RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.07
30
CM:3
TB:0
11:41
Category : 未分類
 米軍の司令官が「日韓関係どうにかしろ」と言っているのだけれども。兵隊風情に言われることではない。

 「米太平洋軍司令官、冷え込んでいる日韓関係に懸念」によれば、「アメリカ太平洋軍のロックリア司令官」が「『「日本と韓国の政治問題が、我々の信頼できる防衛協力を実行する能力に影響を与えている』」と述べたという。

 しかし、それは米軍の事情に過ぎない。日本とすれば、今のところ韓国との防衛協力を進捗させなければならない理由はない。韓国にしても同じことである。両国には、さしあたって共同で対処しなければならないような脅威はない。米国にしても、同盟国2国が仲悪いのはどうにかしてくれだが、だからといって現実的に困る話はない。両方からの援助を合わせて、軍事的な利益を米軍以外は。

 実際の所、日韓は互いの付き合いで特に困ったことはない。確かに、歴史問題や領土問題は双方での政治的な問題となっているものの、互いの国民や資産、投資を保護し、交通を確保するといった実務的な面では何の支障もない。

 そこで、横から口を出されるいわれはない。日韓両国は米国の利益や、駐留軍の便宜も充分に図っている。そこで、日韓を仲良くしろと、海外から、しかも兵隊から言われる筋合いはない。

 だいたい、日韓双方が関係改善をするコストを理解していない。今の日韓の政治状況では、関係改善を主張することはともかく、具体的に推進することには、相当の面倒が伴う。それでいて、対中関係改善とは異なり、得られる利益はほとんどない。なんせ、実務面では何の支障もない。安全保障でも、別段に軍隊同士で睨み合っているわけではない。緊張緩和で、なにか新しい利益がでるわけではないのである。

 そこで、米軍の事情でそれを言うのは、余計な口出しだろう。しかも、米政府の意図ではなく、米軍の都合である。

 日韓は、米軍の軍政下にあるわけではない。それは60年前の話であり、日韓はロクなものではなかったと見ている。それにもかかわらず、軍隊側が双方の民主主義政府、しかも軍隊の口出しを嫌う風土のある日韓ににリクエストすることは、僭越である。おそらく、米軍の頭のなかには、日韓は米軍のショバといった感覚があるのだろう。西欧ではそういうことを言わないくせに、東アジアだとそれを言うのは、中南米なみの扱いではないか。



 まあ、一番わかり易いのが、海兵隊だけどね。アレは沖縄をショバだと考え、海兵隊は特殊権益を持っていると勘違いしている。その上、たまに「強大な抑止力を提供しているのだから、思いやり予算は当たり前」とか言い出す。※※ 実際に日本の都合に合致する米海空軍は、なかなかそこまでは言わないのにね。住民印象も悪いから、一度海兵隊は追い出したほうがいいだろうよ。


※ 「米太平洋軍司令官、冷え込んでいる日韓関係に懸念」『テレ朝NEWS』(テレビ朝日,2014.7.30)http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000031638.html

※※ 「集団的自衛権、黒幕の米国が考えていること -日米安保体制はますます米国の思うまま」『東洋経済オンライン』(東洋経済新報,2014.7.1)http://toyokeizai.net/articles/-/41323?page=3
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

将官に対して兵隊風情とかちょっと言い過ぎではないでしょうか。

日韓関係が最悪の場合、朝鮮半島有事の際に韓国が日本に支援を求めない、逆に日本からの米軍の出撃を認めなくなる事態を想定してるのではないでしょうか。

モノホンのアメリカ海兵隊は、映画フルメタルジャケットに出てきた隊員より、遥かに態度がひどいと聞いたことがありますね。

現場認識からすると

仮に北朝鮮が軍事行動に出たとしても、それは金政権の終焉を意味するだけであって、先の朝鮮戦争みたいに釜山まで追い詰められるような韓国軍ではないですよ。

中国が絡めば別の展開もありですが、中韓蜜月と言われるなか、義勇兵なんぞ出しますかね?
まあ、中国としたら国境まで米軍が展開されるのは困りますから、どこかで手打ちにするよう何らかの画策はするでしょうが。

結局、日本も韓国も、自分の国は自分で守れるようになるなか、米国の地位なり権益なりを守るためのポジショントークをするとすれば、こういうどうでも良いことに首を突っ込むしかない。
とりあえず、韓国の世論調査では軍事的脅威に日本をあげてる人が多いらしいので、それに乗っかってのことなんでしょう。

しかし「兵隊風情」とは良く言い切りましたな。シビリアンコントロールの国なら当たり前ですけどね。