RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.05
05
CM:14
TB:0
00:01
Category : 未分類
 「C-2じゃなくてC-17にしておけ」という話に、「ネパールにエアバスの輸送機は行っていない」と言い出すのは何事だろう?

 JSFさんは、「ネパールへの自衛隊展開は、なぜ遅れたのか 長距離輸送機の調達戦略に問題あり」http://toyokeizai.net/articles/-/68675に対してそのように言及している。
JSF‏@obiekt_JP 「ネパール救援にC-2輸送機は間に合わなかった!」って言ってる人が居たけど、A-400Mだって現地にはまだネパールに向かってないですよ。そのうち行くかもしれないけど。なおイギリス軍はアントノフAn-124輸送機(民間機)をチャーターしてネパール救援に行ってますぞい。
https://twitter.com/obiekt_JP/status/595172321746292736

A-400Mをネパールに派遣しようが派遣しまいが、C-2の開発遅延と、その結果として自衛隊の長距離輸送能力に穴があいていることは変わらない。実用機もなく、いつ運用できるかわからないC-2に比較して、C-17は各国で活用されている現状は否定できない。

 JSFさんはC-2の不首尾を直視したくないので、エアバスも遅れていると反論したつもりなのだろう。だが、これは日本の従軍慰安婦問題について、「韓国もベトナム戦争でやっていたじゃないか」といった程度のものだ。自衛隊の輸送機整備や、C-2開発の失態を隠せるものではない。

 いつものJSFさんの補償行為なのだろう。C-2が上手くいかないことに強い不満を持ち、その現実を直視したくない。だから、A-400だかも上手くいっていないといって自己の心理的防衛を図る。JSFさんの弱い心を守るためには仕方のないことなのかもしれない。

 これはオスプレイ賞賛も同じである。軍隊大好きなJSFさんは、駐留海兵隊が県民に嫌われ、反対運動に直面しているとことに強い不満を抱いている。だから「海兵隊のオスプレイがネパールで活躍している」といって、心のなかで県民感情や反対運動を否定しようと必死になっている。もちろん外国で海兵隊のオスプレイが活躍したからといって、海兵隊への悪感情や基地問題での反対を否定できるわけではないし、JSFさんの小児的な軍隊擁護が肯定されるわけではない。

 なによりも、JSFさんが志に乏しいのは残念なものだ。
JSF‏@obiekt_JP この件を大手マスコミが無視してくれているおかげで私がYahooに寄稿した記事にPVが集まるって寸法なわけですよ。
https://twitter.com/obiekt_JP/status/595118467369435137

PVが欲しいので迎合記事を書いていると告白している。新しい発見を知らせたいわけではなく、何かを主張するわけでもないあたり、情けないものだ。これからもPVと、PVに応じた何かの獲得に最適化された取るに足らない記事を書き続けるのだろう。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

>JSF‏@obiekt_JP この件を大手マスコミが無視してくれているおかげで私がYahooに寄稿した記事にPVが集まるって寸法なわけですよ。

そりゃ当たり記事があれば嬉しいだろうが余りにも下劣だな。
dragoner氏が月刊収入何ちゃらと言ってたのに応じて羨ましがっていること、
艦これ論争で大敗北を続け、恐らくプレイの方も上手くいってないらしいことから、
このネタを「活用」したくて堪らないのでしょう。

左派への悪態に隠れて目立たなかったがJSFは普天間論争の頃から川上高司氏のような
保守派の県内移設論者にも些細な因縁をつけて攻撃していた。
小学生レベルの知識間違いで産経以下右派メディア叩きに躍起になるのはそれ以前から。
同族嫌悪でしょうね。

紅茶噴いた。
宣戦布告されたと思ったんだろうけど、2chの見すぎだよ…

>JSFさんは、「ネパールへの自衛隊展開は、なぜ遅れたのか長距離輸送機の調達戦略に問題あり」http://toyokeizai.net/articles/-/68675に対してそのように言及している

No title

そもそもJSFさんはいつ艦これのエアプ疑惑を払拭するスクショを出してくれるのですか

No title

スターズ&ストライプスによると、オスプレイが現地入りする前に、早くもヒューイが現地入りして支援活動を開始している模様。
このヒューイはC-17で空輸されたもの。
やっぱりC-17は使える。

US Ospreys, other aircraft and troops arrive in Nepal to aid relief effort

http://www.stripes.com/news/pacific/us-ospreys-other-aircraft-and-troops-arrive-in-nepal-to-aid-relief-effort-1.343997

「The Hueys will survey areas to see where aid is needed. They could also transport personnel and as much as 18,500 pounds of relief supplies per load to remote areas, James said.」

ところでこの後に気になる一文が・・・。

「"As a small aircraft, the Huey can get into places that other helicopters can’t," he said.」

ヒューイよりでかいオスプレイがどれだけ活動できるか疑問。

No title

そもそも、内陸国のネパールくんだりまで自衛隊が素早く展開しなきゃいけないと考える理由もない気がするが

知ってると思いますが一応。

文谷氏の『ネパールへの自衛隊展開は、なぜ遅れたのか 長距離輸送機の調達戦略に問題あり』の記事と対する清谷先生のコメントに盛り上がるTL
http://togetter.com/li/816648

No title

文谷氏の『ネパールへの自衛隊展開は、なぜ遅れたのか 長距離輸送機の調達戦略に問題あり』の記事と対する清谷先生のコメントに盛り上がるTL
http://togetter.com/li/816648

今回はまとめが作られた模様
彼ら自身が記事の主題を否定出来ないのが面白い
というか、本当に最後まで一読したのかな?

Re: No title

あそこは「インドと中国のショバ、出しても世間づきあい」というようなことを書いたけど、「その部分迂遠だから刈り込みましょ」ということになったのです


> そもそも、内陸国のネパールくんだりまで自衛隊が素早く展開しなきゃいけないと考える理由もない気がするが

JSFは商業メディアにデビューしてるわりに志が低すぎますね

No title

リアルの世界で対人関係に乏しい奴が承認欲求をこじらせるとおかしなことになりがちですが、J何とかさんは正にその典型例になっているというか。色々と大変なのかもしれませんね。

No title

ネパールに派遣されたオスプレイ、使い物にならず
http://d.hatena.ne.jp/vanacoral/20150506

ダウンウォッシュで民家の屋根を吹き飛ばしてしまい、しばらく飛行中止とか。
幸先悪い・・・。
これからまともに救助活動できるのだろうか。
ヒューイみたいな中型の汎用ヘリをたくさん用意した方がよかったんじゃ。

No title

やってしまいましたね。
軍事クラスタは自分たちが宣伝しまくったことを忘れて「反対派のプロパガンダ」なるものを難詰すると思います。

No title

ネパールのオスプレイ、今日ようやく飛行開始して、Manthaliという村にテントを届けたらしい。

http://blogs.wsj.com/indiarealtime/2015/05/06/u-s-marines-deliver-relief-in-nepal/

しかし、CharikotといいManthaliといい、空港からわずか70km~80kmの距離。
別にオスプレイである必要なかったんでは・・・。

No title

オスプレイ導入に3600億つかうそうで、JSFさんがぼったくりじゃないと擁護しているが・・・。

ぼったくりではない日本向けオスプレイの価格
http://bylines.news.yahoo.co.jp/obiekt/20150507-00045469/

C-2の開発費2500億とあわせると6100億。
もうC-2もオスプレイもやめて、C-17とヒューイを買っとけばよかったんじゃないの。
空自の輸送力は大きく向上するし、ヒューイはネパールで活躍しているように災害救助向き。
なにより6100億円の3分の1以下でそれなりの数がそろう。
余ったカネを他の装備・・・F-35や護衛艦や揚陸艦に振り向けてもよし。

しかしなんだね、新しい技術や国産にこだわるとろくなことがないね。