RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.08
03
CM:46
TB:0
00:58
Category : 未分類
 頭を使わない記事を書いているJSFさんが、他人様を頭を使わないと批判しているのは微笑ましいものだ。
JSF‏@obiekt_JP JSFさんがリツイートしました
まぁ、「最新鋭兵器なんかいらない、従来兵器を改修して使えばよい」という主張は頭を使わなくていいので、マニアの間でも唱える人はちらほら居ますけどね… 敵の装備が新型に更新されている事を失念しているんじゃないかな。 https://twitter.com/SukiyakiSong/status/627311646130597888 …
2015年8月1日https://twitter.com/obiekt_JP/status/627658680360501249


 それは天に唾するようなものだ。海外動画を拾っただけの、何の主張も新発見もない記事を書くJSFさんも「頭を使わなくていい」といわれるためだ。例えば「アメリカ海兵隊F-35B戦闘機がIOC取得宣言」 なんかそれ。記事内容にはどこにも新発見はなく、動画についてのキャプション程度でしかない。

 PV稼がせるのはアレだからリンクしないが、JSFさんのヤフー記事も同様である。キャプション程度の英文を和文にする程度、横のものを縦にしただけの「頭を使わなくていい」記事内容だからラクなものだ。

 和訳にしても、"a very senior general"を「とても上級大将です」と理解するくらいだけどね。この点は「『とても上級大将です』(JSFさん)」 で書いたとおり。

 そもそも、JSFさんは最新兵器を持ち上げるだけで、本当に必要なのかを判断できていない。「10式にしないと国が滅びる」とか、実際にはF-16のバリエントにしかすぎないF-2をヨイショしていた。だが、その必要性については「ロシア軍が北海道に攻めてきたら」や「中国軍が九州に上陸してきたら」と現実には発生しない事態を取り上げる始末である。「敵の可能行動」という概念がないのだろう。

 そのJSFさんの身内が口にする「情報のアップデート」とやらも、スーパーカー・マニアや汽車ポッポ・マニアのような細部への偏執にすぎないけどね。実際に、アップデートに務めた成果はこの程度である。
JSF ‏@obiekt_JP 90式戦車は10式戦車のように後進全速で時速70kmも出せはしない・・・
2010年8月20日https://twitter.com/obiekt_JP/status/21683017590

「機動力が、瞬発力が、射撃後の離脱が」といいたいのだろうが、結局はミクロの話だ。

 これで「10式にしないと、北海道に上陸したロシアに、九州に上陸してきた中国に対抗できない、国が滅びる」と主張しているだから畏れ入る。上陸できる理屈がオカシイことに気づかない。制空制海権や海上輸送力、上陸戦のセオリーをぜんぶ無視した、JSF式のゆとり上陸作戦理論にのっとったものだ。

 「敵の装備が新型に更新」されているので危険が危ないと言い出すあたりも、相当に頭がよくない。本土防衛なんて現実味のないシチュエーションで「90式では性能が足りない、10式にしないと国が滅びる。ロシアは新型戦車を作って」とか言い出すのもね。敵の戦車が新型でも、別に90で撃破できるだろうし、90で撃破できないロシア戦車が出現すれば、10式でも撃破できないもんだがね。抽象化できないから「基本は同じ120ミリ戦車砲」と判断ができないわけだ。

 要は場違い太郎といったもの。会社の商用車をどうするかの会議で「古いスカイラインは290馬力しかでないが、新型にすると295馬力出る。同業他社のシャチョさんは新型のポルシェを買った、ウチの会社もスカイラインにしないと倒産する」といいだすのがJSFさんだ。ピントもロジックもズレまくった熱弁をふるってもねえ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

JSF氏は新装備万歳主義者というより、単に「自衛隊万歳主義者」じゃないでしょうか。
あるいは「西側装備の正規軍万歳主義者」でもいい。
JSF氏が10式を持ち上げるのは、「10式量産・90式純減」が陸自の決定方針だからですよ。
空自がF15を近代改修することに対して「そんな金があるならF35を買え」とは決して言わない。
F15の改修は空自の決定方針だからです。
もし仮に陸自が10式を開発せずに90式の改修で間に合わせていたら、
JSF氏は新戦車開発の必要性を説く人たちをボロカスに叩いていたことでしょう。

本題と関係ないかもしれませんが、

アンチの方が文谷さんを海原治の亡霊みたいに言っておられましたので、一応ご注進しときます。
https://twitter.com/SyuuitiKitagata/status/627759801112526848

https://twitter.com/SyuuitiKitagata/status/627752947389050880
https://twitter.com/SyuuitiKitagata/status/627756555539091456


Re: 本題と関係ないかもしれませんが、

まあ、若いご様子で、「技術がスゲー」ことと、それが必要であるかの分別もつかないのだからしかたがないのではないですかねえ

> アンチの方が文谷さんを海原治の亡霊みたいに言っておられましたので、一応ご注進しときます。
> https://twitter.com/SyuuitiKitagata/status/627759801112526848
>
> https://twitter.com/SyuuitiKitagata/status/627752947389050880
> https://twitter.com/SyuuitiKitagata/status/627756555539091456


>金属より炭素複合材の方が頑丈なんだぞ。

「木で済むとことに鉄を使うな」「鉄でいいところに金銀使うな」といったことが考えられない
商船も、桁橋も、トラックの車体も炭素繊維で作られないのは何でなのかを考えられないわけです

70年代に「ソ連がチタン耐圧船殻を実用化した」もそれっきりで終わり。90年代に潜水艦で炭素繊維補強のチューブで耐圧船殻をグルグル巻きにすれば潜航深度は増えるよみたいな話はありましたが、結局は実現していない。

炭素繊維なんか、実戦で使うとリペア大変だんですけどねえ。炭素繊維複合材の修理なんか、大きく精密に切って、ゼロゼロでハメて糊で付けて、上からフィルム張るんですけど、掃海艇ならともかく飛行機だとフィルムの面積を大きく切ったり、翼面だとその出っ張りをどうするかみたいな面倒があるから。

>>金属より炭素複合材のほうが頑丈なんだぞ

ガンダムにでも例えて
「ジムにルナチタニウムが使われていないのはなんでやろね?」
とでも言えば理解するんじゃないですか。
最近の若い人がガンダム見てるのか知らんけど。

No title

>、「最新鋭兵器なんかいらない、従来兵器を改修して使えばよい」
世界の軍事費の半分を使っている米軍ですら既存兵器の近代化が多いのはなぜか?
予算の上限があるからですよ。ないそでは触れない。
まあ、自分でお金を稼いだことも、自立して生活したことがないアレな人たちには理解ができないようですが。

No title

現実に発生しないって…w
防衛って基本受け身ですよ?だから防衛は「もしも」に対処出来なくてはいけません。
後90式で撃破出来ないなら10式でも撃破出来ないも間違いです。
基本2つは同じ120ミリ砲は合っていますが砲弾が専用砲弾になってます。
さらに73式超大型トレーラーで運ぶ時、90式では車体と砲塔を分離させないといけませんが10式ではそのまま運べます。その点も大きな違いです。
またサイズやC4Iシステム、装甲やセンサーにパワーバックなども考慮せずにあたかも90式と10式がさほど性能が変わらない様に書くのは根拠に欠けると思います。

No title

>現実に発生しないって…w
>防衛って基本受け身ですよ?だから防衛は「もしも」に対処出来なくてはいけません。

将来的な宇宙人の侵略に対抗するため地球防衛軍を創設する必要があるので明日から消費税1000%ね、と言われたら納得しますかね?

安全保障に限らず、社会では限られた予算と問題の蓋然性を天秤にかける能力が必須なのですが…一部の人達にはこれが理解できない。用は90式から10式に更新することで得られる利益よりも更新に伴って発生する不利益の方が大きいって事でしょ。10式は90式と比べて装甲がRHA換算何ミリ増加したとか行進間射撃の初弾命中率何%アップとかってレベルの話じゃないんですよ。確かに性能の向上幅がショボい、90式の改修で十分だろってのもありますがね。

No title

宇宙人とか例え下手すぎますよw
そんなの歩いてぶつかった人に対してこれが飛行機同士だったら大惨事だぞ!とか言ってる様な物です。
ロシアは現にEUなど西側諸国との緊張が高まっていますし、中国は今やアメリカに次ぐ超大国となっていて、さらに軍装備の近代化を図り、インドやフィリピンなどの近隣諸国との緊張が高まっています。それなのに未だ観測すらされていない宇宙人と比べるとか例えがおかしいと思います。
大体貴方90式から10式に改修する利益より不利益の方が多いとか
性能の上げ幅がしょぼいとか言ってますがきちんと根拠を出してくださいよw
根拠のない決めつけなんて小学生でも出来ますよ?

よく90式戦車が国内の移動が・・・って聞くけど。実質の手間は90式(別に砲塔外そうがつけたままだろうが)も10式も大差ない。

そもそもトランスポーター自体が多くないでしょうけど。

まあただ一つ言えるのはドコの物好きかは知れませんが。日本に戦車を含めて陸上戦力と呼べるモノを上陸させるのは90式戦車の移動より困難でしょうね。

JSMもおバカだけどそれに拘わるのもおバカじゃないかねえ?
所詮私等は素人ですんで、改良か新規かにしても開発が必要であるのだし総合的判断で新規が良しと専門家が言うならそんなもんかね、と思うだけじゃが

No title

>そもそもトランスポーター自体が多くないでしょうけど。
実際問題として戦車連隊で2,3両ですよ。現状。
それでどうやって連隊規模の戦車部隊を運ぶんでしょうかね? 10式という新しい玩具を買わずにトレーラーを増やすという選択もあったんですけどね。

ゲリコマならば74式の改修で十分。40トントレーラーで運べるしね。1000億円の開発費と、毎年200億円もかけて10式を調達するカネがあれば、色々とできることもあったでしょうに。正面装備揃えれば戦争勝てると信じているのは馬鹿な軍オタと安部総理ぐらいなものでしょう。

中国版機動揚陸プラットフォームとか、中国の揚陸戦力の増強は本物なのに相変わらずお花畑というか……

No title

10式って本質的には90式DX版でしょ。
主砲は7.5cm KwK40 l43とl48程度の違いみたいなもんで、それをバカみたいな開発費掛けて作ってるから無駄って言われてる。
C4IにしてもFBCB2程度をポン付け出来ないほど容積が無いとは思えない。
と言うか容積があるから今の90式はC4I追加してると思うんだけどね、米軍より15年くらい遅れてだけど。

>>機動揚陸プラットホーム

見た目が派手な割に揚陸能力は従来型のLSTよりだいぶん落ちると以前ブログ主にボロクソdisられてた代物なので、
この場でこのタイミングで引っ張り出すのはやめといたほうがいいと思う。

No title

>、正面装備揃えれば戦争勝てると信じているのは馬鹿な軍オタと安部総理ぐらいなものでしょう。
貴方正面装備の意味分かってます?直接戦闘用の装備は全て正面装備と言うんですよ?
正面装備揃えれば戦争勝てるって訳では無いですが、正面装備そろえなかったら戦闘出来ませんよ?貴方銃持たずに弾だけ持って戦う気ですか?
73式戦車の改修を〜とか言ってる時点で軍事の知識が無いのは丸分かりでしたがまさかここまでとは…
よくコメントする気になりましたね。正直尊敬しますよ(笑)

No title

要は費用対効果の問題であって、戦車運用するコスト、ハコモノだけの値段をとっても7億x300で2100億もするわけで。あきづきでいえば約3隻に相当しますし、P-1だとかF-35だとかでも1機の価格を200億と見積もっても10機は調達できます。哨戒機や護衛艦の数が足りないばかりに上陸を許した、という事態は想定されないでしょうか?

>空気さん

お若い方のようで(夏休み中でしたね)。

討論をされるなら、コチラの過去のブログ記事及びコメントが膨大に有りますので。そちらを拝見されてからでも良いのではないでしょうか。

何か周回遅れな今更話がスタートしても皆さま夏バテが加速して疲れる上に別に新しい見識が生まれる様子もない不毛な結末しか見えません。

内容を全部見た上で新しい切り口の論点を打ち出していただければ身のある討論になると思われます。

エンリステッドさんに同意。
今更みんな周回遅れの主張にいちいち意見したくないです。
空気さんには当ブログの過去記事と付随コメントを一通りお読みになることをお勧めします。
そうすればJSF氏が幾度となく名指しで非難され続けながら、
なぜただの一度もブログ主に反論しないのかがよく判ると思います。

>要は費用対効果の問題であって、戦車運用するコスト、ハコモノだけの値段をとっても7億x300で2100億もするわけで。あきづきでいえば約3隻に相当しますし、P-1だとかF-35だとかでも1機の価格を200億と見積もっても10機は調達できます。哨戒機や護衛艦の数が足りないばかりに上陸を許した、という事態は想定されないでしょうか?

逆に彼方も戦車の揚陸に金を使わず艦艇・航空機に集中できるだけでは?

No title

仮に、中国なり何なりが既存のあらゆる戦車を撃破でき既存の戦車では撃破できない戦車を量産し、揚陸プラットホームだの何だのを含めて揚陸機材を今の10倍でも100倍でも調達したとしましょう。でもそんなの、集結した時点で偵察衛星にバレますし出航すれば哨戒機に随時監視されます。「奇襲上陸」など不可能で現在極東最強の海上戦力である海自・米海軍を撃破するのは無理、万一突破しても航空攻撃に晒されます。膨大な損害を出し組織として壊滅しながら日本に上陸しても重装備が無い上補給路も無い。日本の戦車が10式だろうがチハだろうが、武器や弾薬どころか食料もなければ戦闘どころか生存が無理。

そもそも、たかが領土問題のために相手国の本土に武力を用いて上陸したとなれば国連からの各種制裁は必至、世界中から袋叩きにあって終了。国内でも白い虹が昇りかねない。主要部隊が壊滅し世界規模の制裁を受け、国際的地位がガタ落ちし国内体制すら崩壊しても日本に上陸さえできればよいと考えるほど中国指導部は愚かではありません。逆に、もし中国がアメリカを含む世界中の軍隊・経済を敵にしても余裕で日本を占領できるほど強いのなら、日米安保を放棄してさっさと中国を軸にした安全保障体制を作ればよい。

要は、どう考えても「90式では日本が滅ぶが10式なら安泰。なお戦車の定数を削減すると東京まで包囲される」とかいう主張はあり得ないんですよ。揚陸艦が何型から何型に変わったとか新型戦車がどうとかって話でもない。

No title

>、討論をされるなら、コチラの過去のブログ記事及びコメントが膨大に有りますので。そちらを拝見されてからでも良いのではないでしょうか。
とのことですが結論から言うと、嫌です。
なんでたかがブログのコメント欄ごときの議論に膨大な量の物を読まなければいけないんですか?
自分で膨大な量と分かっているのであればせめて〜と言う記事の◦◦の部分を読んだほうがいいです。などと書くべきでは無いですか?
後きらきら星さん、JSF氏の記事きちんと読んだ方がいいですよ?
JSF氏はきちんと反論の記事を書いています。てか貴方こそこのブログよく見た方がいいんじゃないですか?このブログの記事にはJSF氏の反論記事に対する再反論の記事がありますよ。
カテゴリ;オブイェクト研究の所の上から二番目の記事ですね。

No title

それにこの記事のコメント欄だけ見ても十分ですよw
根拠も無く決めつける人、正面装備の意味すら分かってない馬鹿、軽く千以上ある記事とコメント欄を一通り読めなんて無理難題を押し付ける、でも自分は読んでない。こんな人達しかいない時点でどんなブログかは分かりますよ。
まぁJSF氏が反論しなくなったのも分かる気がしますよ。この記事の内容ですがはっきり言って言いがかりレベルです。JSF氏を頭を使っていないと批判していますが、この記事も自分の意見の繰り返し程度ですし、最新の記事なんてラジオをそのまま写しただけにすぎません。
大体サイトとしての格も違います。アクセス数がこのブログ分かんないんでコメント欄の比較になりますけど、JSF氏は大体400ほどのコメントがありますけどこの記事は精々20位、他の記事なんて1とか2とかが大半です。
それと>、哨戒機や護衛艦の数が足りないばかりに上陸を許した、という事態は想定されないでしょうか?
との事ですが、どちらにせよ10機や3隻程度だと限られた場所にしか置けませんし、だったら戦車300両を分散して配置した方が効率的だと思います。

No title

>逆に彼方も戦車の揚陸に金を使わず艦艇・航空機に集中できるだけでは?

揚陸戦部隊って、訓練時はともかく作戦時はパッケージ化するもんでしょ。
一々相手の能力に応じて細かく編成変えるとか管理上面倒な上に無駄じゃないの。

No title

失礼、昔の記事見て勘違いしてました。
JSF氏のコメント欄は大体100以上が正確ですね。

>空気さん

私ほとんど全部読んでますよ(笑)別にここの主さんは主張は昔からほとんど変わってないですから。この一年位の関連しそうな話題読むだけでも理屈の掴みは理解出来ると思うんですが。

それに多方面の話題を取り扱ってますから。陸上戦力な、お話だけ取り出して読むのもそんな難しいないですよ。

主さんの主張は「現在の日本の防衛目標は中国とのゲームで有り。その主役は海空戦力で行われる。
そして陸上戦力は、そのゲームでは役立たずで有り。特に戦車・火砲を代表とする重装備の整備は後回しで良い」です。

たぶん私、JSFさんの記事もほとんど読んでますよ(笑)昔、2ちゃん全盛の頃、間違ったコト書かれてたんで。
訂正記事書いて貰うまで執拗にやり合うのに(笑)私も嫌われてますんで。

>揚陸戦部隊って、訓練時はともかく作戦時はパッケージ化するもんでしょ。
>一々相手の能力に応じて細かく編成変えるとか管理上面倒な上に無駄じゃないの。

んな意味では全然書いてないけど?

膨大な量って・・・
「隅田金属」「JSF」あたりのキーワードでググればいいじゃないですか。それでだいたいの経緯が判りますよ。
最初にコメントしましたがJSF氏は「新装備万歳主義者」と言うより「西側装備の正規軍万歳主義者」だと思います。
あるいは「当局の公式見解万歳主義者」
陸自が10式配備にあたって立場上10式を持ち上げたらJSF氏もまんまトレースして持ち上げる。
10式と組む他部隊や兵站能力が貧弱の極みであることは言うに及びませんし、
調達数が年間14両程度じゃ当分の間90式が数の上で主力であり続ける。
陸自にしたら組織防衛上それらの突っ込みどころを自ら有権者納税者にさらけ出せない。
トレースしている立場上JSF氏もまたそれらの点にはダンマリ。
見ている側としちゃ底が知れているからいい加減ツマンナイんです。



大元の話になるけど、ある新装備の調達配備は軍事力増強の手段の一つであって調達配備それ自体が目的ではない。
例えば10式戦車にしても戦車単体の配備だけ語っても意味が無い。
他職種との連携や、整備補給輸送その他諸々の要素が整備されて初めて陸上戦力の一環としての意味合いを持つ。
その陸上戦力も海空戦力と連携して初めて戦力として役に立つし、その国の置かれた環境で優先順位も変わってくる。
ただ陸海空各自衛隊は予算も人員もそれぞれ縦割りだから、組織防衛のため公式見解はどうしても我田引水になる。
10式戦車の調達配備にしてもメリットのみ強調し、
周りを取り巻く問題点や課題、防衛力全体の中での当該装備の意味合いや優先順位については語らずに済まそうとする。
そのあたりの「大人の事情」は海のヘリ空母も空のF35も大差ない。
ようは陸海空各自衛隊の公式見解をなぞるだけではトータルの防衛力は俯瞰出来ないし、そこに存在する疑問や矛盾も見えなくなる。
そういう事柄をあれこれ詮索したり議論したりするからこそ軍事趣味は楽しいし頭の体操にもなると思う。
でも世の中には防衛当局の穴だらけの公式見解だけで安心しようとする人種が少なからず居る。
不思議でならないけど、そういう人種にとって軍事力というのは国や民族が生存するためのツールじゃなくて、自らの心の安心を得るためのツールなのかしら。
信じるものは救われる。仏壇の代わりに10式戦車。お経の代わりに公式見解。
よし、お盆らしくまとまったぞ。

>空気さん
あなたが尊敬してるJSFの名言を送りますわ
馬鹿は黙ってろ 

本州以南用の戦車は1996年から開発始まってるからねえ、90式が本州以南では使いづらい認識は現場でも制式化後すぐされてたんでしょ
当時、90式そのもんが技術的に50tにまとめるのが精一杯だったんだろけど

No title

>エンリステッドさん
ちょっと分かりにくいですが、でも自分は読んで無い。の部分はきらきら星さんに向けての文です。(理由は後述)
主さんの主張、まとめてくださってありがとうございます。
それについてですが、海空戦力が主役と言う面には同意しますが、だからと言って陸上戦力も重要であることには変わりありません。
ゲリコマ対策に戦車が有効なのはイラク戦争で証明されてますし、陸自が貧弱では相手の奇襲上陸などにあった際に対応が出来ません。
第4次中東戦争が良い例ですね。イスラエルは予測していたにもかかわらず奇襲に対処出来ませんでしたし、戦車と航空機のみに頼った戦術は多大な損害をもたらしました。このように少しに偏った戦術は実は脆いんですよ。
>あさん
俺は別にJSF氏を尊敬してる訳じゃ無いですよw
挑発のつもりでしょうけど、意味不明です。

No title

>きらきら星さん
「隅田金属」「JSF」あたりのキーワードでググればいいじゃないですか。それでだいたいの経緯が判りますよ。 との事ですが、貴方自分でこのブログを「一通り」読めって言いましたよね。
貴方の主張の何処からググれ何て読み取れるんですか?
何故に貴方はちょっと確認すれば良い物を確認しないんですかね?
JSF氏がただの一つも反論して無い、なんて事は無いなんてちょっとググればすぐ分かる事です。それこそ貴方の言ったように隅田金属、JSFとかのキーワードで調べれば良い事です。
大体貴方の意見には根拠が欠けています。間違ってるとは言いませんが少しぐらい根拠をきちんと示した方が良いんじゃないですか?

Re: No title

> 最新の記事なんてラジオをそのまま写しただけにすぎません。


んー「かわいそうなぞう」を知らない世代だからしょうがないんじゃないかな、いろいろ





> それにこの記事のコメント欄だけ見ても十分ですよw
> 根拠も無く決めつける人、正面装備の意味すら分かってない馬鹿、軽く千以上ある記事とコメント欄を一通り読めなんて無理難題を押し付ける、でも自分は読んでない。こんな人達しかいない時点でどんなブログかは分かりますよ。
> まぁJSF氏が反論しなくなったのも分かる気がしますよ。この記事の内容ですがはっきり言って言いがかりレベルです。JSF氏を頭を使っていないと批判していますが、この記事も自分の意見の繰り返し程度ですし、最新の記事なんてラジオをそのまま写しただけにすぎません。
> 大体サイトとしての格も違います。アクセス数がこのブログ分かんないんでコメント欄の比較になりますけど、JSF氏は大体400ほどのコメントがありますけどこの記事は精々20位、他の記事なんて1とか2とかが大半です。
> それと>、哨戒機や護衛艦の数が足りないばかりに上陸を許した、という事態は想定されないでしょうか?
> との事ですが、どちらにせよ10機や3隻程度だと限られた場所にしか置けませんし、だったら戦車300両を分散して配置した方が効率的だと思います。

今時珍しいJSF理論信者だなあ

わたしも配慮不足でした。
「隅田金属日誌」「10式」でググれと言うべきでしたかな。

あと軍研最新号読みました。ツンボの中国海軍用に救難艦を派遣してやれとのご意見でしたが、
そういう用途なら適当な護衛艦のマストに赤旗立てて
「ただいま当海域を海自潜水艦遊弋中。対潜哨戒行動に専念されたし」
とか打診しとけばいいんじゃないかしら。
ほら、海水浴場のサメとかそれでやってるんだし。

No title

哨戒機がカバーできる範囲は戦闘行動半径で少なく見積もっても2000kmはあるでしょう、つまり哨戒機の配備された基地からその半径内にある敵艦船は発見され次第攻撃を受ける可能性がある。しかも哨戒機は平均時速600km/hで飛ぶと過程すれば2000km先の目標でも4時間以内には攻撃できる事になりますよね。4時間の間に艦船が移動出来る距離は、時速30ktで行動してても120海里、せいぜい250kmがいいところ。あきづきも、20ktで一昼夜航行すれば480海里、約900kmを移動できます。さらに、艦船は航空機と違ってその場に長時間居座る事もできますから、能動的に敵船団や艦隊を狩り出すことで海上で敵の増援を長期にわたって遮断する事もできるでしょう。それに比べて戦車の果たす役割はどうでしょうか?全国の上陸適地に分散配備すれば、今度は戦車がマトモな戦闘単位として機能しうる集中度が犠牲になるのでは?支援体制は度外視して、単純に戦車を15両一個中隊ずつ(港湾だとかあるいは上陸適地の水際に)分散するとしても、20箇所にしか配置できません。それに、機動力にしても陸路は海路と違って最短経路を取れない関係上、護衛艦にも及ばないように思うのですが。

No title

ぶっちゃけ言っちゃうと陸自の予算を海自に使えってのが無理な話なんですが。そこはまぁ置いといて。
まず護衛艦3隻程度で能動的に敵艦船を狩り出すのは流石に無理かと…確実に戦力が足りません。
哨戒機は…どうなんでしょうね?艦船に対してどのぐらいの戦闘力があるのか…
戦車の機動力は問題ないかと。10式なら民間のトレーラーでも頑張れれば運べますし。

No title

ずいぶんご無沙汰してたら、またこの手の話題が…。

まず、基本認識なんですが、日本と中国が交戦状態になっていないのはどうしてなんですか?10式戦車が足りないなら、今が攻めどきでしょ?なぜ中国は攻めてこないのですか。
次に、攻めるとして戦争で得られる利益は何なのですか?
また、その戦争の勝利条件は何ですか?どのような状態になれば中国の勝ちになるのですか?

こういった事が前提にあって、では上陸作戦が可能なのか、仮に上陸できたとしても勝利条件を満たすだけの活動ができるか?ということになるんだと思われます。
ところが、中国軍が攻めてくる、大変だ!で終わってしまっている。その先がないんです。

1年前に同じような記事でコメントしましたけど、補給が続かないから上陸作戦をしても戦闘継続自体が無理なんですよ。仮に海上で撃破できなくても、使用している港や空港をつぶして仕舞えば日本側としては作戦完了なんだから。

結局、上陸部隊は明日食べる飯にも困って、民間人に紛れてATMで預金下ろして、コンビニで食料調達して、金がなくなったらバイトでもして稼ぐしか無くなる。増援部隊なんか勿論来ない。
こうなってしまったら、多少装備のいい窃盗団と変わらんですよね。
そういうことを皆さんは仰っているんだと思います。

懐かしの、10式じゃなきゃ日本は守れない!ですなwww

>>上陸部隊は明日食べる飯にも困って

日本政府持ちで秋葉原買い物ツアーとディズニーランドに招待して、
帰国時に1人あたりご苦労賃300万円やるから投降しろと呼び掛けたら面白いことになると思う。

仲が悪かったら必ず戦争する、みたいな論法をおっしゃってもおひさま?

別に10式じゃなくても良いのよ、ただ10式にした方が利便性が高いって理由だから
その上で全国津々浦々に配備するよな大量の戦車は必要ないってだけやないの?

鳴り物入りで開発された10式も10年かかってやっと140両。
90式以上にコンパクトにまとめられた車体は陸自戦車の伝統に則って無改良のまま放置されるのは目に見えている。
機甲予備と称して今後も北海道にプールされる90式も当然無改良で放置。もはや骨董品。
10式とリンクするはずの普通科特科のC4I施策も例によって放置。
兵站機能も相変わらずお粗末なまま。
戦車のカタログ機能だけ拾ってワーのギャーの喚いたところで何の意味も無いってこと。

ところでネットブログのコメント欄って、最後に書き込んだ奴が何の意味も無く勝者と呼ばれるの?
いーかげん馬鹿馬鹿しくなってきた。

>・野外指揮・通信システム一体化(20億円)陸上自衛隊の指揮統制システムをソフトウェア化し、野外通信システムに搭載することで、第一線部隊まで戦闘に必要なデータの共有を可能とするとともに、日米間で秘匿データの交換を可能とする研究を実施

きらきら星さんはそうなって欲しいのかな?

陸自通信機能の近代化は最近始めましたって話でしょう。実用化して全部隊に普及するのはずっと後。
そして10式や90式の近代化や兵站の改善は今後も(たぶん)無い。
陸自の近代化は諸外国に比して大幅に遅れていて、時折思い出したように単品で新装備を開発調達するが、
その新装備を運用する関係施策はやはり放置。こんなやり方ばっかり。
ただこういういい加減なやり方でも実は国防上たいした影響は無い。
戦争は日米の海空戦力でケリのつく話だからです。
問題は予算のほうで、今のご時世日米ともお金が無い。
陸自のいい加減な施策にお金は回せない。その分は海空に回すべき。
それがいやなら、もっとシャンとして、素人にも指摘される今のやり方は改善しろって話です。
なにしろ陸自隊員個々は程度の差はあれ皆んな真面目に日々の業務をこなしている。
家族の面倒を見ながら一市民として真っ当な日常を営んでいる。
彼らの日々が無駄にならないような施策が立案実行されることを切に祈念します。



No title

そういや、陸自ヘリのデータリンクの搭載とかも中途半端に搭載した後、放置みたいな感じだったような。
スペック見るのはいいけど、なんでここまで見て判断することが出来ないんだろ。

まあ、これが例えば重点的に最新機器を配備して、後は2線級とするって方針なら話変わるけどさ。

ソフトウェア無線機って平成19年辺りにはテストが終わって・・・何か2年位前にNECが完成品として公開してなかったかな・・・

まだ本格的に予算付けてなかったんだ・・・

平成17年に組織としては命より大事な護衛艦の建造をパスしてでも通信装備に予算を回したドコぞの伝統墨守組織と偉い違いだ・・・