12
Category : 未分類
 ウクライナ東部での実力行使は、親ロシア派の政治的影響力の終わりではないのか。

 ウクライナは、親ロシア派の実力排除を始めた。おそらくこれは、ウクライナからのロシア人やロシア権益排除につながる最初の一歩である。

 今回のウクライナの行動は、ユーゴスラビアでの民族国家成立の流れと同じもので不可逆的である。親ロシア派がロシアの威を借りて独立運動まがいのことをし、それを敵としてウクライナ政府が実力排除を始めれば、もう元には戻らない。今回の流血と、そのうちに起きる親ロシア派のテロ、そのテロへのカウンターとしての、ウクライナ極右のカウンターテロで、ウクライナ人は今まで以上にロシアを憎むことになるだろう。

 それにより、今後はウクライナからロシア人は、政治的には居なくなる。

 ウクライナから、ロシア人は排除される。ロシア人はウクライナ人の敵として忌避され、激烈にか、あるいは穏やかはともかく、長期的にはウクライナから排除される。

 依然として残るロシア系市民も、その政治的立場は低落する。ロシア系住民や、ロシア人は残るだろうが、ロシアとの確執で生まれたウクライナ人のウクライナ的な政策の下では、少数民族や外国人としての立場しか保てなくなる。

 ウクライナ人とロシア人の中間であると考える人間もほとんどいなくなる。ウクライナ人に同化するか、ロシア人として移住、少数民族扱い、外国人登録することになるだろう。

 これは、ウクライナにあったロシアの権益も排除されるということである。ロシアの権益、言い換えればロシアの口出しは、ロシア人混住地域や競合地域があるために発生したものである。その原因であるロシア人やロシア系住民が、無視できる数、あるいは政治的に無視される程度となれば、ロシアの権益は失われる

 いずれにせよ、ロシアとの対立対峙の結果、ウクライナ愛国主義は生まれた。今後のロシアとの対峙を見ても、愛国主義は強くなる方向にしか動かない。

 この状況で、ウクライナでの連邦制の芽はなくなったといってよい。ロシアややロシア系住民、ロシア人居住者の顔色を窺う必要もないし、窺えなくなったためでもある。ウクライナ国民はロシアに弱腰の政府を許さず、極右を含む愛国主義者によるウクライナ政府もそのような行動はとれなくなったのである。

 結局、一番損をしたのはロシアではないのか。前にも「クリミアは手に入れたけどウクライナは喪ったんじゃないの」で書いたが、ロシアはウクライナを喪い、クリミヤを手に入れたに過ぎない。そのクリミヤ入手とウクライナ東部での親ロシア派支援によって、ロシアはウクライナ東部での権益も喪い、ウクライナの反ロシア主義に火をつけてしまった※ ウクライナ国境は辺境ではなくなり、ウクライナ愛国主義と対峙する正面にもなるだろう。



※   実際にウクライナは徴兵制復活も決めている。あのウクライナ軍がロシア軍に勝てるはずもないとする意見もある。だが、ロシア人将校等を排除し、ウクライナ愛国主義が浸透した国民軍となると、話は別である。ナショナリズムは最も強力な兵器であり、軍事技術や用兵術の劣勢から、窮地に陥っても寝返りも降伏もなくなり、死ぬまで戦うだろう。一度、玉砕のような事態が起きれば、さらにナショナリズムは高揚する。ウクライナ国民軍はロシアにとって相当厄介な敵になるだろう。

※※  まー、ソ連崩壊課程の最終段階じゃないのという気もするね。ロシアが旧ソ連圏として、周辺国に持っていた権益はドンドンなくなっていくわけで、最後の段階がウクライナじゃないの。かの独裁国ベラルーシは、ロシアのビットのようなもので、ズーっとあのままじゃないのと思うけどね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

>実際にウクライナは徴兵制復活も決めている。あのウクライナ軍がロシア軍に勝てるはずもないとする意見もある。だが、ロシア人将校等を排除し、ウクライナ愛国主義が浸透した国民軍となると、話は別である。

別に勝てなくてもいいわけで。一撃で叩き潰すのが困難と思える程度の規模であればよい。

ロシアが脅威を感じて軍拡→軍事予算増大→予算を軍に取られて経済力低下

また、ロシアの軍備拡大は周辺国、つまりEU、中国、日本の軍拡を連鎖反応で呼び起こしてしまう。
するとその対応のためにまた軍拡を・・・となって、金が全然足らなくなる。
極東の某帝国の末路にも似てくる。

No title

>ロシアとの対立対峙の結果、ウクライナ愛国主義は生まれた。今後のロシアとの対峙を見ても、愛国主義は強くなる方向にしか動かない。

つい先日のウクライナ南部のオデッサで発生した親暫定政権派と親ロシア派の衝突は
その日に行われたオデッサと東部のハリコフのチームの試合の前に、双方の熱狂的なサポーター・ウルトラスが一緒になって
ウクライナ統一を訴えるデモ行進を行なっていた時に親ロシア派のデモ隊と遭遇したことが発端なので
ウクライナ民族主義・愛国主義が暫定政権の手を離れた所でウクライナの民衆の中に芽生えてるのかもしれません。

もしも暫定政権と親ロシア派の戦いが激化して、業を煮やしたロシアが軍事介入を行なって暫定政権を崩壊に導けたとしても、
親ロシア派が多いとされている東部、南部ですら少なからぬ人がウクライナ民族主義が芽生え始めてる事を考えると
コントロールに失敗すると残ったウクライナの民衆が民兵になって襲いかかり、ユーゴ内戦状態がアフガン侵攻状態になりかねません。
個人的には最終的にコントロールが失敗する可能性は極めて高いだろうと思いますね。

まあ人の事は言えんかもしれんが

仮にロシアが本気だしても行ってせいぜいドニエプル川くらいまで。そして残った西ウクライナは「可哀想な侵略戦争の被害者」として欧米から「最前線国家」としての優遇を受ける。具体的にはIMFからなんぼ借金しても全部踏み倒せる。

まあ、同様に「隣国との緊張を煽って最前線国家になろうとしてる」国が言えたもんでも無いかもしれんが( ••)/

No title

独ソ戦の最大の戦訓は戦闘そのものには無く、敵と直に国境を接してはならぬ、というものだろう。プーチンがやっている事は、スターリンが第二次大戦後にやった事と同じく、ロシア領土の周りに緩衝国家を置く事だ。問題は、ウクライナがフィンランドとは違って緩衝国家である自覚が無く、バランスを取ろうとしない事だ。欧米寄り政権が出来てロシア排除をやれば軍事侵攻もあり得る。ただ、チェチェンやグルジアのように傀儡を立てるに留めて併合まではしないだろう。

Re: No title

 どうでしょうね。

 ウクライナ人に利益がないことが問題なのではないでしょうか。

 ロシアは言うことを聞くウクライナが欲しいのでしょうが、経済的繁栄を与えられない。ウクライナ人は中立の利益がないのに緩衝国家であることを望みませんし、EUとの結びつきによる経済的繁栄の方を選びますからね。

 あとは、ロシアが強く出るとウクライナ愛国主義に火がつく構造になっている。もともとロシア人はウクライナ人を馬鹿にしてましたから。ソ連でいいことがあるとき、ロシア人がやったならロシア人の成果ですけど、ウクライナ人がやった時にはソ連人の成果にされ、ロシア人が悪いことがあるときはソ連人のせいになりましたから。

 宗教の違いとかもあるので、反ロシア感情は昔から強い場所ですしね。カソリシズムのウクライナと半カソリックで生まれたロシアとはぜんぜん相性がねえ

> 独ソ戦の最大の戦訓は戦闘そのものには無く、敵と直に国境を接してはならぬ、というものだろう。プーチンがやっている事は、スターリンが第二次大戦後にやった事と同じく、ロシア領土の周りに緩衝国家を置く事だ。問題は、ウクライナがフィンランドとは違って緩衝国家である自覚が無く、バランスを取ろうとしない事だ。欧米寄り政権が出来てロシア排除をやれば軍事侵攻もあり得る。ただ、チェチェンやグルジアのように傀儡を立てるに留めて併合まではしないだろう。

>宗教の違いとかもあるので、反ロシア感情は昔から強い場所ですしね。カソリシズムのウクライナと半カソリックで生まれたロシアとはぜんぜん相性がね

この辺は複雑
リトアニア・ポーランドの支配下にあった最西部がカソリック
それ以外はウクライナ正教会とロシア正教会の混在というのが大きな分布図