RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.01
26
CM:0
TB:0
18:59
Category : 未分類
 ステルス性に特化した船型は、普段使いには向かない。ステルス艦艇は水上戦闘ではその性能を活かすことができる。敵から見つかりにくく、対艦ミサイルもあたりにくい。しかし、戦闘以外では使いにくい。特に甲板作業が難しい。甲板作業が難しい艦艇は、実用性に欠けるのである。LCS-2インディペンデンスや中国の紅稗級ミサイル艇では、甲板作業は難しい。ステルス性に特化したデザインの結果、艦首から艦尾まで上甲板面は不連続となっている。そして甲板は喫水線の内側にセットバックし、海水面へのアクセスが悪い。またセットバックの分、甲板が狭くなってしまった。結果として、作業性が損なわれている。

 インディペンデンスの場合、後甲板は広いものの、艦橋以前には人が作業できるスペースはない。一応、錨の出し入れや、もやいのやりとりは船体内でできるようになっている。だが、インディペンデンスが曳かれ舟、被曳航船となったときには、艦首で引っ張って貰うことはできない。後ろから、バックの状態で曳航されるしかない。また、艦艇から落水した、あるいは漂流中の溺者を救助するにしても、前甲板での作業はできない。溺者救助のために近づいて、風上から寄せるにも不便である。監視員が艦首に立って、溺者を間違いなく右舷(あるいは左舷)にいる、右舷(左舷)にかわしたかを確認できない。後甲板にしても、喫水線からセットバックしている。甲板縁から喫水線まで距離があるので、他の艦船に接舷しても、乗り移ることは難しい。いちいち舷梯を出さなければならない。まず臨検での接舷移乗は難しい。他にも、火災を起こした艦船からの救助、あるいは消火隊の応援もある。甲板縁から喫水線まで距離があると、海や団平船、桟橋からの荷物の積み下ろしも不便である。イメージしやすいのは落し物である。甲板縁がオーバーハングしている在来艦艇のように、上から鉤爪の類で拾いあげることはできない。洋上での水上標的揚げおろし、停泊中での物資の積み下ろしにも、不便である。

 紅稗級はもっと深刻だろう。甲板そのものが相当に狭く作業に向かない。中部甲板のミサイルは邪魔となる。後甲板は猫の額の面積しかない。普通、小型艦船での溺者救助は容易であるのだが、紅稗級では相当に難しい。直接溺者を引き上げるにしても、短い甲板はが前中後で分割されている。救助作業は甲板を行ったり来たりとなる。物を落としたときや接舷移乗も同様である。また、小型艦艇は戦時平時を問わず軽輸送や連絡に用いられる。しかし、紅稗級には物資を搭載しておくスペースが無い。さらに後甲板が狭すぎる。搭載艇をへん水させ、荷物を受け渡す広さはない。後甲板が狭いので、特殊部隊の類を上陸し、回収することも容易ではない。甲板が狭いと兵装を増やすことも難しい。増やしても射界は広く取れない。結局は、本来用途の対水上戦と哨戒くらいにしか使えない。

 ステルス性に特化した艦艇は使いにくい上、高価になりがちである。ステルス性そのものはさして高価とはならない。だが、ステルス性を生かし、センシング・ピケットとして使うとなるとC4ISRの類が高価になる。また、ステルス性を活かし、一方的に襲撃できるようにと高速力を与えると、安くは済まない。しかし、センシング・ピケットや襲撃という状況は、そうそうあるものではない。あったとしても、相手から見つからないピケットならば潜水艦がある。水上艦艇をミサイルで一方的に襲うにしても、固定翼機やヘリコプターもある。代替手段がある以上、使いにくく高価になりがちな本格ステルス艦艇は、費用対効果が疑われることになる。2011年1月の"PROCEEDINGS"、表紙で筆頭に挙げられた記事が"LCS Dead in the Water?"である。「高く使いにくい」「コルベットを元にしたほうがよい」「使いやすいペリー級も見直すべき」(大意)というもの。本気の、限界なしの戦争をやるとする。そこでの最大の激戦地での対水上戦やピケットには向いている。しかし、戦闘以外のチョットした仕事は全く向いていない。それほど激戦地でもない地域ならば、戦闘にも不可欠というわけでもない。哨戒とか、たまにある小競り合いなら在来艦艇で十分となる。

 水上艦艇のステルス化は、在来船型へのステルス性付与に留まる。在来船型のステルス化は進むが、ステルス性能を追求した船型決定は下火となる。ステルス性に特化した船型は、普段使いが難しい。また、そこまでのステルス性能が必要となる状況も生まれない。よって、LCS-2や紅稗級、北欧のシヨル級やマミナ級の類は一時の流行に終わるのである。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント