RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.09
27
CM:4
TB:0
13:26
Category : 未分類
 シリアはどの勢力も勝てない。アサド政権、反政府勢力、ISG、ヌスラ戦線、クルドと入り混じっており、どこもシリアを統一できる見込はない。


■ 「仲良くしろ」以外にはない

 そこからすれば、まずは「仲良くしろ」というしかないのではないか?

 反体制勢力とアサド政権にはそれしかない。相手を不倶戴天とし米露を背後に敵対しているが、どちらも相手を打倒できる見込はない。

 シリアでのスンニ・シーア派代理紛争も同じである。

 アラビア半島周辺はサウジとイランの一種のグレート・ゲームとなっている。アメリカから距離をとられたサウジと、米国との関係改善を果たしているイランの対立は、観念的に汎スンニ連合とシーア派の対立と観念的に捉えられており、各地で代理戦争となっている。これはシリアとイエメンで顕在化しており、アラビア半島諸国でも内政上の問題ともなっている。

 これも、相手を打倒できる見込はないし、どちらに肩入れできるわけでもない。


■ 放っとくしかない

 シリアは「仲良くしろ」とだけ言って、あとは戦争に飽きて受け入れるまで放っとくしかない。介入したところで他を圧倒できる見込もない。

 この点で、どの勢力が何をやった、あの勢力は妥協にふさわしくないといってもどうしようもない。人類の敵といったコンセンサスがあるISGへの攻撃を除けば、あとは「仲良くしろ」で放っとくしかない。


■ 日本のショバではない

 特に日本からすれば、「仲良くしろ」以外は言ってはいけない場所だ。何も分からないふりをして「みんななかよく」というのが正解だ。

 まず自家の庭先での話ではない。中東は中東で話し合えであるし、かつてヨーロッパのショバだったことからすれば、欧州が面倒を見るべき地域である。

 日本も、今は金持ちでもないので大金も出すべきでもない。何かで冥加金を取られるにしても、出すべきは世界経済の大旦那となった中国であり、日本は付き合いで最低限をだすだけでよい。



まー、不思議なのはシリア難民問題が華やかなときに、日本も難民受け入れとかいい出した連中の話ね。結構、安全保障系の御仁もいたのだが、彼らはその前のロヒンジャのときは何も言わなかった。人道的とか国際社会でのといった発言も、それを言えば褒めてくれるときだけなのだろうなと思ったよ。
お題目はともかく「お見舞金くらいで済ましたいのが日本の本心」とは誰も言わないのも不思議なものだがね。隣の国で難民が発生するなり、ボートピープルが到着するならともかくね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

全員死ぬまで戦うことになりそうですな。

中東問題の根の深さというか歴史の深さからしたら。良く頭を突っ込もうと思える神経が凄い・・・関わらんのが吉ですぜとしか言えない。少なくとも巻き込まれる因縁がない幸せが分からんのかと・・・

Re: タイトルなし

面倒くさそうなのは、部隊指揮官に「駆けつけ警護」の実施圧力がかかることでしょうね
今までの論議見ると、結局は指揮官にぶん投げなんですが、政府からは実績作りで実施しろといった期待の圧力下ではねえ
あるいは、駆けつけ警護そのものの判断がその上のレベルとなると、やはり拒否しづらい
そもそも、存在価値が微妙な軍種や場合によれば職域となるので、やらない判断ができ難いという

こないだどこぞで聞いた話だと「解散になりそうなので、ゴリ押しでしか進められない駆けつけ警護は与党が票を失う原因になりかねない。だから実施はないんじゃないか」ですけど

> 中東問題の根の深さというか歴史の深さからしたら。良く頭を突っ込もうと思える神経が凄い・・・関わらんのが吉ですぜとしか言えない。少なくとも巻き込まれる因縁がない幸せが分からんのかと・・・

それは駆け付け警護でないので草。

>面倒くさそうなのは、部隊指揮官に「駆けつけ警護」の実施圧力がかかることでしょうね
>今までの論議見ると、結局は指揮官にぶん投げなんですが、政府からは実績作りで実施しろといった期待の圧力下ではねえ
あるいは、駆けつけ警護そのものの判断がその上のレベルとなると、やはり拒否しづらい
>そもそも、存在価値が微妙な軍種や場合によれば職域となるので、やらない判断ができ難いという