RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.08
04
CM:1
TB:0
21:11
Category : 未分類
 今朝、書いた強襲揚陸艦の件だが、通例だと4国みたいね。

 気になって平成26年予算と22年予算を見てきたけど、継続費でやっているのは護衛艦と潜水艦だけ。あとは国債で建造している。

 国債とは国家債務負担行為で、1年で執行できない予算を2年、3年、最近だと4年、5年で執行し、ほぼ最終年度に支払う制度。※ 

 対して、継続費は1件の工事を、5年かけて行う制度で、支払いは毎年だいたい5等分にする制度。

 で、22年と26年予算見ると、大型艦(26年度予算なら、26ASRなんかそれ)をやっているけど、継続費の項目にない。つまり、4国でやっている。

 そして、いままでの「おおすみ」と「ましゅう」も、4年でやっている。4国なのだろう。

 となると、強襲揚陸艦も、前例に倣うと4国だろうね。まあ、財務は5国に伸ばしても、金の支払いが先になるから嫌がらないとは思うけどね



※ 前に戦車教団は「国は単年度予算主義なので、戦車改修みたいに、1年を跨ぐ事業はできない」とか言っていたが、最新は車両整備でも2国(10式戦車なんかそう)、外国製車両購入なんかは5国になっているね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

陸の5国もありますからね

補正予算締め切り前の調達公示とか眺めてるとなかなかに面白かったですね。
特に先日の震災対策補正にねじ込まれてた物などは、発注年度と最終納期が5年ひらいてるのがあったりして、中々にたいした物だと思いましたよ。