RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.12
08
CM:7
TB:0
15:34
Category : 未分類
 銃砲弾の国産を守れと言い出すのは、日本の養蚕を守れというような時代遅れである。佐藤正久さんは「防衛産業を守れ」といって銃砲弾の生産ラインまでも防衛予算で保護しろと主張しているが、それは農林族がいまさら「日本農業を守れ」といって養蚕までも国家が保護しろといいだすようなものだ。

 佐藤正久さんが「国防議連: 防衛生産・技術基盤を守れ!」と訴えている。だが、その内実はまったくそれだ。国産弾薬を守れといっているが、情緒的なものにすぎない。いまさら養蚕、コンニャク芋、テンサイを完全国産しろといいだす時代錯誤に過ぎない。

 佐藤さんは、ダイキンと日本工機に落ちる弾薬購入費の削減を憂いている。
実際、陸上自衛隊の「弾薬購入費」は、平成26年度と平成28年度予算案を比べると、2年間で30%減少することが見込まれています。金額にして200億円です。
http://ameblo.jp/satomasahisa/entry-12102721321.html[レイアウト上から改行を除いた]
2年間で30%もの予算が減らされるということは、こうした企業[日本工機]の経営に危機的かつ直接的な打撃を与えます。[中略]ベンダー企業が一社でも撤退・倒産すると、“弾”そのものが製造できなくなるのです。“弾”を自国で造ることもできずに、どのようにして、この国を守るのでしょうか。
同上[改行は省略]


 だが、単純な砲弾や機銃弾を今までどおりに製造してどうするのだろう? 「2年間で30%減少する」(佐藤)、「金額にして200億円」(佐藤)と述べている。つまり陸自はこれまで毎年300億円を弾薬購入にあてていたことになる。そこから3割減、2年で200億の減であればそうなる。

 弾薬には冷戦時代からの莫大なストックがある。自衛隊も他国同様に物持ちはよい。弾薬庫には20榴や15榴から小銃弾・拳銃弾まで60年間積み上げてきた膨大な在庫がある。中には45口径や30-06も含まれている。戦争はやっていないし、平時の訓練でも大した量は撃っていないので在庫は積み上がるだけだ。

 実際に仕舞う場所もないことが問題となっている。一部は口約束で製造側に保管させており会計検査院の指摘を受けている。この状況でさらに弾薬を購入してどうするのだろう?

 この状況で、単純な砲弾・小火器弾薬の調達を減らしても何も起きない。ダイキンや日本工機(あと旭精機)に発注しているのはそのような弾薬だ。

 他社のミサイル、高性能弾薬化は残りの200億/年で相当量を調達できる。また砲弾関係の高性能化は改修でも対応できる。野戦砲であれば既存弾殻と炸薬はそのままにして、別保管であとづけする信管部だけを更新すればよい。榴弾の弾殻や炸薬に技術進歩はない。実際に機雷はそうしている。

 そもそも現状の弾薬製造ラインの維持は、最悪時を想定した戦時弾薬製造に合致しているのだろうか?

 佐藤さんは次のように述べている。
予算が減らされるということは、こうした企業の経営に危機的かつ直接的な打撃を与えます。[中略]熟練工の維持も厳しく、ましてや後進の育成などは手も回りません。先細る一方です。[中略]ベンダー企業が一社でも撤退・倒産すると、“弾”そのものが製造できなくなるのです。
同上[改行は省略]


 野戦用の銃砲弾について「熟練工の維持」(佐藤)ができないと「“弾”そのものが製造できなくなる」(佐藤)体制では、戦時の弾薬生産は覚束ない。少なくともダイキンや日本工機に発注される程度の銃砲弾薬は、規格化された仕様に基づき、自動化された生産ラインで素人が作業しても作れるものでなければならない。熟練工と徒弟的養成を必要とするラインを維持しても仕方はないものだ。

 そもそも単純な製品は輸入でもよい。必要なのは戦時生産用にラインである。その維持費だけを出して、通常使用分の損耗は海外製の購入でも構わない。

 佐藤さんのいう国産弾薬を守れというのは、不要となったものを「維持して無駄遣いしろ」というものだ。他の産業は国際競争に晒されているなかで、防衛産業だけを特別視し、単純な銃砲弾生産まで乳母日傘で守れという。これは防衛関連セクターの利益かもしれないが、国家の利益ではない。

 佐藤さんは兵隊上がりで防衛の専門家を自任しているが、その政策の方向は防衛関連分野を甘やかし、既存の体制を維持しようとするものにすぎない。防衛は防衛でも、組織防衛の専門家なのだろう。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

小林ゲンブンせんせーのマンガ(レイド・オン・トーキョー)じゃあ自衛隊の弾薬は数日で尽きるって書いてましたけど、あれは冷戦時代の軍事評論家が危機感を煽りたかっただけなんですかね。
>自衛隊の弾薬備蓄量

No title

こいつの脳内にはオートメーションという概念が存在しないのだろうか

ちょっと質問なんですが、

「平時の訓練でも大した量は撃っていないので在庫は積み上がるだけだ」
ってのは本当なんですか?

機微のある話ですが、使わなかったり古い弾薬を処分したりしないんですか?

国防部会: 一億総活躍 隊員もその一角を
テーマ:ブログ
いいね!(69)
12月3日(木)、
国防部会が開催されました。

本日の議題は
平成27年度補正予算の検討状況
及び、平成28年度予算編成大綱(案)について、です。

防衛省は、
平成27年度の補正予算において、

・自衛隊の災害対処能力の向上
・自衛隊の安定的運用の確保
・防衛施設の円滑な運営の確保等
・為替変動等に伴う所要

に関して要望する予定です。

具体的にはまだ検討段階ですが、
例えば、為替変動に対する措置としては、
300億円程度の補正を要求する見込みです。

また、
昨年度の実績で言えば、
「自衛隊の災害対処能力の向上」のために、
大型輸送ヘリ CH-47 2機の改修や、
装輪装甲車 8両を整備しました。

来年度の予算編成に向けた大綱(案)では、
「揺るぎない防衛体制」を確立すべく
「統合機動防衛力」の構築に万全を期すとしています。

ただ、政権が掲げる「一億総活躍」の文脈において触れた
退職自衛官の“活躍”について触れた書きぶりについて議論が残ったため、
修正すること前提に、大綱(案)は部会長一任とされました。

自衛官は組織やチームで働くこと(リーダーシップ、管理能力、協調性)や
与えられた役割を完遂すること(責任感、気力、体力)に長け、
専門知識や専門技術を有する人材も少なくありません。

そうした人材が新しい人生を歩むに当たり、
国を挙げて再就職支援をするようになれば、
選択肢が広がるという意味で隊員にとって喜ばしく、
より広い分野で自衛官の力が活かされるという意味で
日本の社会全体にとっても良いのではないでしょうか。

「一億総活躍」

このスローガンの中に、
具体的な施策の対象として、
予備自衛官を含めた、
防衛省・自衛隊に属する全ての隊員が入ることを願ってやみません。


田母神閣下と同じ匂いがしますな(笑)

No title

じゃそもそもなんで5.56mmとか、105mm砲とか西側各国の装備体系にあわせた装備にしてるのかっていう点にぶち当たる気がします。有事になれば海外(ってかアメリカ)から融通してもらう事も考えて決めたんじゃないのかな、と。

それと世界的に見れば、むしろ防衛力を落とさないために防衛産業の統廃合を進めるって流れにも見えます。

No title

イラク戦争の兵站データを見る限り、弾薬なんかより、弾薬や燃料運ぶ手段の方がよっぽど深刻な問題。

http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Sirius/6597/transcom.html

>イラク戦争における米軍兵たんデータ
>1、燃料消費 1日あたり5700万リットル(5000ガロンタンカー3012両分)
>2、水消費 1日あたり150万リットル(9万人分) 1500ガロン積み給水車265両分
>3、各種物資 1日あたり2万2千トン
>4、機甲師団は1日あたり燃料227万リットル(60万ガロン)、水1200tン、弾薬2000トンを消費する。
>5、クウェート~バグダッド間は500km、輸送所要時間14時間

>輸送・分配ルート概略図
>
><輸送品発進地>
>弾薬300トン(一日の消費量)
>   ↓
>重PLS輸送車(16.5トン)122両で輸送
>M1076トレーラーの場合61両
>   ↓
>兵たん基地(軍/軍団)
>   ↓
>前方支援地域(師団/旅団)
>   ↓
>11トン積み貨物トラック(M977HEMTT)で輸送
>重機動トラック182両、M1076の場合91両
>   ↓
>兵たん端末点(LRP)
>   ↓
>中隊LOGPAC
>   ↓
>前線の第一線部隊(中隊/小隊)

No title

この言い分だと日本は国内の弾薬産業維持のため、そして発展のために中国みたく新規格の小火器弾を開発すべきですね。そうすれば万が一にも海外から輸入してお終い、ってわけには行かなくなる上在庫の更新に多額の予算が必要になりますから国内企業はウハウハになるでしょう。もちろん予算要求の建前は「わが国固有の状況に応じた独自の弾薬調達により云々」で。愛国者の方々も「アメリカからの押し付け弾薬規格からの脱却」とか「日本の優れた技術力が生み出した最新最強の弾薬」とか言って満足するでしょう。でもそう言い出さない辺り、本当に単に現状維持を訴えているだけですね。