RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.10
16
CM:7
TB:0
00:01
Category : 未分類
 日経「空自の緊急発進、最多の533回 14年度上半期」※だが、基本的にスクランブルは日本の事情で上げる。件数(確か、2機2ホップで1カウントだったと思う)を増やしたければ、幾らでも増やせる。いわば、火事場に消防車を何台送るかに似ている。スクランブル件数は、必ずしも、そのまま周辺国の脅威に直結するものではない。

 防空識別圏は広めにとってある。このため、日本に向かって飛んでこない飛行も相当数拾ってスクランブルをかけることになる。

 ロシアの場合、沿海地方やハバロフスク地方から樺太やカムチャッカまでの飛行も拾ってしまう。彼らが東シナ海やそこから太平洋に出るときには、特に対馬海峡を通らざるを得ない。(※※ 領空侵犯の多くは対馬海峡での、おそらく航法ミスの親戚)それをもって脅威とは言いがたい。

 中国にしても似たようなものだ。領土問題で揉めている尖閣付近をうろつくのはともかく。太平洋に出ること、それ自体は文句を言えない。中国海軍の航空戦力伸張という意味では脅威かも知れないが、その飛行自体は日本に危険でもない。

 そんなに深刻になるものではないということだ。空自や発表した統幕にしても、それは承知しており、変に発表すると突っ込まれるので、事実関係しか言わない。

 もちろん、報道機関がロシアの脅威が増えたとか、中国の脅威は切迫しているというのを期待はしている。そうすれば、防衛省の省益となるからだ。省益という言葉が悪ければ、彼らが理想とする防衛態勢に寄与することが期待できるからといってよい。

 スクランブル件数については、その程度のものだと承知して見ておいたほうが良い。OBあたりがホニャララの脅威がと言い出す時の論証にするだろうが、それもポジショントークというやつだ。もちろん、本気でそう言い出すのは居るが、あんまり頭は良くはない。特に空自戦闘機パイロット上がりは独善的な奴も多いので、眉に唾つけて7割掛け位に聞いたほうが良い。

 そのうち、中国のスクランブルへのスクランブルといった間抜けな自体も増えてくるだろう。中国は、最近、日本と衝突する形で防空識別圏を設定している。日米はその範囲どころか、中間線の向こうには始終飛んでいる立場である。ぞのうち、日米機に対する中国軍のスクランブルがヨリ遠距離に出てくるだろうが、それにも日本側はスクランブルを掛けるのだろう。

 役所は決まったことしか出来ないので、それはそれで仕方がない。不経済も極まりないが、それが領域警備というものであり、領土は神聖なので国はそこで手は抜けない。国家とは不経済なものなのだということだ。

 だが、それで跳ね上がったスクランブル件数だけを見て、「彼らはホニャララを狙っている」というのは、相当に頭の悪い発言だ。



※  「空自の緊急発進、最多の533回 14年度上半期」『日本経済新聞』(日本経済新聞,2014.10.15)http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE15H0A_V11C14A0PP8000/?n_cid=TPRN0005

※※ 前に海図上に落としたことがある。「領空侵犯といってもカスっているだけだからね」http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-767.html
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

これはひどい記事だ。

領空侵犯の可能性があるケースで出してんのに。

>ロシアの場合、沿海地方やハバロフスク地方から樺太やカムチャッカまでの飛行も拾ってしまう。

海に出て日本領空に向け進路を取り向かってくれば領空侵犯の恐れがある。

Re: タイトルなし

今回の発表文には、領空侵犯や、その可能性も窺わせるものはないです。

そもそも、ガチンコの領空侵犯は戦争直後くらいにしかないのですよ。

中国の領空侵犯は一件だけで、それも自国領域を主張する尖閣での一回きりです。中国からすれば、尖閣で領空侵犯はできないわけですから、日本領空を審判する意図はないです。

ロシアにしても、ソ連末期の大ポカも含めて航法ミスが殆んどで、意図してやった可能性があるのは、日本領空を認めていない孀婦岩上空の類だけです。まあ、昭和30年代の北海道への侵入は、ガチの偵察の可能性もありますけどね。


> これはひどい記事だ。
>
> 領空侵犯の可能性があるケースで出してんのに。
>
> >ロシアの場合、沿海地方やハバロフスク地方から樺太やカムチャッカまでの飛行も拾ってしまう。
>
> 海に出て日本領空に向け進路を取り向かってくれば領空侵犯の恐れがある。

Re: タイトルなし

写真偵察や、領空侵入での威力偵察としても、冷戦末期の礼文島と沖縄がそうかもしれないくらいですかね。

やらなくとも、スクランブルかけてくるので、やる必要があるのか疑問ですし、Tu-16の類でやるものでもないでしょうし。だいたい、当時はアエロフロート使って安全に航空偵察しているといわれた時代ですからね。

フライトプラン出してもらえば文句ないんだけどね。

都会育ちの船乗りには分からないかも知れませんが、空の世界なら国境はすぐそこだし、日本付近を飛んでいる飛行機がちょっと向きを変えれば何分かで領空侵犯なんですよ。

まあ、中共ロシアの航空機が領空侵犯してもいい、させても問題ではない、国家の主権の侵害ではない、ミスだから許してやれ、だからそんなのをカウントする防衛省はおかしいというなら話は別ですが。

No title

スクランブルがかかる≠領空侵犯があった、なんですがそれは…

要は飛んでくる側もスクランブルかます側も、真剣な部分とルーチンな部分と両方あるってことでしょ。ただそんだけの話。

冷戦時代でも、定期パトロールである海自の哨戒機にミグのスクランブルやら、SAM陣地からのロックオンをやられてたそうですから、案外古典的なゲームでしょうね。

それも相互関係が成立した。