RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.05
08
CM:13
TB:0
11:39
Category : 未分類
 「内田樹氏『江戸時代は偉かった…Back to Edo era! 』…それへの賛否」 発言欄を見ると、dragoner、名無し岩手県民以下、いつもの軍クラの盆暗やネトウヨばかりであって、ロクな面子でない。

 内田さんがいいたいのは、今の社会が問題を抱えているこれらの問題は昔はありえない問題であった、旧幕の昔はヨカッタという話に過ぎない。

 ちなみに旧幕はヨカッタという話は、別に珍しいものではない。明治期にもいくらでもある。例えば工業化で海や川が汚れたとかいったもので、昔のキレイな川や海は懐かしいといったものだ。

 甚だしい例では、旧幕の昔はこんなにヒドイ夕立がなかったといった言いがかりめいた話もあった。だが、実は寒冷期から徐々に抜けだしているあたりから正しい観察であるようにも見える。

 その程度の話に「今よりも生活レベルが下がるが、それでいいのか」と噛み付くのは、お里が知れる。年長の「昭和30年代は活気があってよかった」とか「戦前も別に真っ暗じゃないよ」といった話に、「可処分所得が」とか「普通選挙もない」みたいな区区たる反論をしてどうなるのかね。

 そもそも「エコな江戸時代に戻ろう」という発言を、リアルに「社会構造や技術レベルを江戸に引き戻そうとする反動だ」と食ってかかるのが頭が悪い。実際、一種の不能犯のようなもので、実際に戻せるわけではない。貧富の差について「アダムが耕し、イブが紡いでいたころ貧困はなかった、昔に帰ろう」という発言に、植林だの医療だの経済レベルだのといった意見が何の意味をもつのかね。

 内田さんの意見に非現実的云々を言うなら、これら軍クラの盆暗も相当にファンタジーな発言をしているのだけれどもね。端的なやつだと「メルトダウンは起きていないのに起きたというデマを流す馬鹿は消えて下さい。」とか「核分裂が止まってるのにメルトダウンとかおきるわけない。馬鹿は黙ってろ」を支持していたあたりは如実である。

 当時、原発がどうなっているかは分からなかった。だが、従来いわれていたような絶対安全な状態ではないことぐらいは伺えた。

 しかし、今回みたいに連中は現状肯定するだけだから「核物理学を知らずに騒いでる人の頭の方がお天気です。あ、福島原発は復旧の目処がつきましたよ。」と言い出したり、それを事実だと信じて吹聴したわけだ。

 まあ、根底にあるのは、内田樹さんへの反感だから批判としても見るべきものでもないけどね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

この先生もネット土民を刺激してなんぼと言う商売だからなあ。釣られる方も釣られる方だから双方関わり合いになりたくないが

No title

明治時代には学校一揆っていうのもあった。

江戸時代は読み書きそろばんだけで済んでいたが、明治政府は義務教育制度を作った。
子供達を強制的に小学校へ入学させることが世論の反発を買い(当時の子供は立派な労働力)、小学校を建設するための税金導入をきっかけに一揆が勃発。

また、同じ理由で徴兵制度に対しても一揆がおこっている。

まあ、こういう国民生活に根差した生々しい反発と、現代の江戸時代よかった論は違うと思うけどね。

なんで永続敗戦論にこだわるのかなと思ったら、白井先生は早稲田の後輩になるんですね。

No title

相も変わらずまとめで大勝利
でもまとめのせいで全員相互主義になったようにしか見えないのが何とも
※元々カテゴリも「ネトウヨ」でしょうが。私も昔はネトウヨ気質があったので純真無垢ではありませんが、
原発事故以降人によって方向は明朗に分かれたように思えます

御存知と思いますが、貴殿をサル扱いするページをこしらえて謝罪を迫ってる変わり者もいるようです

Re: タイトルなし

学年1万人の大学の先輩後輩の縁故で動くと考える方が不思議なのです

> なんで永続敗戦論にこだわるのかなと思ったら、白井先生は早稲田の後輩になるんですね。

確かに色々な人がいることはじじつですが、同窓ならシンパシー沸かないですか?(学部や学科は違うのかな)

>学年1万人の大学の先輩後輩の縁故で動くと考える方が不思議なのです

今月の軍事研究にはどんな記事を書いているのでしょうか?

軍事研究2015年6月号
外洋での撃破から琉球列島線で通過阻止
中国潜水艦を捕まえられるか!?
中国潜水艦の静粛・無音化が進めば、海上自衛隊と米海軍はどのような対潜戦を展開するのか
文谷数重
http://gunken.jp/blog/archives/2015/05/09_0000.php

No title

>確かに色々な人がいることはじじつですが、同窓ならシンパシー沸かないですか?

じゃあ森喜朗とか橋下徹にもシンパシー沸いてると思ってるわけだ(笑)

>>シンパシー

んな無茶苦茶な。大規模大学にたまたまリベラルな著名人がいるからって、なんでそこの出身者が影響受けるかも知れんって発想になるんですか。
福田康夫や小渕恵三だって早稲田なんですよ。
あと東大出の著名人はリベラルどころかバリバリのレフティがいっぱい居るけど、
東大出の閣僚や官僚はみんな彼らにシンパシーを感じているんですか。

前に文谷さんを革マル派と言ってた人かな

革マル云々はともかく(笑)自分の母校を卒業した人が素晴らしい論考を示していれば、シンパシーを抱いてもおかしいことではないですよ。

No title

>確かに色々な人がいることはじじつですが、同窓ならシンパシー沸かないですか?

どうしてそんな発想になるか、こっちが訊いてみたい。
同じクラス、サークルならいざ知らず、大学の同窓なんて赤の他人同然でしょう。
学歴コンプレックス的な厨二病とみたがどうなんでしょう?

No title

毎年何万人も排出する巨大大学の同窓だからといって逐一シンパシーを感じていたら、それだけでパンクしますって。