RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.06
29
CM:2
TB:0
15:52
Category : 未分類
 ご宗旨はいろいろあるだろうけど、数値目標で信者を増やせというのは、どんなものかね。

 「世界最大の教会学校創設者、日本のクリスチャンに本気の決断迫る ビル・ウィルソン東京大会2014」には
ウィルソン氏は[中略]集まった参加者らに対し、「(日本のクリスチャン人口が)たった1パーセントしかいないこの状況は、あなたが今までと違うことをしなければ変わらない」と行動を呼びかけた。
とあるのだが「キリスト者が1%しかいないのは、オマエラの布教が足りない証拠」みたいな言い方は、キリスト教に帰依しない理由とか一切を考えないで、御宗旨を押し付けるみたいで気持ちのいいものではない。

 そもそも、東南アジアや東欧、アフリカのような後進地帯で、全く不足している福祉事業を教会が肩代わりするやり方で、日本の信者を増やせるとするのは、ある意味、日本社会を後進的なものとして見ているようにしか見えない。
ウィルソン氏は、「私がやったようなことは、ここにいるみなさんなら誰でもできる」と語り、「あとは、どれくらいあなたがそれをしたいのか。どれだけ本気で変化を生み出したいのかが重要」と強調した。
と述べている。だがねえ、なんというか、非キリスト教世界の日本に後進性を見つける、エスノセントリズムにも見える。

 もちろん、立派な人なのだろうが、読む限りでは、教化の数字や業績主義の風を感じるものであるよ。本来なら、福音の伝道が目的であり、数が少なくとも質の高い伝道でもいいはずなんだがねえ。一種、業績主義の臭いを感じるものであるよ。



※ 「世界最大の教会学校創設者、日本のクリスチャンに本気の決断迫る ビル・ウィルソン東京大会2014」『クリスチャントゥデイ』(クリスチャントゥデイ,2014年5月20日)http://www.christiantoday.co.jp/articles/13360/20140520/kouen-bill-wilson.htm
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

いつもと同じくキモい人たちにしてもアイコク系だけじゃ無くよくこんな方面のキモい人まで押さえますね

日本には南無地獄大菩薩の白隠哲学を筆頭に過去の個性的な賢人が強力過ぎますからね…
芸術や哲学、はたまた生活や文化の中に落とし込んで既に空気と化してますし、日本に於ける宗教の自由自在さ加減は半端ないので、ウィルソン氏と宣教師の人達は、頑張って下さいとしか…
以前電車の中で吹きそうになったですもん
高校生くらいの子達が『今さぁ~ラマダン中なのぉ~』とか…
ジワジワ取り込み中みたいですよ…