RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.05
07
CM:2
TB:0
12:37
Category : 未分類
 葬儀屋さんのセレモア、ラジオコマーシャルがドイツ国歌なのはどんなものかね。前々から「ゆうゆうワイド」で9時代に掛かるなあと思っていて、さっき12時代にかかったのでググったらMP3があった、中身は次のリンクの通り

 セレモアのコマーシャル http://www.ceremore.co.jp/company/radio_cm.mp3

 ドイツ国歌
 

 別に悪いってこともないんだが、メロディーについて何であるかを知っていると不思議に聞こえるものだ。世界に冠たるドイツとか、マースからメーメルまでとか、ドイツの酒とドイツの歌サイコーみたいな歌詞が想起されてね。いま見聞きしても、ゲルマン諸語は似たようなものだから、20年以上前に3年だけやったドイツ語(第二じゃなくて第一外国語で選べたのは、あの大学はむちゃくちゃだった)でも意味わかるのがアレ。

 国歌だと、ブラジルとアルゼンチンが交じる。アルゼンチンの前奏のあとにブラジルの旋律が来るイメージがねえ。あと、アルゼンチン国旗を注視するのだが、あれは国旗ごとに太陽の表情が違っているのが面白い。なんにせよ、アルゼンチンは結構面白かったので、もう一度行ってみたみたいものだ。何時間掛かるかわかったものでもないけどね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

ナチ党歌のホルストヴェッセルリートかと空目した。

ドイツ国歌って同じメロディーで讃美歌にもなってるからですかね。