RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.06
26
CM:9
TB:0
12:00
Category : 未分類
 部活なぞ止めれば良い。結局は、だれも得をしない。生徒も教師も時間を費やされ授業は疎かになり、しかも体罰の温床となっている。中学校の教育現場から部活を追放すれば、教育問題の相当部分は解決するのではないか。

 読売新聞「日本の中学教員、勤務時間は最長…部活や事務で」は、教員の勤務時間配分にある問題点を指摘する記事である。週勤務時間が53.9時間と厚労省の進める週40時間労働を超え、しかも授業に費やせる時間はその3/4であり、残り1/4は部活と事務で無駄に浪費されているという。

 逆に部活と事務をなくせば、丁度週40時間労働に収まるということだ。そうすれば、は労働環境の改善につながり、新規教員の質的向上も含めて教育の質を上げることが可能になり、体罰問題も減らすことができるだろう。

 そもそも、部活は教員の本来業務でもないし、学校がやらなければならない義務でもない。学校は勉強を教えるところであって、スポーツを通じて人格形成を図る場所ではない。それを大々的にやって授業に触るようでは本末転倒だろう。

 だいたい、部活にかまける教員もロクなものではない。イヤイヤやらされるのではなく、嬉々として部活指導をする教員にロクな奴はいなかった。部活を勝たせることばかり考えていており、教育技術を磨いたりもしないのだろう。

 部活にかまける生徒もロクなものではない。結局は内務班的な1年兵2年兵の関係を繰り返し、善悪も麻痺するので集団悪事を働き、事故をおこす。あれはガエンや折助のたぐいである。悪事を覚えるだけなので、廃止するのが一番良い。

 さらに行事や道徳も減らすに越したことはないだろう。行事も部活と同じで、頭の悪い教員がハッスルして組体操で10段ピラミッドみたいな余計なことをやるだけである。道徳も、教えるやり方もないのに気持ち悪い『心のノート』の類を強制読書させるのは時間の無駄である。土曜授業と連結させようとしているらしいが、そんな暇があれば教員も生徒も休んだ方がよろしいものだ。

 今の部活は誰も幸せにしない。あれを除くだけで教育は相当に負荷が減ることになるだろう。



※ 「日本の中学教員、勤務時間は最長…部活や事務で」『ヨミウリ・オンライン』(読売新聞,2014.6.26)http://www.yomiuri.co.jp/national/20140625-OYT1T50117.html?from=ytop_main2
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

 だから、最初に学校から体育館とグラウンドを廃止すりゃいいんですよ。体育館は床にちゃんとしたリクライニングできる椅子をボルトで固定して講堂に改造。
 グラウンドは半分を舗装して駐車場にして、残りは木を植えたり池にしたりして庭園にするとか。
 設備がなければ部活なんて誰も思いつかないw

No title

福岡の公立高校では朝課外なんてやってますからね、朝7時やるんですが、教員はその前に授業準備のために来なければならないし、
部活入れると7時が最終下校なので余裕で12時間超えますね、そりゃ精神病みますよ。
付き合いある先生は部活なんて地域でやるものだろと主張してましたが。
課外にしても時間だけ増やしゃいいもんでも無いですし。

No title

あー、ひょっとして自衛隊の部活にも
「部活にかまけて本業をおろそかにする奴」
「行事がありすぎて本業が以下略」
「体罰にはしりやすい部活指導者」
「先輩後輩の関係で内務班状態になる生徒」
がいるんですかね。
わかるわー。


勉強もしないで体鍛えてるとろくな人間にならないと教師子供に教えるべきです。

No title

地方の土建屋に勤めてるものです。
入社したここ数年の高卒の新入社員を見ていると,体躯系の部活をやっていない社員は,体力不足で,全く役に立ちません。

行き過ぎた指導等の部活はいらないにしても,放課後,体を鍛える程度の部活は残しておいてほしいです。

要は学校から必要以上のスポーツ活動は切り離せば良いんでしょうね。

地域単位にそれぞれスポーツクラブを設置してやれば問題無いんじゃないでしょうか?

どうせ少子化が進めば、学校の部会の維持も難しい。
施設や指導する人材の問題もあるでしょうが、地域で集約してやればどうにかなるでしょう。

早朝から昼間はリタイアしたじっさまやばっさま、放課後は学生、夜は体動かしたい社会人と利用すれば無駄もないんじゃ。

Jリーグ

>地域単位にそれぞれスポーツクラブ
確かJリーグ設立当初の考え方が、これだったと思います。私も学校での体育は大切だとは思いますが、クラブ活動は分離して、地域単位のクラブに任せた方が良いような気がします。

ゆとり≒部活

部活に力を注ぐのは、教科だけでは「全人的な教育」が出来ないという発想が根底にあるからでしょう。

勉強だけ出来ても、社会に出たら役に立たない足手まとい。学力など読み書き算盤で十分。むしろ社会勉強と人付き合いが大事。
こういう価値観というか実利主義があって、教師の目の届きにくい縦社会をワザとつくって、そこに放り込めば生きる力が芽生えるという仮説でやってるわけです。

やり方は違いますが、ゆとり教育の考えとも通じますね。
あれも主題は勉強よりも「生きる力」でして、凡人は最低限の学習でいいという考えだから円周率はおよそ3になった。そんなことより処世術を学べと。

文谷さんのような考えもわかるのですが、世の中自体がそもそも不条理に出来てますから、ある程度耐性つけたうえで社会に出さないと、結局問題の積み残しになると思いますよ。教育問題としては解決しても、社会問題としては残る。

まあ、どの段階でどのように人を慣らしていくかという議論なんですが、部活が最適かは問題あるものの、何らかのシステムは必要なんでしょうな。

>中学校の教育現場から部活を追放すれば、教育問題の相当部分は解決するのではないか。

難しい問題です。

私は中学時代帰宅部
名義だけ写真部
高校で柔道部
に在籍していました。
中学時代は正直だらだら過ごし思い出も、さほどありません。
高校時代は、柔道の事やクラスでの事沢山思い出があります。
私の自論になってしまいますが、部活動で培ったチームワークや目標意識、私の人生には非常に大切な時間でした。
勉強は得意ではなく、学力レベルは低い学校に行っていましたが、集中力がついたのか、下から数えた方が早かった成績も、二年生中盤からは上位10番目位にいましたよ。
確かに柔道ですから体罰もありました。しかしそこには私を思う先生の気持ちがありました。
とても感謝しています。
卒業してからも交流がありいろいろご指導頂いております。

トータル的に考え私は部活動賛成派ですが、確かに学校と切り離すもしくは、教師の一貫作業では無く私立の様に分けて考えるのも一つだと思います。
柔道にしても素人先生が顧問と言うだけで、柔道連盟から黒帯を授かり、受身もろくに教えられず、事故をおこしてしまう。
このページで部活動は不必要だと発言されておられる先生方も、素人指導者にあたり、無理強いをさせられたのかもしれません。
部活動は学校や地域をあげて全国で技術をお披露目する機会を頂けます。地区で勝ち県へ 県で勝ち全国へ
素晴らしいお披露目会ではないですか?
勉強を目標に、精進された賢人が起案頂いておりますが、私は必要であり、逆に推進するべきと考えます。