RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.10
12
CM:0
TB:0
02:48
Category : 昭和の新聞
 昭和58年に報道されたクーデター未遂事件について。
 もちろん空中楼閣である。クーデター未遂事件は、空自の幹部を称する人間が東京新聞にタレこんだ形になっている。その内容は悉く荒唐無稽なのだが、中でも一番不自然なのが「海自の人間が憤っている」という、その憤りの内容である。

「(海自の同志がいうには)シーレーンを守れということは、公海上で敵艦を撃沈しろということですよ。アメリカは必ずそれをやります。冗談じゃない、日本の山河を守るためには死んでもよいが…」(自称「空自幹部」)

 ここについて、海自が「公海で戦うことを忌避している」とする所が不自然。海自がどこで戦うかだが、戦時に領海だけを守る、領海に限定して戦うなんて考えはない。自称「空自幹部」は、実際の海上作戦の様態を全然知らずに、専守防衛という言葉にひきづられている。 昭和40年代の国会答弁「海からの侵攻に対処するのが海上自衛隊」と同じくらいピントが外れている。

 この陳述を見る限り、少なくとも海の関係者はいない……まあ、そもそも空中楼閣なんだけどね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント