RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.01
04
CM:8
TB:0
12:44
Category : 未分類
 普天間のゲート前の抗議活動が邪魔、排除するという話だが。(「反対行動排除を強化へ 辺野古ゲート前、資材搬入で政府」)

 強引なことをやって、県知事と名護市長が出てきて道路封鎖したら収拾つかなくなると思うけどね。江東ごみ戦争はそうだった。

 今の知事と市長の後ろには、議会も民意もついてきている。アレ宰相の指示で、国が強引なことをやって、それに現地が反発で呼応したら、首長と議員が先頭に立った市民総出の道路封鎖はありえる話なんだがね。

 そもそも、県知事は県警をある程度コントロールできる。それでもアレ政権の押し付けにはいくらでも抵抗できる。

 知事は予算で県警を縛ることができる。警察への直接指揮権はないが、辺野古警備に関する予算支出を停止しろとか、具体的な事例を上げてその予算執行を停止しろと言える立場にある。

 そもそも、知事は公安委員会に指図することも可能だ。もちろん、公安委員会は県知事の命令に従う立場にはないが、その意向を無視できる立場にもない。アレ宰相が警察庁や国家公安委員会からの横槍を入れるなら、県知事は全員を罷免することもできる。あたらしい公安委員の任命は国の同意が必要だが、不同意は相当にハードルが高い上、現地感情をさらに刺激するのでまずはできない。

 もちろん、このような抵抗で、永続敗戦論状態にあるアレ政権にいうことを聞かせることはできないだろう。

 だが、アレ政権と戦うことで、世論と米国に現状不可の判断をさせることは可能だ。実際に、県知事と市長は、抗議することで日本国政府にいうことを聞かせる必要はない。国内世論と米国に、辺野古移転や、そもそもの海兵隊駐留が筋悪で実現不能とする印象を与えればよい。普天間辺野古問題は、すでに行き詰まりを見せている、日本の世論も、米国政府も遠からずそのように判断し、別の方法しかないと確信する。

 これは、第二次台湾危機の国共合作のようなものだ。1958年の台湾危機では、新中国と国府は互いに闘うことにより、ともに米国に「台湾は中国の一部である」ことを呑ませ、成功している。

 とにかく、知事と市長は、なんでも抵抗するべき段階だろう。現実的に辺野古移転にせよ、普天間残置にせよ、海兵隊駐留継続にせよ、現実にできないことを見せつけることで、代替案としての海兵隊撤退が現実味を帯びてくるからだ。



※ 「反対行動排除を強化へ 辺野古ゲート前、資材搬入で政府」『琉球新報』(2015.1.3)http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-236754-storytopic-3.html
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

早晩、アレゲな首相をありがたがる連中は外国人をはるかに超えて沖縄県民を憎悪し始めるんじゃなかろうかと。近いうちにヘイトスピーチが外国人じゃなくて沖縄県民に向くことになるでしょうな

すでにネトウヨ系ミリオタは、国防の邪魔をするからと沖縄県民を敵視してます。

ゴミ戦争より、飛鳥田横浜市長の戦車の通行を止めた話の方が近いような。

しかし、沖縄に海兵隊を常駐させる地理的軍事的必然性の是非を問うまでには、なかなか議論が行かない。
興味が無いのか馬鹿なのか、あるいはその両方か。

No title

・基地の必然性
 アメリカ軍は世界各地に事前展開し、外征するのが軍事戦略ですから、アジア圏に四軍それぞれの主要司令部とその下で動く部隊があれば用は足せるんでしょう。

 日本の陸自のように、この都市まで敵が突進するのを阻むにはこの隘路を抑えねばならず、そのためにはその近傍に駐屯地があるべきであるというのとは、話の規模が違うからやむを得ないことです。

 結局は地理的にはもっと大まかな広い地域で分散できる、あるいは有事に備えて本国で輪番で待機でも足りるのかもしれませんが、歴史的必然性から沖縄にいるということでしょう。

 第二次世界大戦中に英国に駐留した米軍と英国社会との間でも摩擦はあったようですから、同言語でほぼ似た文化圏で国の生存をかけた世界戦争をともに戦ってさえそうなる以上は、現代の米国と日本ではあわないことが多々あるのもやむをえないことです。

きらきら星さん>
海兵隊が最終段階で用いられる兵種ということも頭にないんでしょうし、それ以前に日本がアメリカと戦争やったことも忘れているのでしょう。
親方星条旗ですからね。

No title

このブログを読んで、前の宮城県知事が宮城県警の捜査費不正支出に業を煮やし、捜査費を執行停止したことを思い出しました。

宮城県知事、捜査費を執行停止 全国初 - 高知新聞
http://www.kochinews.co.jp/kenkei/050624yuu-1.htm

なるほど、捜査費がOKなら、キャンプ・シュワブ警備費だって執行停止可能ですな!

>>とんさん

海兵隊にとっての歴史的必然性というのはこの場合、海兵隊が大量の血を流して獲った場所だから沖縄は海兵隊のモノだということなんでしょうか?
ならば軍人軍属のみならず非戦闘員まで多数の血が流れた沖縄県民の歴史的必然性は誰がどう贖ってくれるのでしょう。
ていうか、それって単に海兵隊に占領軍根性が染み付いているってだけの話なのでは。