RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.10
19
CM:10
TB:0
08:30
Category : 未分類
 佐藤正久さんが主張している諸手当増額をみると、やはり支持母体の陸自の代理人であることが窺える。佐藤さん本人が投稿した「防衛省・自衛隊における諸手当等に関する要望申し入れ」での項目を見ると、そうにしかみえない。

 諸手当増額には、合理性が必要であるが、佐藤さんの主張にはそれがない。

 まず、妥当性で合理的ではない。諸手当は危険や苦痛の補償としての妥当性が必要である。例えば、パイロットは危険性や、体調管理での拘束への手当として初号俸ベースでの積み増しがある。艦艇乗員や潜水艦乗員、小笠原、硫黄島勤務者は、航海中や赴任中は家に帰れない日常があるため、現号俸に乗算する乗組員手当や僻地手当がでる。

 しかし、陸自要員には、それまでの危険や苦痛はない。陸自の一般隊員は、日常的に帰宅可能であり、航空要員のような飛行前日に酒を飲めないような制限はない。大規模な演習も、年に1-2回であり、艦艇乗員や小笠原硫黄島勤務者のような日常ではない。

 その程度の苦痛に対して、佐藤さんの主張する手当は過剰である。特戦群6割、西方3割3分は、パイロット等の初号俸の6割よりも高額である。潜水艦の4割5分や、艦艇乗員の3割3分と比較して平衡を欠く。

 また、政策的な合理性も欠ける。給与や待遇面での厚遇は、不人気で人の集まらないが、重要な職域や部隊に人を集めるためという政策的な要素もある。人の余っている陸自にそれをする必要はなく、海自の中でも不人気な艦艇・潜水艦要員に必要なものである。

 艦艇潜水艦部隊への待遇は、10年ほど前に下げたっきりになっている。お陰で高練度な海士や、初中級海曹が艦艇勤務いやさに退職している。それを上げずに、使いもせず、人が充分に集まる特殊部隊の待遇を増やしても仕方もない。

 さらに、統合訓練時にお客さんで乗る陸空自衛艦に、乗組員手当や、航海加俸を与えろというのも、おかしな話である。海自の場合、お客さんで乗る海上自衛官にも防火防水の義務が課せられるが、加俸はない。3直性の航海直(昼3直、深夜3直でまともに寝られない)に入るわけでもないのに、それは過剰な手当てである。

 佐藤さんは、結局は、陸しか見ていないし、陸のことしかしない。もともと陸の政治指向は、海主陸従論への警戒から票田となり、議員を送り込むことに終始している。陸海空全体の調和を見ずに、陸の権益を確保する要員だから仕方のないはなしである。


※ 佐藤正久「防衛省・自衛隊における諸手当等に関する要望申し入れ」『BLOGOS』(2014.10.17)http://blogos.com/article/96692/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

これは次の選挙~次当選ならの大臣睨んだもんでしような。

要望は多めに言っておくに越したことはない気がするけど、この程度なら微々たる金額では?
艦艇手当戻せばその何倍もお金かかるんじゃ?

それと、陸は頭数多いから票も候補者も集めやすいというのも。

No title

露骨にポジショントークですか

No title

同じ海士でも当直が陸上は月三回に対して艦艇は月十回
航空部隊との訓練海域が遠いから土曜早朝に出航して次の土曜入航なのに代休処理なし
だから休みをお金に替えてくれという声があがる

Re: No title

未婚の海士とか3曹は、上陸制限がきつくて、1/2だか1/3は営内に居ろだったし
昔は職場において保安当直扱いにして、翌日上陸させたりしたけど、今はそれもミリミリだものねえ

> 同じ海士でも当直が陸上は月三回に対して艦艇は月十回
> 航空部隊との訓練海域が遠いから土曜早朝に出航して次の土曜入航なのに代休処理なし
> だから休みをお金に替えてくれという声があがる

>>佐藤議員

この人は議員バッジを付けた自衛官なんですよ。それも陸自の。
とにかく有権者に選ばれた選良としての自覚が薄い。
たとえ自衛隊が自分を国政の場に送り出した古巣であっても、
代議士となった以上、外から俯瞰して眺める視点が必要なはず。そういう感性が備わっていない。
武力集団を客観視出来ない議員など害悪ですよ。その意味合いにおいてはプロ市民と変わりない。
かつて佐藤議員が口汚く罵った田中防衛相のほうが自衛隊を色眼鏡で見ないぶん遥かにマシ。

てゆうか、
「海自の手当を増やせ」
の一言で済む話では?

Re: タイトルなし

海を増やすから陸も増やすみたいな総花的なやり方はもう無理です
カネがないから

> てゆうか、
> 「海自の手当を増やせ」
> の一言で済む話では?

海自版佐藤議員を作って対抗したりしてはどうでしょうか?

〉海自政治家

海軍というか海自の体質からしたら余り政治と絡みたくないでしょう。

元海幹部の肩書きで出馬しても、一部の連中を除いて海曹士連は投票しないでしょう。

まあ地方議員が精一杯じゃないでしょうか?

Re: タイトルなし

海幹部はまず選挙でませんね。
でるもんじゃないという価値観があるし、支える気もない。

そりゃ日日命令切ってやる、総員集合みたいな行事のあとでで
選挙の投票促進にかこつけて「自衛隊にとって誰がいいかよく考えろ」(陸2佐)なんて、下品な口の滑らせ方しないもの、解散後は海は全部マズイねえといってましたしね

地方選挙でるのも、どっちかというとCPOや准尉
転勤族の幹部は無理、せめて地付きのC幹じゃないと

八戸で分隊は違うけど同じ隊の◯◯員の親爺が、
大湊の最先任曹長やってて市議会選挙でトップ当選してましたね

> 〉海自政治家
>
> 海軍というか海自の体質からしたら余り政治と絡みたくないでしょう。
>
> 元海幹部の肩書きで出馬しても、一部の連中を除いて海曹士連は投票しないでしょう。
>
> まあ地方議員が精一杯じゃないでしょうか?