RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.08
12
CM:5
TB:0
11:31
Category : 未分類
 桜林美佐さんの防衛関連記事は「企業が無償の奉仕で政府・自衛隊に協力している」構図に持って行こうとする傾向がある。防衛産業をヨイショするのが仕事なのだからそんなものなのだろう。実際に、防衛産業を保護育成のためには談合も悪くない、愛国無罪と主張したこともある。

 その「企業の展示会参加、まずは国の先導から」でも、やはり読んでいて気持ち悪い部分がある。
各社がパリ[の武器見本市]へ飛び立ったのはなぜか。それは政府が進めようとしている防衛産業施策を盛り上げるためと言っても過言ではないだろう。このあたりは、ぜひ安倍晋三首相にも知っていただきたいところである。
というところだ。防衛産業は「政府が進めようとしている防衛産業施策を盛り上げるため」(桜林)パリにまでいったという、無償奉仕をしているとでもいうような主張だ。

 見本市に出展するのは、自社製品を売りつけるためである。受注して利益を得るのは企業であり、そのための営業負担であるのに、それを防衛という崇高な目的意識に協力するための好意であり、防衛に対する無理解を持つ愚民の批判を乗り越えての国策協力であるとするのは、ヨイショしか見えない。桜林さんの記事に特有な不愉快点である。

 桜林さんは、迎合しかできないのではないか。防衛大事、防衛産業大事という人々に「防衛大事、防衛産業大事」というだけである。そもそも、なぜ大事かは説明できず、そこに携わる人が一生懸命であり、無償(実際にはそんな奴はいない)の奉仕をしているからといった、浪花節的な人情話しかできない。

 桜林さんの、新事実を伝えない人情話だけのを読むと、苦労した人へのフリーライドにしか見えない。そこで批判すべき構造があっても、国家のためだと強弁して肯定する部分にも、自分の頭で考えているのかと不快に思うものだ。

 実際に、本を読んでも、周知報道をあつめて、そこに過剰な思い入れを伴う人情要素をつけるだけである。経歴には、ジャーナリストとか、防衛・安全保障問題を取材とあるが、新しい発見はどこにもない。ながら視聴しかしないテレビ番組製作ならそれでいいのだろうが、文字にして読むと不快感だけが募り、批判的にしか読めないものである。



※ 桜林美佐「企業の展示会参加、まずは国の先導から」『Zakzak』(産経新聞,2014.8.12)http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140812/plt1408120830003-n1.htm
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

ようは肩書きだけ欲しい人間なんでしょうね
プロのジャーナリスト精神はなく、国に媚びを売る

No title

桜林さんは国産兵器の故障等で自衛隊員が死傷するはめになってもしつこく国産兵器を礼賛するのでしょうか?(怒)

[清谷信一]低性能でも価格は数倍から10倍の国産小火器〜住友重機が防衛省に納入していた機関銃データの改竄も露呈[連載34]自衛隊の常識は軍隊の非常識
http://japan-indepth.jp/?p=1930

↑誤字脱字だらけでも、清谷氏の方がまだジャーナリストとしての批判的精神を持っていると思います。

企業に確認したのか?

あなたは企業に真意を確認したのか?
一方的に決め付けているが…
批判ばかりで中身の薄いブログだと思う。

No title

ようはタイコモチじゃな。ヨイショしておけばヨイショされた人に優遇されるからカネが出てくる図式。あとはいかに金を持ったヨイショ先を探すか

No title

〉あなたは企業に真意を確認したのか?

取材が来ると防衛省との関係を盾に
拒否するところばかり。どうしろと?

件の住友重機は先のスキャンダルでも記者会見も開いていない。