RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.02
21
CM:15
TB:0
19:40
Category : 未分類
 1960年、厚木に配備されたU-2に対し日米政府は気象観測用と説明している。ソ連で撃墜されたから二ヶ月後の話である。

 これは、藤山外相が米政府からの正式通知として述べたものだ。日米政府としてはまずはそうとしか説明できないのはまだわかる。

 だが、その説明で自分を騙し、諒として済ます連中がいた。要は「アメリカがそういい、日本政府が受け入れているのだがその通り」というものだ。これは奇妙なことだ。

 これは今の海兵隊の駐留理由云々と似ている。見るものが見れば在沖海兵隊駐留には何のメリットもない。これは実際に何ができるかを考えればよい。

 沖縄においた海兵隊一ヶ師団にできることは、ない。六〇年代までとは異なり、米中関係は安定化し経済的には同盟関係にある。結果、台湾の状況は安定化している。現状維持であるかぎり、中国は台湾を回収しないと言明している。そもそも、中国が強くなったため海兵隊を大陸辺縁部、例えば大陳島のような大陸辺縁部に送りこむことはできない。韓国も同じである。南は通常戦力で北に優越している。北は南を圧倒できない。別段の必要性はない。

 それでいて海兵隊駐留のデメリットは大きい。まず、日米同盟にとってのトゲとなっている。沖縄問題は日本の政治状況で最も大きな課題のひとつである。さらに、対中抑止力の維持でもリスクである。普天間・辺野古問題がこじれ、爆発すれば実用上は必須の嘉手納にも影響しかねない。

 だが、海兵隊駐留を必須とする立場はそれを見ない。その実態を見ず、日米政府が立場上仕方なく主張している抑止力を得としてオウム返しにしている。

 まずは、自称現実派を称する連中の頭の中は五〇年以上前から変わらない。「日米政府がU-2は気象観測用といっている。だから厚木基地を使わせても問題はない」と全く進歩していないということだ。

 要は、事大主義の一変形である。戦前には「国体」を持ち出せばなんとでもなった発想で、その「国体」を「アメリカ」に言い換えたようなものだ。集団の行動原理で「コレにこじつければ勝ち」といった頭は昔から変わっていない。

 まあ、政治主張で在沖海兵隊を持ち上げたり、言論でそれにくっついた商売している連中はこの伝だと思えばいい。

 今、「海兵隊の抑止力」と言い出す奴は、五〇年前には「U-2は気象観測用」といっていたということだ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

戦車不要論で、アレな方々が死ぬほど騒いだのに、海兵隊不要論では何も言ってこないのはどういうことなんでしょう?

なんか中東の某国で古い戦車が現役であることが騒ぎになってますね。
歩兵装備は最新なのに。

>>海兵隊不要論では何も言ってこないのはどういうことなんでしょう?

たぶん、議論しても勝てないと思っているのでしょう。あまりに分が悪すぎる。
ネット上で在沖縄海兵隊の必要性を主張する人達がいますが、
言っている内容をよく読むと、どれも海兵隊が沖縄に常駐する「利便性」の話なんですよ。
「沖縄に常駐するとこういう風に使えるから便利」と言っている。
「沖縄に常駐しないとこれが出来ないから困る」と言う、
真の意味での「必要性」を主張している人は私の知る限り1人もいない。
海兵隊を沖縄県外に出して出来なくなる任務は実は一つも無い。
結局、沖縄に海兵隊が常駐している理由は、場所的に使い勝手が良いことの他は、
日米両政府に沖縄県を加えた三者の政治的妥協によるものでしょう。
「海兵隊沖縄常駐有りき」という結論から逆引きして軍事的な理由付けを引き出そうとすれば、その主張は必ずどこかで破綻する。
それが判っているから文谷さんに議論を持ちかけることが出来ないのでしょう。

No title

海兵隊は殴りこみ部隊、およそ防御には向かない
沖縄の海兵隊は韓国有事
グアムの海兵隊は台湾有事と軍板でも結論がでてる、つまり日本にはいらない部隊
、が海兵隊を押い出すのは至難の業、アメリカにそんな外交できる人はいねえ
唯一挑戦したのは橋本龍太郎首相だけ、7割の海兵隊員をグアムに移動させることに成功した
だが鳩ポッポが合意をぶち壊して未だ移動する部隊はなし
ひでえ話だ、クズだな民主党は

鳩山に交渉能力が無かったのは確かですが、
「日本にはいらない部隊」を「7割減らす」のにやっと漕ぎ着けたのが戦後政権で橋龍だけだったというのも困った話。
その橋龍にしても海兵隊沖縄常駐の必然性を説明はしなかった。今の政権もその説明はしようとしない。
自分たちの選んだ政府が安全保障で同盟国と対等な交渉が出来ないのは、最後は有権者にツケが回ってくる。
結局根本的な部分を議論せずに小手先を弄るだけでは駄目ってことなんでしょうかねえ。





海兵隊抑止論は、冷戦時代のトリップワイヤー論の延長だと思いますが。

海兵隊の機能ではなく、駐留している国に仕掛ければアメリカが出てくる可能性があると思わせる代物。

日本からすれば、アメリカ軍が駐留している事が重要であって海兵隊だろうが空軍だろうが関係ない。
アメリカは海兵隊を駐留させたいので海兵隊を置いている…という訳です。

虎が出てくるかもしれないのに虎のしっぽを踏みたいですか?というお話なんですな。



No title

あぁ、つまり彼らはいざという時に最初にやられるための捨て駒でもあるということか

虎の尻尾であり、周辺での紛争に介入して日本の役に立ってくれる人達ですね。

捨て駒だとしても日本国民の財産・生命・権利を守っていて役に立っている、と。

No title

捨て駒ならば守る役には立たないでしょ

基地の是非とは別に彼ら自身は「可哀想な人」達として扱ってあげよう

No title

>捨て駒ならば守る役には立たないでしょ
抑止力かどうか?って話だったら、十分に抑止力になっているんですよ。
捨て駒で「守る機能はない」として、手を出せばより強力な部隊がやってくるんですからw

警察がその場にいなくとも、警察に捕まるかもしれないと考えたら犯罪の抑止になる訳で。

ずいぶん狭い視野で考えているみたいですけど、抑止力か否か?ってのが主題ですからね。

Re: No title

昔から不思議なのは「◯◯は抑止力、だから◯◯は必要、俺の勝ち」という論法ですけど
それ以前に抑止力が充分あれば、◯◯は別にどうでもいいんですよねえ

でも「10式戦車は抑止力として機能する、だから10式戦車は必要、俺の勝ち」って論法の方は
1 日米同盟と海空自衛隊と第七艦隊で、日本の対中抑止力で充分で足りている
2 そもそも戦車の抑止力は誤差程度、その中で90式を10式にしても抑止力は全然変わらない
3 その程度の抑止力のために、90式を10式に改めるコストを払うべきではない
が理解できないのが不思議で

> >捨て駒ならば守る役には立たないでしょ
> 抑止力かどうか?って話だったら、十分に抑止力になっているんですよ。
> 捨て駒で「守る機能はない」として、手を出せばより強力な部隊がやってくるんですからw
>
> 警察がその場にいなくとも、警察に捕まるかもしれないと考えたら犯罪の抑止になる訳で。
>
> ずいぶん狭い視野で考えているみたいですけど、抑止力か否か?ってのが主題ですからね。

No title

>昔から不思議なのは「◯◯は抑止力、だから◯◯は必要、俺の勝ち」という論法ですけど
>それ以前に抑止力が充分あれば、◯◯は別にどうでもいいんですよねえ
本件で私が言いたかったのは、その事なんですよ!
いやぁ、文谷さんが問題点を認めてくれてよかったw
他の方も納得するんじゃないかな。

具体的に言えば、本文で以下のコメントをされていますけども……
>沖縄においた海兵隊一ヶ師団にできることは、ない。
海兵隊一個師団だろうがなんだろうが、そこに駐留する事=米軍が本土からやって来るという抑止力なので、部隊の性質や能力は関係が無い。
ところが殴り込み部隊だから役立たずだ……と抑止力を理解できない人がいるんですな。

>でも「10式戦車は抑止力として機能する、だから10式戦車は必要、俺の勝ち」って論法の方は
はぁ、10式戦車の話なんぞしていませんが、急にどうしたんですか?
私、どこかでそんな話をしましたかね?

で、十分な抑止力を担保するものって何なんでしょうね?という話だったらお付き合いいたしますけども。
続き、ご希望ですか?

Re: No title

> 「10式戦車は抑止力として機能する、だから10式戦車は必要、俺の勝ち」

五年ほど昔に戦車教団としただけの話ですので、特に気になさらずで結構です


> >昔から不思議なのは「◯◯は抑止力、だから◯◯は必要、俺の勝ち」という論法ですけど
> >それ以前に抑止力が充分あれば、◯◯は別にどうでもいいんですよねえ
> 本件で私が言いたかったのは、その事なんですよ!
> いやぁ、文谷さんが問題点を認めてくれてよかったw
> 他の方も納得するんじゃないかな。
>
> 具体的に言えば、本文で以下のコメントをされていますけども……
> >沖縄においた海兵隊一ヶ師団にできることは、ない。
> 海兵隊一個師団だろうがなんだろうが、そこに駐留する事=米軍が本土からやって来るという抑止力なので、部隊の性質や能力は関係が無い。
> ところが殴り込み部隊だから役立たずだ……と抑止力を理解できない人がいるんですな。
>
> >でも「10式戦車は抑止力として機能する、だから10式戦車は必要、俺の勝ち」って論法の方は
> はぁ、10式戦車の話なんぞしていませんが、急にどうしたんですか?
> 私、どこかでそんな話をしましたかね?
>
> で、十分な抑止力を担保するものって何なんでしょうね?という話だったらお付き合いいたしますけども。
> 続き、ご希望ですか?

No title

>五年ほど昔に戦車教団としただけの話ですので、特に気になさらずで結構です
左様でございますか。詳しい話は存じ上げませんが、急に話し出す様子を見るにトラウマになっていらっしゃるのでしょうか。

さて、遅くなりましたがお礼を。
海兵隊が抑止力として機能するという事で合意が得られて何よりです。

きらきら星さんがご指摘するように利便性で語る方が多過ぎて、
本質を説明できない人間が多過ぎるという事なんでしょうな。

貴重なお時間を頂いて、私の文章を読んで頂いたばかりでなく、コメントも頂けて大変うれしく思っています。

No title

>五年ほど昔に戦車教団としただけの話ですので、特に気になさらずで結構です
左様でございますか。

海兵隊が抑止力として機能する、という点に同意頂けて何よりです。
沖縄駐留海兵隊の重要性を理解できない方が多くいらっしゃるようで残念ですね。