RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.08
25
CM:4
TB:0
06:47
Category : 未分類
 昨日の15時20分頃、国会図書館から永田町駅に戻るとき道路封鎖があった。しばらく経つと車列がくる。その一両に五紅星旗がついている。外相会談に来た外交部長の王毅さんなのだろう。

 その時、信号待ちをさせられていた連中の雰囲気だが、ややよろしくない感じとなった。言動といったものではない。雰囲気というのも不確かといわれればそれまでだが、周囲のそういった感覚を感じた。顔色が変わるような感じの感覚だと思ってもらえばよい。

 半蔵門のあたりで天皇陛下の車列にぶつかる時と全然ちがう。その時は理由を教えられず待たされた連中も、そうとわかると和気のようなものが生まれた。横断歩道を渡るときに、別個に来た全く関係ない連中が話すようなものだ。

 今回はその真反対。領土問題でぶつかっているからそうなるが、国立国会の利用者でもそうなのだから、それだけ対中感情がよくないと納得したものだ。

 さらに感情がこじれると、選択肢が狭められる状況ともなるだろう。

 日本側だけではなく中国側もそうだが、国民感情の影響から、既に対中関係や尖閣問題や合理的な選択肢は取りがたくなっている段階にある。現地で互いに下がれない状態に陥っている。

 これがすすめば、日中とも自国が損をしても相手を損させる形ともなるだろう。何も利益を生まず不利益だけを積み上げる無駄となるだろう。これまでは仲が悪く睨み合っていても、共通の利益追求はできたものだけどね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

このまま対中感情が悪化するとして、市民レベルで始まるのが不買運動ですが、これが始まったという話は聞かないし、これからもすぐ諦めるんじゃないでしょうか。
衣類なんか頭の先から爪先まで中国製。パンツ、肌着、靴下は過半数以上の占有率じゃないですかね。
心配していないわけじゃないが、脳内戦争で留まる気がします。アレな人を完全排除はできませんけど。

産経が「ハリウッド映画で中国が日本より出てくるのはおかしい!」とか喚いてますよ…

http://www.sankei.com/smp/premium/news/160820/prm1608200021-s2.html

No title

私も少なくとも30年ほど前からコリアタウン化して特に問題も起きていない某地域で
一見のママ友の一団が「こういう人達って規制出来ないの」などとヒソヒソ話をしているのを
1年ほど前に見たことがあります。

他にも小さなことを合せると増えてきましたね。

今後懸念されるのは街頭での個人レベルでの暴力行為、職場や学校での差別の強化などでしょうね。

幼稚な頭の持ち主とは言え、金と権力を持ってるので、普通に国難を招いてくると思います。

No title

>これまでは仲が悪く睨み合っていても、共通の利益追求はできたものだけどね。

主様のこの御指摘ですが、あの恐怖と狂気の「文化大革命」の頃の反中反日は今の比ではなく、常軌を逸していたのでは?

日中間には、民間同士のパイプこそあれど、国交すらなく、日本側は大陸奪還を声高に主張する台湾の国民党政府を強力に支援していました。

確か、私が高校生の頃、母校の図書室で、この当時、NHK特集として、放映された世界紀行番組を単行本化した物(書名は失念)を読みました。その中で台湾に関する物があり、取材先の現地政府の高官から、別れの際、次は『北京』で会いましょうと延べられました。是は勿論、武力による大陸奪還後に取材に来てくださいと言う事だったのでしょう。

一方、中国側も、北京放送等で、日本に対し、罵詈雑言を浴びせかけるだけでなく、共産思想の同胞である日本共産党に対し、極左活動を使嗾しました。故宮本氏は是を拒否し、中国側が日本共産党を米帝国主義、ソ連修正主義(中ソ対立が、より先鋭化後は社会帝国主義)、日本反動派と並ぶ「四つの敵」の一つと規定するに至りました。また、昭和48年には、尖閣沖どころか、佐渡島沖に中国海軍の軍艦が出没し、ミサイル(恐らくスティックス系統か?)を試射した有様です。

この当時と比べると、まだ日中間には、国交が維持されていますし、軋轢が大きくなっているとは言え、往来も盛んです。

唯、是から、先は…。