RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.01
19
CM:12
TB:0
00:01
Category : 未分類
 関東で珍しく積雪があった。

 春先のような重たい雪だったが、この時期の雪はなかなか溶けない。日中でも気温が低く、陽も低い。あまり日射が差しにくい場所の雪はのちのちまで溶けない。

 そこで、雪に墨汁を振りまくのはどうだろうか。

 雪が溶けにくいのは、反射率が高いといった理由もある。そこで雪に墨汁なり、泥をかけるなりをして着色し、反射率を下げてやれば早々にとけるのではないか。

 これは例年の積雪を観れば明らかである。畑にあるような泥や砂をかぶり汚くなった雪は相当早く溶けるし、葉っぱが落ちた下の雪も先に溶ける。

 軒下に積もった雪でも、ジョウロなりに墨汁を溶かしふりかけておけば手間なく消えると思うが、如何か?


 まあ、思いつくだけでやらないけどね。締め切りがあるのだが、何時ものグズの大忙しで構造をずーっと考え続けた結果、本文着手が遅れて仕事が忙しくて首が閉まりそうな状況にあるので無理。

 でも、たいていそういう時には下らないことを思いつくので、即興でこんな文章かいている。本当は実験的にやりたいと思っているのだと思うよ。墨汁と土と寒冷紗(黒)で覆った奴の比較実験ね
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

もちろん、効果ありますよ。
雪国では、昔は、春先にいろりの灰を田畑の雪に撒いて、雪解けを早めました。

色が薄いじゃね?
墨汁そのものを撒かなきゃ

いや、用水路から河川まで墨で真っ黒けになりそうだから止めといたほうがいいと思います。
数日で色が分解する無害な塗料などが開発出来たら、やってみるのも面白そうです。

No title

積もる時は20から30cmは積もる田舎ですけど
人や車の通り道を確保して脇に集めた雪に泥水かけたりしますよ
砂をかけたり木炭の粉をまいたりするところもあるとか

Re: No title

> もちろん、効果ありますよ。
> 雪国では、昔は、春先にいろりの灰を田畑の雪に撒いて、雪解けを早めました。

そう言われれば、昔燃やした後の石炭殻をばら撒くといった話もそうだったのでしょう。
泥濘化する道路に砂利代わりに撒くのだと思っていましたが、溶かす用途もあったのでしょうねえ

Re: タイトルなし

> いや、用水路から河川まで墨で真っ黒けになりそうだから止めといたほうがいいと思います。
> 数日で色が分解する無害な塗料などが開発出来たら、やってみるのも面白そうです。

ウチの雨水は半分以上が浸透升と畑に流れこむのですよ、だからジョウロ1-2杯は特に問題ないかと
ちなみに、本来の墨は松を不完全燃焼させた時の煤なので、特に害はないはずです。

まあ大学の学芸員の授業で燻すところから墨作って、それにオリーブオイルで墨肉を作ったけど、
工業製品の墨汁は重質油の不完全燃料でしょうから気持よくないですけど

Re: タイトルなし

> 色が薄いじゃね?
> 墨汁そのものを撒かなきゃ

要は反射率の低下ですから、薄くても効果大だと思うのですよ

Re: No title

> 積もる時は20から30cmは積もる田舎ですけど
> 人や車の通り道を確保して脇に集めた雪に泥水かけたりしますよ
> 砂をかけたり木炭の粉をまいたりするところもあるとか

八戸に3冬ほどいましたが、見た限りですがあっちだとやらないのですよ
機械で飛ばして春まで放置。凍ったところだけ危ないので融氷剤でした
道路含めて一般用は塩カル、飛行場は塩害防止の尿素系で

本当に危ないところはロードヒーティングしてましたねえ

融雪剤ですか?よく知りませんが融点を低下させる効果があるみたいですね。

Re: タイトルなし

> 融雪剤ですか?よく知りませんが融点を低下させる効果があるみたいですね。

部隊でもそうでしたけど、融氷剤であって氷盤を溶かすものであって雪を溶かすものではないのですよ。
だから薄く積もった雪にふりかけろと言われた時は、タンクに水積んで撒いてました。どうせわからないだろうと。

真価を発揮するのは、圧密されて除雪車で引き剥がせなくなったアイスバーンです。
ただ写真だと効果が見えにくいので、空団司令官向けの資料写真はフォトショップでいじりましたけど
98年の話ですね。

墨汁水を霧吹きか何かでスプレーする程度の色付けでも融雪スピードは違ってきます。
環境に無影響で0コストの土埃をふわっと掛けてでもいいですが。

ゴルフ

雪の降るゴルフ場では普通に行っています。ただコストが高くつきます。