RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.12
10
CM:5
TB:0
05:40
Category : 未分類
 日豪は防衛・安保で接近している。だが、日豪同盟とやらについて、なんでオーストラリアもそこまで熱心なのかもよくわからない。中国との対峙と天秤にかけると、何の利益もないはずなのだがね。

 米国は、経済的な利益のために、中国との関係強化を狙っている。確かに、米国は安全保障の分野では、軍事力での優位を維持しようとはしている。だが、経済面では中国との関係も深化させようとしている。全体で見ると、中国とは協調ベースにある。

 東南アジアも、韓国も、インドも同じである。いずれも、急速成長する中国軍事力について、脅威を感じている。だが、経済的な成長のためには中国と協調する必要がある。そして、中国軍事力は当座の問題ではない。全体としては中国と仲良くしようとしている。

 しかし、唯一、日本は中国と対決ベースにある。特に現政権は、政治的な立ち位置から、中韓とは睨み合う形にある。特に、その支持層が、観念的な右派や、宗教右派であり、中韓憎しで固まっており、柔軟性もないため敵対以外を許さない。そのため、中国と対決ベースにある。※

 この点、オーストラリアは日本と同盟すると、どばっちりを受けると思わないのだろうか?

 オーストラリアは、日本との同盟により、孤立し、あるいは貿易や投資の面で不利益を受けるリスクがある。東アジア、東南アジア、南アジア、米国は、日本を除き、中国と協調的である。その環境の中で、強大な力を持つ中国と張り合っている日本と同盟を組むということは、そういうことだ。

 観念的な「アジア人の脅威」にドライブされて、日本と同盟を組むとしたら、オーストラリアの首脳は、あまり頭は良くないようにも見える。周りを見ないで「安全保障のダイヤモンド」や、失敗したTRIM外交を推し進めた、観念的右派の日本の首相と同じようなものだ。実際に宗教的な右派であり、単純な嫌悪による左派嫌いといったあたりの非現実的な部分でも、両首脳は似ている。

 そもそも、日豪同盟は、両者にとって本当に利益になるのか怪しい部分がある。

 日本にとっても、オーストラリアに引き釣り回されそうな感はある。オーストラリアは、白人世界から見捨てられたくないのと、人工的に小国であり、自国防衛に不安があるため、国防以外に何の利益もない米国の戦争に毎回出ている。そのような戦争に、米豪2国に迫られて、日本も付き合わされるとしたら碌なものではない。

 日本は、自国防衛には大して不安はない。単独では中国とのゲームには負けるかもしれないが、それでも、本土防衛は自国だけでもどうにかなる。その意味で、日米同盟にしても、米国が同盟の利益を感じる程度、日中の戦いで米国が支援してくれる程度の、同盟義務を果たせばいい。オーストラリアのように、訳の分からない戦争に、前線での戦闘部隊を差し出してまで米国に協力する義理もない。

 もちろん、日本の国益がかかれば海外派兵もあるだろう。だが、日米同盟に加えて、日豪同盟の縛りで、機械的に派兵するような状態に巻き込まれるのは、ゴメンといったところだ。

 日本としても、オーストラリアとの防衛・安保での接近は、もう少し考えてからのほうがいいだろう。特に、現今のように、まともな合意もなく、憲法について、解釈を閣議決定で変えてどうこうする※※ ようなやり方は良くもないだろう。



※   日中も、軍事力で対峙するけど、経済的には接近したほうが利益なんだけどねえ。日中はどっちも、対外関係で強い指導者を装っているから、そのせいでどうしようもない。
    特にアレ政権とその支持層は、強制云々以前に、組織的な管理買春や、借金による奴隷拘束といった面でどうやっても勝ち目のない慰安婦問題で、しかも日本には一円の利益もないのに、自分たちの利益のためだけに騒いでいるからねえ。

※※  そういえば、昭和20年の特高月報の原稿だかに、東条内閣時代の事件として「
    明治大帝から賜った憲法を守れ」という落書きの例があった。実際、東条は輔弼と輔翼を一人でやるという意味で、明治憲法でも許されない独裁者だからねえ。まあ、憲法を守れは、戦後レジュームでもないし、戦後平和主義の産物でもないということだね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

明治憲法が東条幕府を否定するのは当たり前で。
だって明治憲法って、「徳川家康のようなのがでてきて幕府のような機関を作らせない」ためにできたわけだ。
しかしその結果、首相という地位単独では陸海軍に対抗できないほど権限が弱くなった。
いわゆる統帥権問題というやつだね。
昭和期の陸海軍の暴走をだれにも止められなかった原因だ。

でまあ、東条が首相になると、この問題を解決することを迫られる。
その答えが首相と陸軍大臣の兼任だったと。
当然評判は悪いが、政府が軍部の言いなりになるよりは100倍マシだっただろう。
ところがさらなる問題に突き当たる。
東条は陸軍大臣を兼任したことで陸軍省に政府の統制を及ぼすことはできた。
だが今度は、陸軍の参謀本部と海軍が統帥権を盾に抵抗するw
海軍省については東条と親しい嶋田を海軍大臣にしてある程度把握するという形になったが、下の参謀本部と軍令部が無茶をやる。
そこで参謀本部と軍令部総長をも東条と島田で兼任する。
このころから東条幕府批判が強力になってきており、サイパン陥落が契機になって東条は失脚。

もっとも、反東条派の内閣ができたにもかかわらず、和平交渉は進まなかったし、陸海軍は相変わらず政府に楯突く状況が続く。
結局、和平が本格的に形になったのは、小磯内閣が潰れて鈴木内閣からっていう。

そりゃまぁ日豪ともに、野党が国を売って票を集めてるってのも、共通してますわな。

No title

>そりゃまぁ日豪ともに、野党が国を売って票を集めてるってのも、共通してますわな。

野党時代の自民(今もだが)が尖閣で中国を刺激して緊張が高まった結果、海保の警備力の多くを尖閣に取られるようになり、気がついたら中国のサンゴ密猟船を取り締まる余裕がなくなってました、とかねw

日本はネトウヨが国を動かしてますが、オーストラリアもそれに近いのかしら

No title

むかーしオーストラリアに住んでたんだけど、あそこの国情って、妙に捻くれてるところがあるように見ましたな。
>あるいは貿易や投資の面で不利益を受けるリスク
今はどうか分からないけど、10年くらい前は中豪は環太平洋地域の資源貿易の最大のライバル関係で、相互補完の形にはなってないんです。

他方、華僑が要所要所でがっちり根を張ってて、むしろ白人系住民には中国をはじめとするアジア系移民に劣等感があったりするんです。
東南アジア系の子供に、「あなたのお父さんたちを見習って、もっと勤勉にやらなきゃダメでしょ」
「だって僕、オーストラリア人だもん」というジョークをよく聞きました。
ここにあるのは、オーストラリア人は怠け者、東南アジア系は働き者、っていうステレオタイプで、これを子供のころから聞かされた今の大人は、逆に今のネトウヨと一緒で、気分的には反発するという構図があったり。