RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.06
30
CM:3
TB:0
12:20
Category : 未分類
 台湾が故宮博物館の件で「国立」を抜くなと言い出した話なのだが、自業自得ではないのかね。

 週刊ポスト2014年7月11日号を引いたNewsポストセブン「『台湾は国でない』と決めつける大メディアの『媚中と無知』」だが、中国と国交を持っている国では、台湾は国扱いされないのは、仕方もない話である。

 国扱いしないのは、中国に阿った精神であるような事を述べているが、それもどうかという話だ。中国も、台湾もハルシュタイン・ドクトリン風を維持している。互いに相手は国ではなく、地区であると主張している。

 だから、国交をもった相手には、残り片方を地区扱いさせることを約束している。今は中国と国交を持っているので、台湾は地区扱いされているが、かつては、国府を国扱いしていたので、大陸は「(中共)」とされていた。

 外交戦で負けたのが悪いのであって、負けた先で国扱いされないのに怒っても仕方もない話ではないか。

 その点について、台北が
正式名称にある「國立」の文字が削除されていたことに対して台湾総統府が抗議声明を発表。「台湾は国じゃない」と決めつけるかのような仕打ちに、「修正しなければ中止もある」と表明したのだ。
と主張したと、当該記事は述べている

 そもそも、台湾も中国同様に「一つの中国」ドクトリンを守っている。その条件で中国と争って、負けたのだから自業自得ではないのかねえ。

 まあ、事実上は国だし、「台湾地区」と書かれないだけマシではないのかね。日本としても、台湾に中国の統治が及ばないことで利益があるので、そのように、好意的に扱っているとも見てほしいものだ。そこで「オレたちも国扱いしろ、しないと(日本には力関係から何もできないけど)拗ねるぞ、白菜と角煮見られなくなってもいいのか」というのもねえ。



※ 「『台湾は国でない』と決めつける大メディアの『媚中と無知』」『Newsポストセブン』(小学館,2010.6.30)http://www.news-postseven.com/archives/20140630_263297.html

※※ 記事中の表記もヘンではないか。「東京国立博物館」と「台北 國立故宮博物院」が並立しているが、国と國は同じ字とみれば、どっちも国でいい。逆に異体字だとみれば、台北の台も、本字にあたる異体字の「臺」にして臺北にしなければいけないのではないかねえ
 いつもの通りに、アレな方の井上和彦さんが出てきて、人名のように、固有名詞で書け、そこで正しくは「國立」というなら、台湾も臺灣と書くべきじゃないの。まあ、書いていられないから、台湾省に住む当人(この言い方なら双方波風立たないね)たちも「台湾」と書いているけど。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

台湾にしてみれば外交戦で勝ったということなんでしょうが。

でも、故宮博物館って本家は北京で、内戦のときに暖簾分けの形で疎開させたのが台北だったはず。
すると、大陸の本家が開催するときは、ポスターに「国立」と入れるのに反対するんですかね?

おそらく全面対決は回避でスルーなんでしょう。
この一件、日本がババを引いただけかも。

Re: タイトルなし

三年くらい前に清明上河図とか、王羲之ほかの能書家の出展で見に行ったのですが
あのときは「北京故宮博物院」で、国立をつけろとかそういうどうでもいい話もなかったですねえ
ちなみに、面白かったのは康煕帝だかの休憩室の実物大でした

商標登録

先日、東京国際ブックフェアに行ってきたのですが、ライセンス権の商談展示会もあり、國立故宮博物院も出展してました。
もしかしたら「國立故宮博物院」で商標登録みたいな事をしてあるのかもしれませんね。そしたら「國立」を入れないと、別な事からまずいかも。ヽ(´ー`)ノ