RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.11
10
CM:3
TB:0
15:17
Category : 未分類
 産経がマイク・ホンダ議員が落選したと喜んでいる。
自民・山田宏参院議員「朗報だ!」 米下院選でマイク・ホンダ氏落選 慰安婦問題で日本非難決議を主導
マイク・ホンダ議員が落選 米下院選 慰安婦問題で日本非難決議を主導

 かれらが自称している歴史戦やらの勝利だと思い込んでいるのだろう。ホンダ議員は慰安婦問題で日本を非難していたからだ。


■ 歴史敗戦は変わらない

 だが、それで何か状況が変わるのだろうか?

 変わらない。この問題での日本の立場は悪いままで終わる。米国でも、ホンダさんの選挙区でもそうだ。ホンダさんの選挙区で新しい当選した新人議員も従軍慰安婦問題へのスタンスは変わらない。敗戦前日本が正しいとは言わない。

 つまり、歴史戦ファイターは馬鹿にされる状況はそのままだということだ。産経や山田議員の「従軍慰安婦問題は中韓の陰謀」は通用しない。そもそも、管理売春や人身売買といった悪いことをしたことには違いない。


■ ルーズベルトが死んでも戦争は負けた

 ホンダ議員落選での狂喜乱舞はぬか喜びにすぎない。

 まずは、戦争中のルーズベルト死去(45年4月)と同じだ。ホンダ議員が落選したといって喜ぶさまは、ルーズベルトが死んだと喜ぶことと同じだ。

 どちらもその先にある敗戦は変わらない。

 むしろ、努力することで敗北をより深刻にする。圧倒的劣勢の状態で神頼みだけで戦いを続けるのは傷口を広げる行為でしかない。


■ ネトウヨの尻馬ライダー

 まともな保守なら歴史戦ファイターに引導を渡すべきだ。

 だが、日本の右派はネトウヨ系価値観に支配されている。無知蒙昧な連中が保守を支持しており、数的劣勢ゆえにまともな保守は対抗できない。これが産経やら山田議員やらのマヌケ発言跋扈
山田氏は「朗報だ。本当に良かった。万歳した。乾杯した。日本にとっては本当にいい方向にいくのではないか」と述べた。
http://www.sankei.com/politics/news/161110/plt1611100029-n1.html

の要因ということだ。

 そのうち他の尻馬ライダーも同じことを言い出す。具体的には和田政宗議員やら佐藤正久議員も歴史戦の勝利であるように言い出すだろう。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

そう言えば、産経のオピニオン誌だったか、SAPIOだったかでは、何年か前にホンダ議員は日系ではなく、特定アジア出身の工作員だみたいな記事を書いてましたよ。
思えば、保守メディアの国籍透視と信憑性が疑わしい記事は、ネトウヨ系ブログの先取りだったんだなあ。

No title

>だが、それで何か状況が変わるのだろうか?

変わってないし変わらないだろうからこそこういうことしか記事に出来ないんじゃないんですかね。

件の山田議員もトランプ当選にあたり「日本が自立するためのいいチャンスだ」って言ってるあたりは日本の力を過信し過ぎに思えますし。中国と米国両方相手にして渡り合ってくつもりなんでしょうかね。

左の人たちはパ

>ホンダさんの選挙区で新しい当選した新人議員も従軍慰安婦問題へのスタンスは変わらない。敗戦前日本が正しいとは言わない。

そうよそこなんよね。大事なのは。