RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.11
01
CM:2
TB:0
03:30
Category : 未分類
 完全英語の修士課程は自滅の道ではないか?

 東京海洋大学は修士課程を英語化したとのことだ。「大学院博士前期課程の完全英語授業化を実現する」では
日本人の学生を国際的に通用する人材にするために、積極的に留学生を活用し、日本人学生と留学生に英語による活発な討論を行わせる必要があります。
http://www.kaiyodaiglobal.com/graduate_school/

と判断したと述べている。

 もちろん、大学の勝手なのでやりたいならやればよい。

 だが、教える方も、教わる方も質を下がるだけだ。商船関係でも水産関係でも本筋の研究よりも。英語ができる教員と、研究意欲も怪しい院生が集まるだけだからだ。

 まず、英語で教えられる研究者なんかそんなにいない。だから、業績はなくとも英語はできるよ程度の連中が来る。英語は上等だが研究も指導も品下る人材では成果は上がるものではない。

 また、集める院生の質も下がる。海洋大の学部卒でも研究よりも英語で苦労するのでは堪ったものではない。目的意識があって研究したいヤツほど、他所の院に行く。だいたい真面目な奴ほど「◯◯について研究したい」と考える。「英語で研究したい」というのは本末転倒である。

 さらに「英語でお勉強したい」といった発想があれば海外に行く。海外なら英語も一流、研究も一流がいる。「国内で英語で研究します」で集めた英語は一流半、研究は三流に指導されようといった発想はない。

 なによりも「英語はできても研究は凡庸」のところに、海外から優秀な留学生が来るはずもない。
大学院前期課程授業の完全英語化と討論型授業への切り替えは、国境を越えた優秀な頭脳を本学に呼び込む切り札にもなります。これからの日本 の経済発展にとって生命線をにぎるインド、中国、東南アジアなどの新興マーケットからいかに優秀な留学生を日本に呼び込むかが重要です。(同)

優秀なら、その研究分野での最先端の場所にいく。そこでの言葉が英語だろうが日本語だろうが中国語だろうが気にしない。逆に「英語でマスター取れるから日本に行く」学生はいない。また、日本に関連する研究分野であれば、日本語でやらなければ意味は無いので、そんな大学には行かない。

 海洋大だけではないが学部や院の英語化は意味は無い。これらは文科省が成果主義として世界の大学ランキングを上げようと画策した結果だ。だが、「英語圏でランキングを決める」から「英語で教育すればランキングが上がる」発想は誤っている。英語圏でのランキングが上がっても、日本にとって価値の無い研究環境を作っても意味はない。



 まー、明治教育はモットひどくお雇い外国人に完全英語でやらせた結果、手紙文一つ書けない学生ができたことを繰り返すのではないかね。どこの商売にもいる英語だけ達者な奴が製造される。仕事も英語を使うのだけだから、実務はダメになるアレだ。まずは植民地現地スタッフ養成用の学校になるだけじゃないのかね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

小保方みたいなのが大量生産されるかもしれませんね

No title

そのとおりですね。 高尚な学問でなくても
アニメやマンガに惹かれて日本に来るやつも
最高水準の文化がそこにあると思って来るのだし。

本来の研究水準が高ければ、日本語なんて
片言でも来るやつは来るよね。