RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.05
15
CM:2
TB:0
11:59
Category : 未分類
 東神田の運輸会社では、リアカーでの運送が2割の売上を叩きだしているという。支店は6台のトラックと2台のリアカーで構成されるが、回転率も相当に高い。なんせ一方通行も渋滞もないので、営業エリアにはどこでも5分で着くという。

 ……1982年の話ね。「リアカー運送 大車輪」※ によれば、東神田問屋街にある福山通運で、切れ者が色々努力して導入したら大成功とのこと。

 今ある自転車やらリアカーの宅急便も、エコである以上に、経営での高効率があるのかもね。なんせ、路駐や一通、渋滞といった問題を回避できる点で優れものだ。

 そういえば、山本夏彦がオーナーの工作舎(『室内』で有名)の引越は大八車でやったとの由。短距離で極端に重いものもないのでソッチのほうが早い、と『室内』で自慢していたコラムがあった。ただし、単行本ではない。



※ 「リアカー運送 大車輪」『朝日新聞』(朝日新聞,1983.7.2)p.21 ただし都心版(地方面)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

リヤカー

リヤカーって、日本で発明されたと聞いて少々びっくりです。(^ω^)

山本夏彦さんですか

どんな文章も原稿用紙3枚で書けるといってましたね。
実際、手書きで一気に書こうとしたらその位が限界。万年筆を使えばもうちょっといけるが、文体が散漫になって宜しくない。
何から何まで身体感覚で裏打ちされた方でした。こういう人は今後は見かけなくなるんでしょうね。