RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.05
20
CM:0
TB:0
23:25
Category : 未分類
 中国領土主張の九段線がアレなのは周知の上だが、フィリピンの主張も似たようなもの。

 ここ1週間ほどその辺りを書いていて、先ほど図版を起こして納品したのだが、フィリピン海洋領土の主張もまた九段線並にアレ。

 フィリピンは南沙で都合のいいようにロジックを作り変えている。戦後1956年に「俺ら探検して南沙発見した」と言いだしたのに、73年に「南沙は歴史的領土だから」と言い出している。なんというのかね、1930年に「俺、冥王星を発見した、オレのもの」といったあとで、42年に「昔から知ってた、村の言い伝えにある、だからオレのもの」と言い換えたようなものだ。

 スカボロー礁は、いつの間にかそれに合わせて領域のリミットを西にズラしている。1898年パリ条約ではフィリピン領域の西端は118度まで。117度のスカボロー礁がどうしても入らない。だけど海洋新秩序以降、それにあわせて海洋領域の境界線を西に100マイル位ズラしている。たぶん、2009年の領土基線からのEEZの200マイルラインとと、南沙にあたるカラヤーン群島の境界線がぶつかる所から真北に海洋領域線を引き直してもの。結果、東沙がフィリピン主張領域に入っている。

 そんなことをしているから、台湾とも衝突する。

 13年の台湾漁船への発砲がそれ。拡大したフィリピン領域で漁労したのが理由なのだが、実際にフィリピン領域かは怪しい海面で船体を蜂の巣にするまで射撃をした結果、漁民1名死亡となった。

 でもフィリピンは選挙中だから謝りもしない。それで馬総統以下、台湾世論も激怒。結果、ノックス級とラファイエット級と巡視船3隻の砲艦外交を食らった上、48時間以内に回答がなければフィリピンを経済制裁すると言われてフィリピン外交はボロ負けしている。

 このあたり「被害者フィリピンを援助しろ」も善悪二元論ではないかね。日中関係から中国憎して九段線をアレだからといっている連中がフィリピンの主張を正しいような口ぶりをしているのを見ると、まあフィリピン主張を見てないものだ。

 これはフリー・チベットとかウイグルを救えと言い出すアタリも同じ。悪の中国に押されているからといって、チベット、ウイグル。ベトナム、フィリピンを無垢公正善人の支配に持ち上げるのはどうかしているものだ。 
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント