RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.03
23
CM:7
TB:0
12:50
Category : 未分類
 観念的なことしか書けない人に限って「内局が」という。

 自衛隊OBの発言や記事をみても、問題意識や解決策について具体的に述べる人はあまり内局が悪いとは言わず、時流が合わない程度しか言わない。

 逆に、憲法の呪縛やら、戦後民主主義の悪口しか言えない人は、なんでも内局が悪いという。観念的な話か、「防衛費を二倍にすれば」のような出来もしないことばかりを繰り返す。

 JBPress、森清勇さんの「日本に危機をもたらした東京大学の大罪」は全くそれである。「軍事忌避の東大卒が自衛隊を牛耳る形容矛盾」(森)と言っているが、例の産経新聞が騒ぐだけの軍事研究禁止以外に、どこにも「軍事忌避」があるのかを全く示せていない。

 そもそも、東大出だろうが、それ以外だろうが、個人の発想には差がある事を理解していない。だから、森さんの主張はオカシな話になる。

 森さんが防大出だからといって、他の大学がそうであると断ずるのは、何も見えていない。防大出は思想的に統制され、型から出られないからといって、他の大学がそうであると断じるのは、世間を知らなすぎる話である。

 森さんの経歴を見ても、相当に偏頗である。経歴をみても防大で理系の勉強メインで、偏った文系学問の理解だけをもって、任官してから隊内の兵書ばかり読んで様子である。自衛隊の常識だけに従った世界認識であることが伺え、しかもそれにご自身が気づいていないわけだ。

 何よりの問題は、「東大卒主流の内局に牛耳られてきた」と主張しながら、その支配や弊害を一つも示せていないことである。本文を読んでも、支配については、内局部員の過半は東大出である以上のことは書いていない。弊害にしても、軍事忌避や平和憲法が悪い以外に書いていない。

 結局は、自衛官の上に役人が居ることへの恨み節でしかない。なぜそうなったのかについて、全く思慮が及ばないあたりでも、やはりレディメイドの観念的発想しかできないことが伺えるのである。実際に、そこに思慮があればこのような主張はしないだろう。

 内局支配やその弊害にしても、大したものでもない。「内局が横槍を入れて止めた、内局が能力発揮を邪魔した」の類をみても、仮に強行してもその先がない。もともと筋悪で、内局部員がいなくとも、大臣や国会が差し止め、世論の反発を受けるものだ。例えば、「おおすみ」のエレベータがハリアーに対応しないように具体的指示したの話も、30年前なら仕方もない話である。空母建造であるとして問題点となり、政治を停滞させただろう。

 内局判断にしても、その後に時流が変われば、それに合わせて変わっている。実際に、DDHの格納庫やエレベータについて、F-35に対応できないものとなってはいない。基本は妥当な範囲だということだ。

 内局批判にしても、あまり身のある話でもないということだ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

内局を説得できないような話運びが、政治家や増して財務省を説得できるわけないですねぇ。

今回の文官統制排除は見方よっちゃ、悪い事は何でも内局のせいにしていた連中にはアレかもですね。


官僚が制服を押さえつける制度を是としている記事なのには驚きましたが、
時代が変わり、抑止力から対処力へと自衛隊の役割が変われば、おのずから官僚と軍人の関係も変わるのは当然でしょう。

21世紀の防衛省、自衛隊では、石破さんも北澤さんも制服から直接話を聞いているわけですし。

数多久遠さんのブログでは具体的な問題が指摘されていますね。

ゴラン高原で自衛隊が参加していたUNODOFでも司令官以下のポストの中には、国連職員つまり文官も配置されていた訳で、別に文官が防衛の組織の中に入っている事自体はおかしくないんです世界的には、むしろ軍人さんが欠けている部分をフォローするには必要だったりします。

これからは変な内局憎しではなく正しい方向性で総理・防衛大臣を補佐して欲しいですね。

数多氏の記事は緊急時の状況分析や報告、あと関係各省庁との調整に関して背広組より制服組が優っているとの趣旨でしょう。
対して文谷氏の意見は平時に年単位の時間や手間をかけて進められる各種防衛施策に関して、
果たして制服組が背広組より優っているのかどうかという問いかけなんだと思います。
お二人の意見は制服組をどの方向から見ているかの違いがあるだけで、意見の内容自体は矛盾してはいないと思います。

Re: タイトルなし

正直言って、内局と自衛官に極端な差はないなと
ただ、内局が自衛官に呑まれないように偉そうにしているのが気に喰わないのかなあと思います

これが、各幕の事務官技官となると、関係や感情がまた違うのですけど。