RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.10
01
CM:0
TB:0
18:48
Category : 未分類
 サッカーで安重根の幕を掲げた云々だが、所詮は球蹴りなんだから、放置してもいいのではないか。

 サッカーも、いつの間にかナショナリズムを発露する場になっている。アンダーソンも言っているが、昔はユニオンジャックを掲げたUKも、いつの間にかイングランド、スコットランド、ウェールズの旗を揚げるという。日本が、なぜか旭日旗をあげるのも同じようなものだろう。その伝なら、日本との試合には安重根が出てきても、不思議もない。

 それを禁じる、禁じないとするのも面倒な話だ。どこまでを禁じて、どこからを禁じないのかはどうしても釈然としない。

 それならば、いっそ、鉄火場にすればいいのではないかね。いまでもTOTOはある。それを進めて、1試合限りの勝球投票権でも売りだせばいい。試合全体、前半、あるいは後半の勝ち負けだけを予想する単式とか、何点対何点に賭ける複式、点を入れたやつの名前を当てる三連単でもやって、熱い真剣勝負となれば、政治主張は交代するだろう。

 そこで煽っても良い。「日本ばかりに貼っちゃバランスが悪い、誰か韓国に貼る勇気のある奴はいないか」とか、「男なら逆張り」とかね。そうすれば、◯◯金返せ、ヘタクソ、球蹴りなんか辞めちまえの類で、サッカーでの政治問題はかき消されるだろうよ。

 うまくすれば、日本が勝ちそうになってお前らウルサイんだヨと、旭日旗を引き釣りおろす日本人とか、全財産を日本逆張りにした結果、怒り心頭で安重根の写真を破る韓国人とか出てきてゲラゲラだろう。

 サッカーも、所詮はその程度のものだ。そこで政治性を見つけて喧嘩しても仕方もない。

 なんにしても、あんなものを真面目に取り上げても仕方もない。いい年こいた大人が、揃いの運動着を着て運動場に行き、球蹴っているのを騒いで見ている姿は、何国人であっても、◯◯に見えて仕方がないもんだ。

 まあ、負けたあとに、そのチームの全員の心臓を神様に捧げるとか、世界大会で負けたら、次の国内試合は、お雇い外国人監督の首でやるよという残酷物語なら、己も「けしからん」と言いながら、ワクワクしながら見るけどね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント