RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.06
18
CM:10
TB:0
12:40
Category : 未分類
 国産のC-2輸送機が更に遅れるという。読売新聞「尖閣防衛に影響も…空自新輸送機の配備2年延期」によると、今年度末の配備をさらに2年延期するという。航空機開発は遅れる方向に進むものなので、実際にはもっと遅れるだろう。

 C-2開発は妥当だったのだろうか?

 P-1/C-2は、国産開発と国内生産のために作られたような飛行機である。防衛省の開発サイドと、国内航空産業のための機体である。防衛上の理由や、運用側の要求によって開発が要求された機体ではない。

 特にC-17調達と比較すると、無駄遣いの一語に尽きるだろう。結局、無駄に膨大な開発費を投入し、C-17よりも低性能の機体を、おそらくC-17と同程度の価格で購入することになる。

 C-2の開発費は、分かりにくいが、おそらく2000億を超えるだろう。P-1とC-2を混ぜることによって、おそらく意図的に額がわかりにくくなっている。だが、開発段階で3500億という数字があり、その半額に以降の追加支出を考慮すれば、2000億を超える。

 国内開発のため、C-17よりも意図的に低性能にされている。C-17を買わないで済むために、C-2の性能を決めたのだろう。C-17とC-130の間に要求性能を決めたものだが、その結果、C-130に一回り大きい程度に留まっている。C-130が20t積めるのに対して、C-2は30t積める程度に過ぎない。航続距離についても、同条件で2倍の差もない。

 それでいて価格はC-17と同じ程度になるだろう。今の段階で調達予定は10機程度であり、量産効果のような価格逓減は見込めない。輸送機であるため、兵装や電子装備はないものの、100億以上、150億はするだろう。現行のC-130でも、輸入で70億程度はした。特に高価なエンジンを使い、複合材も多用し、しかも国産であるC-2はその倍以上はするだろう。対して、C-17は200億程度である。

 そして、配備の遅延である。仮に2000年にC-17を購入すれば、00年代後半には運用できた。対して、C-2が運用可能となるのは、今の段階で10年代後半であり、下手をすると20年代寸前まで遅れる。15年程度の差があった。

 結局、C-17を排し、C-2を国産開発したのは大損だったということである。

※ 「尖閣防衛に影響も…空自新輸送機の配備2年延期」『ヨミウリ・オンライン』(読売新聞,2014.6.16)http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140616-OYT1T50069.html
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

P-1もC-2も国産技術の維持とか発展とかのための投資とも言えますけど、一応最新の電子機器を詰め込む対潜哨戒機はともかく、輸送機なんてどれも大差ないんだから素直に同盟国のを使えば済むのに…。まさか70年前みたいに国際的に孤立した状態で大戦争をする気でもないでしょうから、ほとんど需要が無い国内向けに新型輸送機を開発・生産するのは、予算の優先順位がオカシイと言えるでしょうね。やっぱり「兵器は国産であるべし」という固定観念があるんでしょう。

これでは、役人の天下り先確保の為に仕事を与えてるのではないでしょうかね

A400Mじゃ駄目ですか?

No title

C2のペイロードは当初30トン、それが26トンまで下がり、更に改修で下がることになるでしょう。

開発費などは近年の防衛省のLCC報告書で毎年更新されているのでそちらを参照されては。
A400Mより開発費は安いと喜んでいたアレな人達は、
A400の開発費に試験費用や、耐空証明を撮るためのコストが入っていたことを知らないのでしょう。

それで国産偉い、安い、どや、と威張っておったわけです。

無邪気というのは怖いですねえ。

No title

空自がKawasakiのために創った仕様が見事に破綻しましたね。仕様に問題がある以上、開発続行は無駄ですな。

No title

戦略輸送機は作るの大変だね
最近は戦車載せろ、自走砲載せろ、無人機運べ
高度1万メートルでカーゴベイ開け!halo降下だ!!と
要求も天井知らずww

C2輸送機

あえて、うかがったみかたをすると、米国から「戦略輸送機」を買うと「米国と同じ戦場へ」と言い出す左派がいるから「国産の中型輸送機(民需にもなるかもよー♪)」とも考えたかもしれませんね。ヽ(´ー`)ノ

別の角度の穿った見方をしたら、C-17買ったら米軍から便利に使われるのを恐れたのだったりして・・・・何せアフガン全盛期にはC-17は大車輪の活動中で、同盟国の助けがあれば非常に助かったでしょう。

無論、それでアメリカに貸しを作って国益にするという考え方もありますが。

国内の戦術輸送用と、世界規模で用いる戦略輸送機が同じですか?
大は小を兼ねません。
国内の小規模地方空港に降りられない輸送機など無用の長物では?

No title

国内は普通にC130シリーズの追加で問題はないでしょう。現用しているわけでロジもシラバスも問題ない。

むしろ海外派遣時なんかは国際フォーマットのC130なら何の苦労もない。

必要数のC17とC130を適切な割合で導入すりゃ何の問題もないですよ?