RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.01
06
CM:7
TB:0
00:01
Category : 未分類
 JSFさんの発言には時々不思議なものがある。

 今回は、飛んでくる飛行機の音が聞こえず、正横変わってから音が聞こえているというのに
音速突破と紹介されてるけど、音が静かだし突破してないかも・・・ベイパーコーンは音速出てなくても発生するしなぁ。
https://twitter.com/obiekt_JP/status/551865781927956480
と述べている点である。

音速


 録画時の音響レベルなんて適当なものなのに、その音響レベルを信じていることはさておこう。

 艦載機の飛行を見慣れている乗員が集まって見物しており、わざわざデジカメの録画モード?までしようとしているほどの見世物なのだろうという状況について、JSFさんが把握できないことも、おいておこう。

 なにより、近づいてくる飛行機の音が聞こえないことを不思議に思わないのは、かつて他人を叩くときに自称していた国立理系院卒の経歴からしておかしいのではないか。だいたい、ジェット機が飛んでいるのを見たことがあれば、前から見てF-18の轟音が聞こえないあたりは怪訝である。

 映像をみても、速力は推測でき、相当に高速であることが伺える。F-18は丁度18.0秒で左舷の艦尾鋭角部を代わり、19.0秒丁度で前方向アングルドデッキ鋭角部を抜けている。空母の図面から測ると170mで、アイランドから60mズレている。空母からさらに60m左をフライパスしたとすれば、秒速340m程度だからだいたい音速となる。(海面高度とか温度とかの検討はしてないけど、そんなものだ)
見た目の角度


 なんにせよ、音の大きさだけで、しかも録音レベルを考慮せずに音速以上以下を判断するのは、不思議なものだ。映像上で聞こえる音が小さいと「音速を超えていない」と判断するのが、JSFさんの理論なのかもしれない。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

数多久遠先生に喧嘩売られた時の事ですな。

> かつて他人を叩くときに自称していた国立理系院卒

No title

いや、音も何もベイパーの形状見れば一瞬で遷音速だってわかりそうなもんでしょ

http://homepage3.nifty.com/runway/notebook/rikei01/rikei01_7.gif

No title

http://obiekt.seesaa.net/article/96485192.html

ああコレの再利用ネタか。
「遷音速でベイパーが発生するから超音速じゃない」と主張したいらしいが、超音速でないことにそんな重要な意味があるんかね

JSFもおとなしく艦これだけやって、それについてだけ呟いたほうが、周辺関係者も、本人も得すると思いますの。

No title

要するに、笑うべき点はベイパーコーンっていうマニア知識をひけらかしてるくせに、正横変わってから音が聞こえている(つまり飛んでる飛行機と音の速度がほぼ同一程度である事を示唆する)っていう中高生でも解りそうな数学ないし理科の現象に着目していないっていう知見や注意力の偏頗、ってことでしょ。

音の大きさ云々で言うなら、つべに腐るほど転がってる戦争関連の動画漁れば解ると思うんだけどなぁ。全然上手く銃声や爆発の音を拾えてない(だろう)とか

No title

相変わらず、自分に甘く、他のプロに厳しい人ですね・・・JSFさんは・・・・

私の時も、モスポールしてるPー3なんざ無いのに、清谷さんに指摘されるまで逃げのいってでしたので、指摘に弱い御仁です。

No title

11~13秒の放送でスーパーソニックうんたらかんたら言ってるな…