RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.10
17
CM:2
TB:0
06:35
Category : 未分類
 LMが、核融合を実現するというニュースがあった。トラック1台分のサイズで100MWという。だが、人類は既にSTAP細胞と常温超電導で騙され、常温核融合でがっかりした経験がある。まあ、現物ができるまでは眉唾が宜しいのではないか。

 人は時にスゲー嘘をつく。毎回掘るたびに旧石器時代の石器を発見する神様に至っては、いつも火事の第一発見者並にアレだが、追い詰められると、後にバレる嘘でも出てくるのだろう。まずは景気は上向きであるとか、三本の矢とかいっている嘘つきも相当追い詰められれているのではないかね。

 ただ、核融合が実用化できれば、イイコトは一杯ある。

 おそらく、石油が相当に安くなる。

 まずは発電用の石炭やLNGが余るので、それをCTLもGTLでもやれば、液体燃料は好きなだけ作れる。

 さらに、核融合でロハ当然で高熱や、それが無理でも電力がつくれれば、水と二酸化炭素だけでも燃料が合成できる。不効率ではあるが、熱や電気代がタダなら別にそれでも問題はない。

 エネルギー効率からバカバカしいことも平気にできるようになる。よほど困らないとやらない、海水からの真水の造水も、設備の面倒なROや減圧蒸留なんかしなくとも、単純蒸留や原始的な多重効用釜でできる。極端にマヌケな事を言えば、その水を川の上流に流して、ついでにやすい電力で酸素吹き込みやら撹拌でもすれば、都市河川や水質改善もできるかもしれない。あの外堀の夏の臭さのたぐいも解決できるかもねえ

 ただまあ、インパクトの割に朝日読売毎日日経が何も報じないあたりは、暫くは様子見程度のニュースで、飛びついて報道するとアレな危険性があると思う程度の確度なんだろうね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

某大学の物理学教授あたりも「今までやって来たこととそんなに違いは無いし、それで出来るんならとっくにやってる」と言ってたしねえ。現物が出てこない限りフリーエネルギー詐欺と言われてもしょうがないレベル

No title

核融合自体は既にできてる。
というよりも、理系の高校生でもやれる程度の技術でしかない。
問題なのは「核融合を始めるために必要なエネルギーより大きなエネルギーを生み出せないため、意味が全くない」こと。
まあ詐欺でしょうな。