RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.02
06
CM:11
TB:0
22:49
Category : 未分類
 佐藤正久さんの「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」だが、櫻井よしこさんに指図を求めるあたりで、逆効果しかないように見える。

 桜井さんの発言として
クマラスワミ報告等に記されている、慰安婦に対し行われたとされる処し方(主に拷問や処刑方法)など、日本人がするはずがないのだが、それを如何に説明するか。
中国の歴史書である資治通鑑を紐解けば、そこに書かれている中国古来の拷問方法が、かつて日本が慰安婦に対して行ったとされる行為とそっくりそのままである。

とある。

 だが、問題の根幹はそこではない。従軍慰安婦そのものについて、奴隷的拘束や強制的な売春強要が問題となっている。その中での一部分について「拷問のやり方が虚構だから、クマラスワミ報告は信頼性がない」といっても、逆に「奴隷的拘束は認めるのに、その中身が違うとか言い出すのか」と馬鹿にされるのがオチである。

 結局は「アウシュビッツは無かった、なぜなら燃やす重油が…」みたいな話を桜井よしこさんがして、それを佐藤正久さんが広めているような形だ。やるだけ日本の損にしかならない。まあ、この桜井さんや佐藤さん以下の、特命委員会に出ている連中が、日本の名誉と信頼失墜をさせている。一番国益を損なう連中であるということは間違いない。

 この手の問題は、余計なことを言えば言うほど燃え上がる。日本が悪かったことはどうしようもない。佐藤正久さんのような議員は自己の議員益のためにそういうのだろう。だがその余計な発言で相手国の世論に火に油を注ぎ、世論対世論、政府対政府でぶつかり合っても、日本には何の利益もないどころか、国益を失うものである。



※ 佐藤正久「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」『守るべき人がいる』(2015.2.5)http://ameblo.jp/satomasahisa/entry-11986431344.html
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

今あちこちで裁判してる高木弁護士が言うように、植民地支配下で行われたことは全て強制性があり、個人補償を行わなければならないとの見解のようですが、それも一つの考え方ですね。

No title

娼婦に廃業の自由を認めなかったり、借金で拘束して売春を強制するのは、当時でも人身売買。
しかし、日本の公娼制の下では事実上黙認でそれが横行していた(ひどい話だ)。
国内の女性相手だけにやるなら国内問題で済んだが(これもひどい話)、慰安婦制度で海外植民地の女性にやっちまったもんだから、今にも続く国際問題になっているわけ。

「売春がアウト」なんじゃなく、「強制的な売春がアウト」「人身売買による売春がアウト」だってこと。

また、旧陸軍の内規では「慰安所は酒保の一部」とされており、さらに「部隊長の判断で酒保の請負商人を軍属にできる」ことが判明している。
従って、慰安所の楼主が軍属扱いで軍服を着て慰安婦募集をしていた可能性は実はあり得る。
オランダ人女性を慰安所に入れた白馬事件でも、処罰された慰安所の楼主たちは軍属になっていたはず。

ネトウヨがよくやる「女性を騙して連れてくるのは民間の業者がやったことだから軍の罪じゃない」「慰安所の待遇がひどかったのは民間の業者のせい」なんて言い訳は通じないと思われ。



いや、確かに佐藤某たちの主張は稚拙だし問題の解決には繋がらないかもしれません。
だからといって男の下半身の欲求は古今東西不変にして今現在進行中の難問題です。
なにしろ穴がなければヤギやラクダだって構わないというのが男の下半身。
従軍慰安婦問題だけ切り取って論戦したところで何の解決にもなりませんよ。

今や日本の国民は総ウヨ状態なんで、こんな活動でも支持してしまいそうで怖い

No title

>だからといって男の下半身の欲求は古今東西不変にして今現在進行中の難問題です。

人身売買や人身売買まがいの方法で女を集めなければいいし、また売春を強制しなきゃいいだけの話。
なぜそれができないんですかねぇ。

ヨーロッパのいわゆる人権先進国と言われる国々では売春が合法なところもありますが、
それらの国々でも売春業務に携わる女性は東欧からの移民など、やっぱり訳ありな人が多いそうです。
そりゃそうだ。オランダやドイツの堅気の女の子に将来なりたい職業を聞いて、
バスガイドやスチュワーデスと並んで売春婦なんてそうそう出てくるわけがない。
たとえ合法だろうが高給を貰おうが、股を開いて身体を売る仕事は敬遠されるし、なにより親が許さない。
他に安定した勤め先があれば普通はそちらを選ぶでしょう。
売春はいつの世もどこの国でも結局はその仕事をやらざるを得ない、
立場の弱い女性(男性含む)が割りを食うのです。今までもこれからも。
従軍慰安婦問題はそれが最も極端な形で行われたわけで、その意味で批判は仕方ない。
ただ米韓が自分たちの売春行為を棚に上げ、
これだけを批判したところで売春の本質的な問題は何も解決しない。
たぶん全人類のオスのチンチンを切り落とさない限り無理なんでしょうけれど。

No title

>ただ米韓が自分たちの売春行為を棚に上げ、
>これだけを批判したところで売春の本質的な問題は何も解決しない。

結局、ネトウヨが韓国ヘイトに走ってるのはそれだよ。
実際のとこ、慰安婦否定論はあろうことか人身売買肯定して「日本軍は騙して連れてきた女に売春強制しても問題ない!」などといいだすし、南京大虐殺否定論は「数十万の虐殺は嘘だけど数千~数万は虐殺してました」というのがせいぜい。
これじゃ中韓と議論しても勝てない。
最終的に「虐殺や人身売買はみんなやってるんだ!日本だけ責めるのはおかしい!」と逆ギレしだす羽目になるw
ネトウヨは勝てない議論に焦り、追い詰められて感情的になり、中韓ヘイトで憂さを晴らしだしたわけだ。
「こんなに完璧な俺の理屈が認められないのは奴らが劣等だからだ!」ってな。
本当にみっともない話だよ。

従軍慰安婦問題は、売春問題という全人類的共通の普遍的な問題を、一時代一地域の蛮行として矮小化したものですよ。
日韓どちらの主張が通ろうが、それとは関わりなく今日もまた立場の弱い人たちが心と身体を虐げられる。明日も明後日もずっと。

Re: タイトルなし

一番ひどいと思うのは、精神障害を抱えている人が、働ける場もないし、公的扶助での門前払いも厳しいので、体を売っているというアレね。海外の難民キャンプに援助するのもいいけど、国内には何もしようとしないのは問題では無いのかね。
まあ、難民に金突っ込めばアメリカや世界が褒めてくれるけど、国内福祉に金突っ込んでもアメリカが褒めてくれないからだろうけど。

国内福祉に金を突っ込めば票が入ると思うけど、金を突っ込むと言うよりは制度の運用の話では?

まあいいけど。

> 一番ひどいと思うのは、精神障害を抱えている人が、働ける場もないし、公的扶助での門前払いも厳しいので、体を売っているというアレね。海外の難民キャンプに援助するのもいいけど、国内には何もしようとしないのは問題では無いのかね。
> まあ、難民に金突っ込めばアメリカや世界が褒めてくれるけど、国内福祉に金突っ込んでもアメリカが褒めてくれないからだろうけど。

No title

>ただ米韓が自分たちの売春行為を棚に上げ、
>これだけを批判したところで売春の本質的な問題は何も解決しない。

「売春の本質的な問題を解決」とか大風呂敷を広げる前に、まず未成年者の
人身売買と強制労働という、より深刻な問題から先に解決したほうがいいと
思いますよー

わが国は現在でさえ国際人身売買の買い付け国として批判されてるわけで、
それすらほったらかし、被害者への謝罪も賠償もせずに「確かに俺は人殺し
だけど、世の中には盗みを働いてるやつもいる」みたいな屁理屈捏ねても、冷笑されるだけじゃないですかね?

>たぶん全人類のオスのチンチンを切り落とさない限り無理なんでしょうけれど。

「私有財産制度を廃止しない限り盗みは無くならない(だから俺の窃盗罪は
批判するな)」みたいな理論ですか?全人類のオスのチンチンを切り落とさなくても、大規模な人身売買の抑圧はできると思いますよ。